青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

ケールより飲みやすくて栄養価満点!青汁におすすめの素材「桑の葉」の魅力

      2017/03/24

桑の葉

青汁が飲みにくいという人の多くは、ケールが高濃度で配合されているものを飲んでいる可能性が高いです。

ケールは青っぽい味がしやすく、甘味料などが加えられていないものは初心者には少々飲みにくく感じることも。

青汁初心者にもおすすめなのは、ケールよりも桑の葉。

どのような効果が期待できるのかということをご紹介します。

青汁は何で出来ている?

メーカーによって配合されている原材料に違いはありますが、青汁と言えば、やはりグリーンの見た目が印象的。

この色の決め手になっているのが、緑色の青々とした葉物です。

青汁の主成分と言ってもいいでしょう。

青汁に使用される青菜の代表的なものは、ケール、桑の葉、明日葉、大麦若葉。

どれも栄養素のバランスに優れており、食物繊維をはじめとしたビタミン類が豊富に含まれています。

料理メニューの青菜のお浸しが、使用する青菜によって味が変わるように、青汁も使用する青菜によって味が変わります。

青汁を飲んでマズイ!

と感じた人は、何が主成分として配合されているのかを確認してみましょう。

使用されている青菜の味が合わないだけの可能性もあります。

飲みやすい!桑の葉の魅力

青菜の王様として知られているケールですが、栄養素の面では桑の葉の方が優れているところも多いのです。

例えばビタミンB1はケールの2倍もの料が含まれています。

ビタミンB1は水溶性ビタミンの一種なのですが、糖質の代謝を促すのに欠かせない栄養素なので、白米を主食とする日本人にはなくてはならないものです。

また、疲労回復効果もありますから、仕事や家事にいそしむ人にもおすすめです。

そのほか、便秘解消に欠かせない食物繊維は4倍、美肌効果や美髪効果の期待できるビタミンEはなんと10倍と、優れた栄養素を誇る青菜なのです。

ケールの味が苦手という人は多いですから、飲みやすくて栄養価の高い桑の葉入りの青汁を試してみるといいかもしれませんね。

青汁はどうやって飲むのが正解?

青汁は、メーカーごとに推奨されている飲み方が違います。

基本的には水やお湯で割ったり、牛乳や豆乳など飲みやすいもので割って飲みます。

水やお湯では味がダイレクトに伝わってきて飲みにくいという場合は、牛乳や豆乳を加えることでかなり飲みやすくなりますよ。

ただし、青汁の中には酵素配合のものがあります。

酵素はダイエットや美容効果の高いものですが、熱に弱いという性質があります。

熱湯で割ったり、加熱してスープや料理に加えるとせっかくの酵素が壊れてしまうので注意が必要です。

購入した青汁はどのような飲み方が推奨されているのか、必ず確認するようにしましょう。

自己流で飲んでしまうと、思ったような効果が得られない可能性もあります。

青汁はどこで買う?

青汁は、ドラッグストアで購入するほか、通販サイトでも購入できます。

ためしに飲んでみたいという程度ならドラッグストアで買うのもいいかもしれませんが、継続して飲みつづける場合には青汁の公式サイトからの購入がお得なことが多いです。

ドラッグストアは定価か、せいぜい数百円の値引き程度ですが、公式サイトの定期購入制度を利用すればもっとお得な価格で購入できる可能性があります。

気になる青汁があるのであれば、まずはインターネットで検索してみるといいでしょう。

まとめ

青汁はの代表的な成分はケールと思っている人が多いのですが、ケールよりも飲みやすく、栄養価が高いのが桑の葉です。

青汁の味が苦手だという人や、より高い効果を期待する人は桑の葉入りの青汁を探してみるといいでしょう。

また、青汁の飲み方はメーカーごとに変わります。

十分な効果を得るためにも、どのような飲み方が推奨されているのかを確認しておきましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁