青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

健康な暮らしには、今まで通り野菜を食べつつ、プラス青汁生活がおすすめ!

   

野菜はたくさん食べたほうがよいということは、いまや誰もが知っていることでしょう。

それでも、毎日毎日たくさんの野菜を食べるのは、なかなか大変です。

そこで、手軽に野菜を摂取できるということで人気が出たのが、青汁です。

色々なメーカーから、色々な青汁が生産販売されていますが、はたして青汁で、野菜不足解消になるのでしょうか。

どれだけ野菜は食べたらよいの?

健康な生活を送るためには、「野菜は一日350g以上食べましょう」と言われています。

厚生労働省は、意識しなければ野菜を十分に摂取することは難しいため、1食1皿以上、1日5皿分を食べることを目指しましょうとしています。

けれども「国民健康・栄養調査」の結果をみると、野菜類平均摂取量は、男性で約290g、女性で約270gです。

特に20~30歳代は、約240gと成人の平均よりも少ない量になっています。

目標とされている1日350g以上には、足りていません。

一方で、「野菜をたくさん食べるようにしている」と回答した人(30歳以上)は、男性の約45%、女性の約60%にのぼっていました。

別の調査結果では「健康維持のために野菜を摂ることは重要だと思うか」という質問に対して、「重要である」と回答した人が98%にも上っています。

野菜を食べる?青汁を飲む?

野菜は食べたほうがよいと、多くの人が思っているにも関わらず、実際は十分に野菜を食べられていないのが現状のようです。

それでは、体によいとされる青汁を飲むと、野菜不足は解消されるのでしょうか。

そもそも青汁には、野菜と同じように栄養成分が含まれているのでしょうか。

また、含まれている栄養成分は私たちにとって、本当に大切なものなのでしょうか。

青汁と野菜の栄養成分を見てみると……

食物繊維

食物繊維には、腸の働きを整え、便通を良くする働きがあります。

他にもコレステロールを排出し、急激な血糖値の上昇を防ぐ働きなども持っています。

ケールを原料とした青汁の場合、100g中に含まれる食物繊維の量は28.0gです。

生の皮付きニンジンの場合、100g中に含まれる食物繊維の量は2.8gになります。

茹でたほうれん草なら100g中3.6gになります。

小ぶりのニンジン1本が100gほどですので、青汁100g飲むのと同量の食物繊維を摂取するには、小ぶりのニンジン10本を食べなければならないということになります。

カルシウム

カルシウムの働きでよく知られているのは、骨や歯を丈夫にするということでしょう。

けれども、カルシウムにはそれ以外にも大切な働きがあります。

たとえば、筋肉の働きを滑らかにしてくれる働きです。

カルシウムの量が不足すると、筋肉がけいれんを起こしたり、硬直しやすくなってしまいます。

カルシウムは体内に不足してくると、骨に蓄えられているカルシウムが溶け出して不足分を補う仕組みになっています。

そのため、カルシウムを摂取しないと、骨からカルシウムが溶け出し、骨粗しょう症の恐れもでてきます。

筋肉や骨格のバランスが崩れ、肩こりの原因にもなりうるのです。

私たちが健康に過ごすために大切な働きを担ってくれているカルシウムですが、青汁100g中に含まれるカルシウムの量は、12mgです。

生の皮付きニンジン100g中には28mg含まれています。

ですので、カルシウム摂取量は、生のニンジン半本食べると、青汁を飲んだのとおおよそ同じことになります。

ピーマンですと、生の場合でも炒めた場合でも100g中11mg含まれています。

青汁と同量のカルシウムを摂取するには、ピーマンは中サイズのものを3個ほどを食べる必要があるということになります。

ビタミンC

ビタミンCは美肌には欠かせないというのはみなさんご存じでしょう。

また、風邪予防にはビタミンCというのも、よく耳にすることではないでしょうか。

ほかにも、鉄の吸収をよくする働きがあります。

また、抗酸化作用があり活性酸素から体を守ってくれて、動脈硬化や心臓疾患を予防する働きもあります。

青汁100g中に含まれているビタミンCの量は、1100mgになります。

生のほうれん草100gの場合では、含まれるカルシウム量は35mgで、茹ででたほうれん草100g中なら19mgです。

ピーマンは生100g中に76mg、炒めたピーマン100gで79mgのカルシウムを含んでいます。

皮付きの生のニンジンですと、その100g中のカルシウムはわずか6mgです。

青汁100g飲んだときに摂取できるカルシウム量と、同量のカルシウムを摂取するためには、茹でたほうれん草を約1400gも食べないといけないということになります。

βカロテン

βカロテンとは、緑黄色野菜を中心に、野菜全般に含まれる色素のことで、小腸から主に吸収され、必要に応じて体内でビタミンAに変化します。

βカロテンは高い抗酸化作用をもっています。

βカロテンの抗酸化作用とビタミンAの粘膜増強作用で、白内障や加齢黄斑変性症の発症を予防し、進行を遅らせることが可能だと言われています。

βカロテンとビタミンAは、ともに粘膜の増強作用を持っているため、口内炎などの口の中の粘膜のトラブルにも効果が期待できます。

青汁100g中に含まれるβカロテンの量は10000μgになります。

生の皮付きニンジンは100g中、6900μgのβカロテンを含みます。

生のほうれん草100g中には4200μg、茹でたほうれん草100g中には5400μg含まれています。

ピーマンですと、100g中400μgだけということになります。

青汁100gを飲んだときに得られるβカロテンと、同量のβカロテンを摂取するには、小ぶりの生のニンジンなら2本弱食べなければならないということになります。

βカロテンの量はゆでても変わらないので、一本分は生のサラダで、一本分はゆでてホットサラダでというのでもよいでしょう。

ビタミンB1

ビタミンB1は、ビタミンB2、B6、B12、葉酸などを総称したビタミンB群の一つで、炭水化物をエネルギーに変換する働きを持っています。

また、脳の中枢神経や手足の末梢神経と深く関わっており、神経機能の正常化や心臓機能を守る働きももっています。

ちなみに、かつての日本で国民病と言われた「かっけ」は、ビタミンB1の欠乏によって起こっていました。

青汁100g中に含まれるビタミンB1の量は、0.31mgになります。

生の皮付きニンジン100gですと、0.07mg、生のピーマン100g中になると、0.03mgという数値になります。

生のほうれん草100g中には0.11mg含まれ、茹でたほうれん草100gには0.05mg含まれています。

小ぶりのニンジン5本弱を生で食べると、おおよそ青汁100gを飲んだ場合と同じだけのビタミンB1を摂取できるという計算になります。

おすすめは野菜プラス青汁

青汁を飲むことで、食物繊維やカルシウム、ビタミンなど、私たちの体にとって大切な栄養成分が手軽に摂取できます。

青汁を飲んだ時と同じだけの、カルシウムやビタミン類を摂取しようとすると、たくさんの野菜を食べなければなりません。

たくさん野菜を食べたほうがいいと思いつつ、十分に食べられていない現実があることを考えると、不足分を青汁で補うというスタンスは、野菜不足解消としておすすめなのではないでしょうか。

今まで通りの食生活に、青汁をプラスするだけなら、手軽に始められるのではないでしょうか。

まとめ

青汁を飲むだけで、色々な栄養成分が摂取できます。

苦いというイメージもついてくる青汁ですが、粉末青汁ですと、牛乳やジュースで溶かすということもできますから、自分好みの青汁ドリンクを探してみてはいかがでしょう。

青汁と野菜とどちらがよいかということではなく、野菜はこれまで通りに食べて、プラス青汁という生活はいかがでしょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁