青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

いつ飲めば効果的?青汁を飲むおすすめな時間帯について

   

日本薬品開発 グリーンマグマST 3gx30P

野菜不足や栄養不足な人に最適な飲み物の青汁。

青汁は栄養価の高い緑の野菜の力を、身体に送ることのできる有名な飲み物です。

栄養価に優れている飲み物だからこそ、その栄養を十分に吸収しないと損です。

それでは、青汁の力を十分に得るには、どの時間帯に飲めば良いのでしょうか。

ここでは、そのような青汁を飲む効果的なタイミングについて紹介していきます。

青汁はいつ飲めば効果的?

健康や美容効果が期待できる青汁を飲む時間帯は人それぞれ違います。

朝起きた時に飲む人がいれば、夜に飲む人もいます。

また、寝る前に飲む人もいることでしょう。

青汁はいつ飲んでも良いものなので、これらの飲む時間はどれも間違っていません。

青汁の効果を得るには、とにかく続けることです。

青汁は即効性のある薬ではなく健康食品なので、長期間続けることによって効果を得ることが期待できます。

健康と体内時計と栄養の関係

人間の身体には体内時計があり、1日周期でリズムを刻んでいます。

その体内時計は意識しなくても自然に働いており、活発的に動く状態と休養する状態を上手に切り替えています。

そのため、いつも寝ている時間に近づくに従って、自然に眠くなります。

体内時計はそれ以外にも、排便にも深く関係しており、朝に排便する時間帯を一定にすることにより、排便しやすくなります。

つまり、健康や美容には体内時計が大きく関わってることになり、体内時計を乱さないことが重要になります。

そして、バランス良く栄養を摂ることによって、健康を維持したり高めたりすることができます。

そのサポートをしてくれるのが青汁となり、青汁は基本どの時間帯に飲んでも問題ありません。

しかし、寝る前は避けたほうが良いといわれています。

寝る前に青汁を飲まないほうが良い理由

寝る前に青汁を飲むと、寝つきが悪くなったり、気持ち悪くなったりすることがあります。

それは、青汁に含まれている食物繊維の影響によります。

青汁には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く豊富に含まれています。

その食物繊維を消化しようと働くので、胃や腸が動いてしまいます。

その動きが気になることにより、寝つきが悪くなったり、場合によっては気持ち悪くなったりします。

寝る前に食べると、太る、寝つきが悪くなる、睡眠の質が悪くなる、胃腸に負担をかける、といわれていますが、それと同じように寝る前に青汁を飲むことはおすすめできません。

したがって、寝る時間の2、3時間以内に青汁を飲むのはなるべく避けるようにしましょう。

寝ている間に胃腸を休養させれば、翌日調子良く活動することができます。

そのため、寝る前に青汁を飲むのだったら、朝飲みましょう。

そして、青汁を飲む時間を変えることにより、目的に応じた効果が期待できます。

栄養不足や野菜不足の人におすすめな時間帯

人間の身体は、お腹が減っている状態に栄養を摂ると吸収されやすい構造になっています。

これは、身体が栄養を求めているため、できるだけ栄養を吸収しようとするからです。

そのため、朝起きて青汁を1杯飲むと、青汁の栄養は吸収されやすくなります。

自動車を動かすのにガソリンが必要なように、身体を動かすにはエネルギーが必要です。

朝は何も食べないという人がいますが、活発的に動くには朝食を食べたほうが良いでしょう。

もし、食べることがしんどい場合は、青汁を飲むと良いです。

一人暮らしで栄養面に気を使っていない人や、野菜が嫌いな人は野菜のビタミンやミネラルが不足している可能性が高いといえます。

そのような人におすすめなのが青汁で、毎日の生活に青汁を取り入れてみましょう。

青汁は空腹時に飲むことによって、野菜の栄養素を十分に得ることが期待できます。

そのため、野菜のビタミンやミネラルなどの栄養が足りていない人は、空腹時に飲みましょう。

また、野菜が苦手な子供にも青汁は最適な飲み物となり、牛乳やフルーツジュースなどに混ぜて飲みやすくして飲むと良いでしょう。

ダイエットしたい人におすすめの時間帯

食べる順番とダイエットの関係

人間の身体は、食べる順番によってカロリーや栄養の吸収率は違ってきます。

そのため、食べる順番が良ければ太りにくくなります。

空腹時に糖質の多い食事をすると、血中の糖分濃度は高くなります。

その糖分は身体を動かすエネルギーとして使用されますが、使用されなかった糖分は脂肪として蓄積します。

そのことにより、インシュリンという物質が多く出てしまいます。

このことが太る原因となり、肥満細胞を増やしてしまいます。

そのため、空腹時、最初にご飯やパンなどの糖質が多く含まれている物を食べることは、太りやすくなるといえます。

食事の前に青汁を飲みましょう

太りやすくなることを防ぐには、最初に野菜を食べることが大切です。

野菜に含まれている食物繊維の働きによってインシュリンの分泌量が抑えられ、その後に糖質を摂っても太りにくくなることが期待できます。

そして、空腹時最初に青汁を飲むことにより、これらの作用が働くだけでなく、お腹が少し膨らむことによって食べ過ぎるのを防止してくれます。

また、野菜の栄養素を十分に吸収することが期待できるので、デトックス効果を十分に発揮することができ、血行が良くなります。

血行が良くなることで、基礎代謝は上がり、太りにくい体質になります。

青汁を食事代わりに置き換えることもできますが、青汁は足りない栄養素をサポートする飲み物になるので、置き換えダイエットはおすすめできません。

また、リバウンドもしやすく、健康的に痩せることは難しいので、青汁を食事代わりに置き換えないで食事もきちんととりましょう。

便秘を解消したい人におすすめの時間帯

便秘を解消したい場合、朝食時と寝る前のどちらが良いのかというと、朝食時がおすすめになります。

始めの頃に話しましたが、寝る前に青汁を飲むと腸が動いてしまい、寝つきがや睡眠の質が悪くなります。

そのため、便秘解消には朝食時に飲むと良いでしょう。

朝は、眠っている時間に蓄積した老廃物を排出する時間になります。

そのことをサポートしてくれるのが青汁になります。

青汁には食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消に効果を発揮します。

便秘解消に繋がる効果がデトックス効果になり、青汁の原料となっている野菜には優れたデトックス効果があります。

そのため、体内の老廃物や便を体外に排出することが期待できます。

便秘を予防できれば、腸内環境が悪くなることを防いでくれます。

そして、腸内環境が良ければ血行は良くなり、様々な生活習慣病を予防します。

朝食時に青汁を飲むと身体が目覚め、腸にも良い刺激が入ります。

そのことにより排便がスムーズになります。

仕事中や授業中にトイレに行くことは難しいので、朝に便を出すことにより、慢性的な便秘を予防することができます。

また、男の子は学校で大をすることに抵抗を感じる子が多いので、朝に排便することによって精神的にも楽になります。

そして、朝にそのような排便の習慣をつけることによって、便秘を予防することができるので、便秘解消したい人は朝食時に青汁を飲むことをおすすめします。

まとめ

青汁は基本飲む時間は決まっていないので、飲みたい時間に飲んでも問題ありません。

そして、青汁の健康効果を得たい場合は、続けることが大切です。

ですが、飲む時間帯を意識して変えることにより、前よりも青汁の効果を感じることが期待できます。

そのため、飲む時間を意識していなかった人は、飲む時間帯を意識して飲んでみてはいかがでしょうか。

必ず十分に効果を感じることができるとは安易に言えませんが、目的に応じて飲む時間を変えることをおすすめします。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁