青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

体スッキリ! デトックスするなら青汁がおすすめ!

      2017/03/24

朝しみこむ力 青汁と21種の野菜 40袋

数年前から話題になっているデトックスですが、どんな効果があるのかご存じですか?

デトックスは体に溜まった毒素を外に排出することにより、肌荒れ、むくみや冷え性の改善、便秘解消や太りにくい体づくりに効果があります。

毎日手軽に効率よくデトックスできるなんてものがあったら嬉しいですよね。

実は「青汁」こそがその望みを叶えてくれる味方なんです。

デトックスって何?

体に溜まった毒素は、汗や尿、便などによって体の外に排出されます。

しかし食生活の乱れなどによって体内のごみは溜まりやすくなってきます。

その毒素は体の中をめぐり、病気でもないのに様々な不調を起こしてしまうのです。

そんな毒素を排出することをデトックスと言います。

毒素が溜まってるとどうなるの?

デトックスって興味はあるけど必要なのかなと思っている方、こんな症状はありませんか?

・便秘、便が以前より臭う・肌荒れがひどくなった・むくみやすい・冷え性・太りやすくなって、痩せにくい・疲れやすい病気でもないのにこんな症状を感じている方は体に毒素が溜まっている可能性があります。

デトックスの方法

サウナで汗をかくなどもひとつの方法ですが、デトックスにおいて最も大切なポイントは「腸内環境を整える」というところにあります。

なのでポピュラーな方法の一つとしてファスティング(断食)があります。

2~3日間、固形物を口にしないことで腸内環境をリセットすることができます。

同時にダイエット効果も高いため、人気のある方法です。

しかし食べ物を我慢するのは決して楽なことではないので続かなかったり、無理をして体調を崩してしまうこともあります。

いくら効果があっても続かないものは意味がないです。

デトックスに必要な栄養素

ファスティングはちょっと難しいという方は、日頃の食生活を見直し、デトックス効果のある栄養素を積極的に摂ることをおすすめします。

デトックスの約75%は排便によって行われるので、腸内の老廃物を便と一緒に排出してくれる「食物繊維」は欠かせない栄養素です。

それにプラスして、胃腸からダイオキシンや重金属を吸着して排出してくれる「葉緑素(クロロフィル)」、肝臓のデトックスには欠かせない「亜鉛」もしっかりと摂取することが望ましいです。

他にも、硫化アリルやLメチオニン、ケルセチンなどもデトックスに効果的な栄養素です。

何を食べたらいいの?

では、それらの栄養素を摂るためには何を食べたらいいのでしょうか。

「食物繊維」は良く知られていると思いますが、野菜、海藻、きのこ、豆類に多く含まれます。

「葉緑素(クロロフィル)」はクロレラ、明日葉、ほうれん草に多く含まれます。

「亜鉛」はレバー、うなぎ、牡蠣に多く含まれます。

硫化アリルはネギ、タマネギ、ニラなど、Lメチオニンはキャベツ、ケール、ブロッコリー、ケルセチンはタマネギ、りんご、ケールに多く含まれます。

毎日摂るのが難しいなら青汁がおすすめ

しかしながら毎日これらの栄養素を完璧に摂ることは正直なかなか難しいと思います。

そんな人におすすめなのが青汁です。

青汁なら食物繊維など不足しがちな栄養素が手軽に摂取できます。

もちろん毎日の食生活の見直しも大切ですが、亜鉛などちょっと摂りにくい栄養素もあります。

だからこそ青汁を毎日の食生活にプラスすることをおすすめします。

青汁がおすすめなもうひとつの理由

デトックスには代謝も大切で、代謝が悪くなるとデトックスの効率がとても悪くなってしまいます。

その代謝を良くするのに欠かせないのがビタミンとミネラルです。

特にダイエット中には代謝が悪くなりやすいので、ダイエット目的でデトックスしたい方にとっては重要な栄養素と言えます。

青汁ならこのビタミン、ミネラルもバランスよく含まれているので効率の良いデトックスのための強い味方なのです。

青汁を選ぶときに注目したい成分

デトックスというところを意識して青汁を選ぶときにこれを使っているものがおすすめという野菜をご紹介します。

ケール

栄養素のとても高い野菜としても知られ、青汁には良く使われています。

肝機能を高めてくれるLメチオニン、ケルセチン、スルフォラファンが豊富なため、デトックスを促進します。

明日葉

デトックスには欠かせない葉緑素(クロロフィル)、食物繊維が豊富に含まれています。

むくみ改善にも良いミネラルのカリウムも含まれます。

クロレラ

葉緑素(クロロフィル)がかなり豊富に含まれ、その量は食品の中でトップクラスと言われています。

デトックス効果が期待できるおすすめの青汁

いくつかおすすめの青汁をご紹介します。

購入時の参考になれば嬉しいです。

マイケア「ふるさと青汁」

こちらは口コミなどでも高い評価を得ている青汁です。

その秘密は明日葉を根っこまで使っているというところです。

明日葉を根っこまで使った青汁は珍しいのですが、この根っこにはデトックス効果も高い「カルコン」が含まれています。

老廃物の排出を促してくれるだけでなく、殺菌効果もあり、がんの抑制や潰瘍、エイズにも効果があると言われているほどすごい成分です。

味は少し苦味がありますが、甘みもつけてあるので飲みやすい方だと思います。

一般的な青汁のような青臭い感じというよりはヨモギのような香りです。

サントリー「極の青汁」

やっぱり美味しくなければ続かないし味が大切という方や初めて青汁を飲むという方におすすめの青汁です。

さらっと溶けるので粉っぽさもなく、抹茶と煎茶をブレンドしているのでとても飲みやすいです。

クセがない美味しい青汁ですが、食物繊維が豊富な大麦若葉や明日葉を使用しているので栄養価もばっちりです。

口コミでも「最もおいしい青汁」と言われるほどの飲みやすさです。

ユーグレナ・ファーム「緑汁」

最近話題になっているミドリムシを使った青汁です。

ミドリムシはビタミンやミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸などの栄養が豊富なうえ、その吸収率も高いことで注目されています。

そんなミドリムシに加えて、明日葉を豊富に含んでいるので高いデトックス効果が期待できます。

しかし味は少し独特かもしれません。

ミドリムシは藻の一種なので、磯臭いような感じがあり、そこに明日葉などの香りが混ざるので苦手な方は飲みにくいと思います。

でもユーグレナの独自の高い栄養価は味を我慢するだけの効果はあると思います。

ファンケル「本搾り青汁」

青汁は「まずい!」というイメージがあると思いますが、実はいわゆるまずい青汁はケールを含んだ青汁なのです。

いまは明日葉などの飲みやすい青汁がたくさんありますが、やはりケールも栄養価が高いのでぜひ摂りたいものです。

この本搾り青汁はケール100%という非常に栄養価の高い商品です。

そのうえで飲みやすさにこだわっていて、ケール青汁に苦手意識のある方にも試してみてほしい青汁です。

もちろんケールならではの独特の風味や苦味はあるのですが、ケールをこれだけたくさん使用しているとは思えない味になっています。

初心者向けではないかもしれませんが、牛乳などで割れば飲みやすくなります。

まとめ

青汁はどうしてもまずいというイメージが強いかもしれませんが今の青汁はとても飲みやすいものが多くなっています。

健康と美容のためのデトックスですから、無理してストレスを溜めない方法を選択するのが一番だと思います。

無理なく美味しく続けられる青汁を毎日の食生活に取り入れれば、体がスッキリしていくのを感じられると思います。

もちろん青汁だけに頼らず、食生活も見直すことも大切です。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁