青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

『大麦若葉青汁 キトサン』を紹介!悪玉コレステロールが低下?

   

大正製薬 ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン> 特定保健用食品 30包

悪玉コレステロールが高いままでは、様々な病気を引き起こす可能性があるので、出来るだけ早く悪玉コレステロールを低下させたほうが良いと言われています。

そこでおすすめしたいのが、悪玉コレステロールを低下出来るトクホの『大麦若葉青汁 キトサン』です。

それでは、この青汁が、なぜ悪玉コレステロールを低下する事が出来るのか?

その理由を説明しながら、この青汁について詳しく紹介しましょう。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンの魅力

悪玉コレステロールを低下させたい方にとって、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンを利用する事によって、本当に悪玉コレステロールを低下させる事が出来るのか知りたいと思うでしょう。

そこで、この青汁に配合されているキトサンや、トクホについて紹介します。

その内容を知れば、この青汁を利用したら、悪玉コレステロールを低下させる理由が分かるはずです。

キトサンを配合

大麦若葉青汁 キトサンには、商品名の通り『キトサン』というものが配合されています。

このキトサンというのは、カニの甲羅やエビの殻などに含まれる動物性食物繊維『キチン』を化学処理する事によって生成されたものになります。

キトサンは、コレステロール値を低下させる働きがあると言われていて、多くの方たちから注目されているのです。

血中コレステロールは、膵臓で肝汁酸になった後に小腸へ分泌された後に、一部は再吸収されて肝臓へ戻ってしまいます。

キトサンは、この再吸収を抑えてデトックスする働きがあるので、コレストロール値を低下させる事が出来るのです。

トクホの青汁

大麦若葉青汁 キトサンで使用されているキトサンは、トクホに認定されていますが、このトクホの正式名称は『特定保険用食品』と言います。

このトクホは個々の商品ごとに消費者庁長官の許可を受けているもので、信頼性の高い商品と言えます。

実際に、TVのCMでも『トクホ』の名前が付く商品を見た事がある方は多いでしょう。

あの商品も消費者庁長官の許可を受けているのです。

トクホの青汁は増えていますが、その数はまだ少ないので、そういう状況を考えたら大麦若葉青汁 キトサンは注目すべき健康食品と言えるでしょう。

お買い得なサービス

大麦若葉青汁 キトサンは通常価格3,800円(税別価格)ですが、初めて購入する場合に限り1回1箱限りですが、送料無料で70%以上OFFになって1,000円(税別価格)で購入する事が出来るのです。

ただし、このサービスはいつまでも続くものとは限らないので注意して下さい(2017年4月時点)。

そして定期お届けコースを利用すれば、2回目以降でも毎回10%OFFされるので、出来るだけ値段を安くしたい方は、定期お届けコースを利用したほうが良いでしょう。

キトサンの効果

キトサンには悪玉コレステロールを低下させるだけでなく、様々な働きがあります。

このキトサンの働きについて知りたい方のために、どのような働きがあるのか詳しく説明します。

デトックス・ダイエット効果

キトサンは、プリン体/コレステロール/食品添加物など様々なものを吸着して、デトックスする働きがあるのです。

そして、肥満患者を対象にした臨床実験が行われた事があって、キトサンを摂取したら食後のインスリン感受性が高まる事が分かりました。

この働きによって、血糖値が下がって肥満体型の方からキトサンは注目されているのです。

そのため、肥満について悩んでいる方には、キトサンを摂取する方法はおすすめです。

免疫機能をアップ

キトサンが、様々なものを吸着してデトックスしてくれるので、体内に侵入したウイルスをデトックス出来るようになります。

そのため免疫機能がアップして、風邪やインフルエンザなどの予防を期待出来ます。

風邪やインフルエンザにかかる回数を減らす事が出来れば、医療費を節約出来る上に会社へ休む回数を減らす事も出来るので、経済的メリットは大きいでしょう。

悪玉コレステロールが高いのは危険?

悪玉コレステロールが高い時は食生活が偏っている場合があって、このような状態が続いていれば、様々な病気を引き起こす危険性があります。

そのためキトサンを配合している青汁を飲むだけでなく、栄養バランスの良い食生活を送る必要があります。

それでは、食生活が偏っている毎日を送ったら、どのような病気を引き起こす可能性があるのか説明しましょう。

動脈硬化

偏った食生活を続けていたら、高血圧になる可能性があると言われています。

この高血圧の状態を続けていたら、血管はその圧力に耐えようとして、自然に血管を厚くしようとするのです。

その厚くなった血管の中に悪玉コレステロールがたまっていてき動脈硬化を進める危険性があるのです。

動脈は身体の隅々まで血液や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしているので、その動脈が硬くなってしまえば血液や栄養素を上手く送り出す事が出来なくなって、心臓に負担をかける事になるので注意して下さい。

糖尿病

糖尿病になる原因も偏った食生活にあって、日本国内には糖尿病患者と糖尿病予備軍を合わせたら、その人数は2000万人を超えると言われています(2017年4月時点)。

つまり5人の1人は糖尿病に関わっているので、食生活を改める必要があるでしょう。

糖尿病になってしまえば、最悪の場合は足の指が壊死してしまい、切断しなくてはいけなくなります。

糖尿病を発症したら、脂質の代謝が悪くなって、悪玉コレステロールが増加されてしまいます。

つまり悪玉コレステロールと糖尿病は大きな関わりがあるので、悪玉コレステロールが高い場合は、糖尿病になっている危険性も高いのです。

そうならないように、キトサンを摂取して悪玉コレステロールを低下させた上で、食生活を改める事が重要でしょう。

トクホと薬機法の関連性

大麦若葉青汁 キトサンが、トクホの青汁でも、それだけで信頼出来る健康食品なのだろうかと思う方はいるでしょう。

そこで、トクホの商品が信頼性の高い商品である理由を分かってもらえるために、トクホと薬機法(薬事法)について詳しく説明します。

トクホ

健康食品を製造販売しているメーカーにとって、自社の商品がトクホに認めてもらえる事は大きなメリットがあります。

しかし、トクホに認めてもらうには、厳しい条件をクリアする必要があります。

その数多くある条件の中でも、健康食品に大きく関係しているものが「食品又は関与成分について、表示しようとする保険の用途に係わる科学的根拠が医学的、栄養学的に明らかにされている」という事です。

トクホに認めもらうには、このように厳しい条件をクリアする事が求められるので、信頼性の高い商品と言えるのです。

薬機法

メーカーにとって、トクホに認めてもらうメリットは、信頼性を高めるだけではありません。

日本には薬機法という法律があって、何も根拠がないのに「この商品を使用すれば悪玉コレステロールが低下します」と宣伝をする事は禁止されているのです。

そのため自社の商品を購入してもらいたくて誇大広告を出したメーカーが行政指導を受けるのは、この薬機法が大きく関係しています。

所が、トクホに認めてもらえた健康保険用食品は、保険の効果を表示する事が認められています。

そのため、他の食品と差を付けられる宣伝が出来るので、消費者を惹きつける宣伝を行えるようになって、販売数を増やす事が期待出来ます。

このようにメーカーにとってはメリットが大きいので、厳しい条件をクリアする必要があっても、トクホの青汁は増えているのでしょう。

まとめ

多くの方は、トクホという名前は聞いた事があっても、具体的に他の商品と何が違うのか知っている方は少ないのが実情です。

しかし、今回紹介したようにトクホに認めてもらえた健康食品は様々な厳しい条件をクリアしているので、信頼性の高い健康食品と言えるでしょう。

そのため、信頼性の高い青汁を購入したい方には、トクホに認めてもらえた大麦若葉青汁 キトサンはおすすめです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁