青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

グリーンスムージーにおすすめの材料!でも青汁とスムージーってどう違うの?

      2017/03/24

タテホ化学工業 青汁 スムージータイプ 100g

駅の構内や都心部などの路面店でもよく見かけるようになった、スムージーなどを提供してくれるジューススタンドですが、店頭にはたくさんの色が並び、可愛い見た目から女性に人気なのはもちろん、朝食代わりとして利用される方も多くいらっしゃいます。

見た目からして、赤はイチゴ、黄色はオレンジなどの柑橘類、白っぽいのはバナナなどが入ってるんだろうというのが分かりますよね。

そんな中に、緑色があります。

緑色の飲み物で思いつくのが「青汁」です。

「そういえば、青汁とグリーンスムージーってどう違うんだろう」と思った事はありませんか?

そこで今回は青汁とグリーンスムージーの違いと、グリーンスムージーにおすすめの材料をご紹介したいと思います。

そもそも青汁の定義とは?

青汁という言葉は、もはや聞いたことがないという方もいないほど有名な健康食品です。

現在ほど認知されていなかった頃は「まずい」の象徴としてバラエティ番組の罰ゲームで使われていましたが、その対価として得られる栄養価の高さは最高の栄養ドリンクという事で、その地位が揺らぐことはなく、未だに多くの方に飲まれ続けています。

今はそうでもありませんが、確かに以前までの青汁は青臭さや味から敬遠される事が多かったのですが、飲みやすく改良され、ケール中心だった原材料も大麦若葉や、明日葉、ミドリムシといったものを原料にするなど様々な種類の商品が販売されています。

辞書などで調べてみると「青汁とは、緑色の野菜を絞った飲み物である」というような簡単な定義が載っているだけですが、緑野菜の飲み物という点で言うならグリーンスムージーも同じです。

では、グリーンスムージーとはどんなものを指すのかを解説していきたいと思います。

グリーンスムージーと青汁の違い

グリーンスムージーと青汁で何が違うのかということですが、「カタカナと漢字」という簡単な答えでも間違いではありません。

そもそも、青汁は日本の歴史にも登場する古くから伝わる健康食品ですが、それに対しグリーンスムージーは欧米から来たオシャレな飲み物という位置にあります。

つまり、日本の飲み物か、外国の飲み物かという違いです。

また、グリーンスムージーには様々な栄養を摂取したり、飲みやすくする目的でフルーツを入れるのが一般的です。

この点も青汁との違いと言っても良いでしょう。

尚、青汁は製品化された粉末を溶かして飲むのに対して、グリーンスムージーは自宅にミキサーさえあれば誰でも飲めるため、手間はかかりますが安価で飲める健康食品という一面もあります。

このように、青汁とグリーンスムージー共に明確な定義が定められているわけではないものの、両者にはちゃんと違いがあるのです。

人気のグリーンスムージー。おすすめの飲み方は?

青汁とグリーンスムージーの違いについてお話させていただきましたが、今回はグリーンスムージーについて掘り下げてみようと思います。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、グリーンスムージーの材料には決まったものがあるわけではありません。

つまり、緑色であれば良いのです。

とはいえ、巷で売られているものを購入するとなると少々値が張ることも多いかと思いますので、自宅で作る時におすすめのグリーンスムージーの材料と、その栄養価についてご紹介させていただきます。

おすすめの緑の元は「小松菜」!

小松菜は、色んな料理で使われるので「飲む」というイメージは薄いかと思います。

ただ、小松菜は栄養価の高い野菜で、比較的安く手に入れられる野菜としてここ最近で人気が出てきました。

特に、カルシウムや鉄分、食物繊維、ビタミンといった栄養が豊富に含まれていて、抗酸化作用や腸内環境の改善、貧血防止、骨粗しょう症の防止などに効果が期待できる葉野菜なのです。

他にも緑色で栄養価の高い葉野菜はありますが、小松菜のクセのないサッパリした味や、他の野菜と比べた時に引けを取らない栄養価といった点で考えるとおすすめできる、スムージーの緑の元なのです。

緑を明るくする「ニンジン」

小松菜の緑だけでも十分に栄養価は高いのですが、「どうせなら色合いも栄養ももっと良くしたい!」という方におすすめなのが、「ニンジン」です。

三原色の仕組みからも分かるように、赤と緑が合わさると黄色になりますから、スムージーを作る時に赤色を足すと少し色合いが明るくなりますので、見た目からして美味しそうに見えるようになるのです。

しかもご存知の方も多い、ニンジンに含まれる「βカロテン」ですが、この栄養も見逃せません。

正確にはβカロテンは体内でビタミンAに変わるのですが、抗酸化作用や高血圧予防、肌や髪の健康維持、更にはガン予防にも有効な成分なのです。

これを一気に摂取できるのですから、スムージーには入れておきたい野菜ですね。

味をフルーティにする「バナナ」

バナナはダイエットやおやつといった様々なシーンで登場する身近なフルーツですが、バナナに含まれる栄養として有名なのが「食物繊維」でしょう。

食物繊維は整腸作用を促しますので、便秘改善や、それによる美肌効果に期待が持てます。

ただ、意外なことにポリフェノールやビタミンといった主に抗酸化作用のある栄養も含まれているのです。

このバナナをスムージーの材料として使うと、野菜ジュースっぽい味が一気にフルーティな味に変わります。

どうせなら飲みやすいほうがお子さんや女性にも飲みやすくなるかと思いますので、是非材料として使ってみましょう。

更にフルーツ感を増す「キウイ」

キウイの酸っぱさとフルーティな味が大好きな方も多いのではないでしょうか。

これもスムージーの材料としておすすめです。

ただ、このキウイ、皮ごと入れます。

「え!?」と思われるかもしれませんが、確かにキウイの皮は硬くてチクチクしますから、それを飲むなんて想像しづらいかもしれませんが、ミキサーやジューサーなどで撹拌されてしまえば全然気になりません。

しかも、キウイの皮の栄養素は、その実の倍以上になるのです。

皮も含めて、キウイに含まれる主な栄養成分は食物繊維やビタミンC、ポリフェノールといった美肌や抗酸化作用に欠かせないものであったり、葉酸やカリウムなど造血や血圧改善に必要な成分も含まれています。

また、キウイをスムージーに入れることでフルーツ感が増すだけではなく、多く含んだ水分によりサラッとした食感に変わって飲みやすくなるのです。

もっと飲みやすく!「リンゴ」

医者いらずとも言われるリンゴですが、キウイ同様、皮ごと混ぜます。

これを入れる目的は「甘さと酸味を整える」「サラッとした触感にする」「高い栄養価」といった点です。

キウイの水分だけでもサラッとはしますが、リンゴに多く含まれる水分量でもっとサラッとさせてあげればゴクゴク飲めてしまいます。

また、上記まででたくさんの材料が入ったことでゴチャ混ぜになった味がキュッと整うので、お料理で言うところの料理酒のような役割をしてくれます。

尚、言わずもがな、リンゴの栄養は注目すべきものがあります。

「リンゴポリフェノール」と呼ばれる成分の効果として、他の食品と比べると群を抜いて高い抗酸化作用があります。

それによる効果ですが、ガン細胞が作られることを抑止したり、そもそも抗がん作用があるのではないかと言われるほど。

また、血圧の改善や疲労の回復、老化防止といった点で大きな効果をもたらします。

医者が遠ざかるというのも納得ですね。

まとめ

グリーンスムージーが作りたくなった方もいらっしゃるかもしれませんが、青汁で摂取できる他の栄養にも身体によいものはたくさんあります。

ここ最近では、グリーンスムージーの緑の元に、青汁の粉末を入れる方もいらっしゃるほど健康志向は高まっています。

是非これをお読みいただいたことをキッカケに、ご自宅でのスムージーづくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁