青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

スピルリナ入りの青汁が凄い!そのスピルリナの特徴と効果とは?

   

ファインスーパーフード スピルリナ&乳酸菌×酵素 50g

青汁は栄養価の高い飲み物ですが、その栄養価に匹敵するものがあります。

それはスピルリナという食品で、緑色をしているところや栄養価が高いところは青汁と似ています。

そんなスピルリナは、万能食品なことから注目を浴びており、健康効果が期待できる食品です。

このようなことを聞くと「青汁じゃなくてスピルリナをとったほうが良いの?」と思ってしまうことでしょう。

しかし、スピルリナが含まれている青汁もあります。

スピルリナと青汁が一度にとれるなんてお得ですね。

ここでは、スピルリナの効果などを詳細に紹介していくので、もし興味を持たれた場合はスピルリナ入りの青汁を試してみましょう。

そもそもスピルリナとは

スピルリナという言葉は聞いたり見たりしたことはあるけど、どのような物かは分からないという方は多いと思います。

スピルリナは中東やアフリカや南米などの熱帯地方で、古くから生きてきた濃い緑色をしている単細胞微細藻類になります。

スピルリナという名前は、「Spiral」からきており、捻じれや螺旋形を意味しています。

その意味の通りスピルリナは螺旋形をしています。

スピルリナはとても小さく、幅は0.007mm程で長さは0.4mmくらいしかありません。

そんなスピルリナは栄養価が高いことから「スーパーフード」と呼ばれてます。

また、消化吸収されやすいところもスピルリナの魅力となっています。

万能食品スピルリナの栄養素

スピルリナの一番の魅力は高い栄養価になります。

タンパク質やビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。

このようなところは青汁と共通している部分になります。

良質なタンパク質やビタミン類が多く含まれている

スピルリナには身体づくりに必要なタンパク質が豊富に含まれており、スピルリナの6割くらいはタンパク質になっています。

しかも良質であるため、身体に優しいタンパク質といえます。

それとアミノ酸も豊富に含まれているので、身体づくりにおおいに役立ちます。

また、スピルリナにはビタミンB群・ビタミンK・ビタミンE・βカロテンなどが豊富に含まれています。

そのβカロテンはホウレン草の70倍含まれているといわれています。

これらのようにスピルリナには、良質なタンパク質とビタミン類が多く含まれているので、美肌効果を期待することができます。

ミネラル類も多く含まれている

スピルリナには、カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・鉄・カリウム・亜鉛・銅・リン・ヨウ素・硫黄などが多く含まれています。

ミネラルは健康を維持するのに欠かせない栄養素で、骨や血液を作ったり、神経の伝達に関わったり、体内のイオンの調整などの働きがあります。

そのため、ミネラルが不足すると様々な不調をきたすことになるので、ミネラルはしっかりと摂る必要があります。

ダイエットや偏った食事などでミネラルが足りていない方は、スピルリナをとって足りないミネラルを補うと良いでしょう。

しかし、摂り過ぎは良くなく、ミネラルを多く摂り過ぎても身体に不調をきたす恐れがあるので注意しましょう。

その他の栄養素

スピルリナはタンパク質やビタミンやミネラル以外にも、y-リノレン酸・クロロフィル・ゼアキサンチン・クリプトキサンチン・フィコシアニンなど様々な栄養素が含まれています。

y-リノレン酸は血糖値やコレステロール値を下げる効果があるので、肥満などの生活習慣病を予防する効果が期待できます。

また、アトピー性皮膚炎などのアレルギーにも効果があるといわれています。

そして、クロロフィルは抗酸化作用があるので、活性酸素を除去し、老化を防止する効果が望めます。

このようにスピルリナには、身体に良い栄養素が色々含まれているので、健康を維持したり高めたい方にはおすすめになります。

ダイエットにおすすめ

以上説明したようにスピルリナは青汁のように様々な栄養素が含まれています。

そして、低カロリーなため、普段カロリーを気にしている方でも安心してとることができます。

また、スピルリナはお腹の中で水分を吸収し、膨らむ働きがあります。

そのため、満腹中枢が刺激されやすく、食べ過ぎることを抑えてくれます。

スピルリナは食事の1時間前~30分前くらいにとると、食事をする時間には膨らんでいるので効果的になります。

このようにスピルリナはダイエットに最適なものであり、健康的に痩せることをサポートしてくれます。

ダイエットをしていたり、食の細い人は栄養が不足がちになりますが、スピルリナは足りない栄養素を手軽に補えることが期待できるので、ダイエットなどで栄養が気になる方はスピルリナをとると良いでしょう。

スピルリナをサプリメントでとる場合は水分と一緒にとることが大切ですが、スピルリナ入りの青汁の場合は水分も一緒にとることができるのでお手軽です。

スピルリナのデトックス効果

スピルリナにはデトックス効果の働きがある食物繊維やクロロフィルが豊富に含まれています。

そのため、体内の老廃物を除去する効果が望めるのです。

デトックス作用により、便秘が解消されたり老廃物を排出することができれば血流は良くなります。

血流が良くなると様々な恩恵が得られます。

その恩恵の一つが新陳代謝が良くなることになり、新陳代謝が上がると当然基礎代謝は上がります。

基礎代謝が上がるということは脂肪が燃焼されやすくなるということになり、太りにくい体質になります。

また、血液は酸素や栄養を届ける働きがあるので、疲労回復効果や美肌効果、免疫力アップ効果などが期待できます。

そして、先程、便秘解消に効果があると言いましたが、便秘だけでなく下痢も良くなったという人もいるので、腸の調子を良くしたい人にスピルリナはおすすめになります。

スピルリナ入りの青汁

以上のようにスピルリナと青汁は、栄養価の高いところや低カロリーのところが似ていることになります。

その二つが含まれているスピルリナ入りの青汁を飲むことによって相乗効果となり、効果を高めることができます。

また、スピルリナは消化吸収に優れており、栄養を効率良く吸収することができます。

栄養を摂る上でしっかり消化吸収することは大切なことで、しっかり消化吸収されないと身体は弱くなり免疫力は低下してしまいます。

そのため、栄養食品などは消化吸収に優れたものが多くありますが、スピルリナの消化吸収率は95%とかなり高くなっています。

95%ということは、無駄になってしまう栄養素は5%しかありません。

それほど消化吸収に優れていることは、まさにスーパーフードといえます。

最近疲れが取れないと感じる方や毎朝スッキリ便を出したい方、ダイエットなどで栄養が不足している方はスピルリナ入りの青汁を試してみると良いでしょう。

しかし、スピルリナ入りの青汁は薬ではなく健康食品なので即効性はありません。

そのため、効果を感じるには毎日続ける必要があります。

そのことを理解して、毎日青汁を飲み続けると良いでしょう。

スピルリナをとる上で注意すること

スピルリナをとることによって副作用のような症状が出てしまうことがあります。

それは、スピルリナが自分の体質に合っていないことが考えられます。

どのような食品や健康食品でも、自分の体質に合わない場合があります。

しかし、スピルリナをとって何か症状が出る場合は、副作用ではなく好転反応の場合もあります。

そのため、スピルリナをとってお腹の調子が悪くなった場合は、副作用ではなく好転反応の場合もあるので、しばらく様子を見る必要があります。

好転反応の場合は、しばらくするとお腹の調子が落ち着いてきますので、お腹の調子が悪くなるからといってスピルリナをとるのを止めないことが大切です。

好転反応の期間ですが、短い人もいれば長い人もいるので何とも言えません。

それと、スピルリナによってアレルギーが出る場合はスピルリナをとるのを止めて、病院で診てもらうと良いでしょう。

また、薬を服用している方も病院で医者に指示を仰いでもらうと良いです。

そして、妊娠中や授乳中の方は、妊娠している身体にスピルリナが影響するのか分かっていませんので、控えた方が良いです。

まとめ

スピルリナは青汁のように身体に良い栄養素が豊富に含まれており、消化吸収にも優れています。

そのため、スピルリナ入りの青汁は、身体の健康を維持したり高める効果を期待することができます。

現在はコンビニなどで食べ物を簡単に手に入れることができますが、食べる暇がない人や栄養面が気になる人は多くいます。

そのような場合は、スピルリナ入りの青汁を1日1杯飲み続けると良いでしょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁