青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

健康になりたい人注目! 青汁には血糖値を正常にする効果がある!?

   

青汁には血糖値を正常にする効果があります。

血糖値は主に偏った食生活で上がってしまいますが、青汁を飲むことにより血糖値を正常にすることが期待できます。

血糖値が高い状態が続くと、糖尿病などの症状を引き起こす可能性が高くなるので注意が必要です。

その糖尿病は自覚症状を感じにくい病気なので、発見が遅れることが多くあります。

それでは、青汁と血糖値の関係について説明していきます。

血糖値が高いとはどのようなことをいうのか?

そもそも血糖値とは

血糖値とは、血液の中のブドウ糖の濃さを示す値となります。

そして、血糖値が高いということは、血液中のブドウ糖の濃度が高い状態のことで、高血糖といいます。

逆に、血液中のブドウ糖の濃度が低いことを低血糖といいます。

この血糖値は、高くても低くても体に良くなく、様々な症状を引き起こしてしまいます。

そのため、糖尿病などで血糖値を正常にすることが難しい人は、体に不調をきたしてしまいます。

糖尿病だと、高血糖状態になっていても、お腹が空くことによって血糖値が低くなり、低血糖になる人もいます。

血液中に含まれているブドウ糖は、自動車でいうガソリンの役目をしているので、人間が動くのには欠かせない成分です。

また、頭を使う時もブドウ糖を消費します。

しかし、人間のエネルギー源であるブドウ糖を過剰に摂り過ぎると体に悪影響を与えてしまいます。

栄養の過剰摂取は健康を害する

植物や動物に栄養を与えすぎると、植物は枯れて、動物は体調が悪くなります。

そのことは人間も同じことで、エネルギー源であるブドウ糖を摂り過ぎると、許容量がいっぱいとなり、あふれ出してしまいます。

そうすると、体に負担がかかり、健康を害してしまうのです。

そのため、炭水化物でもある糖質を摂り過ぎることは体に良くなく、また、摂らないことも良くありません。

血糖値の異常により起こる症状とは

血糖値が高かったり低かったりすると、様々な症状を引き起こしてしまいます。

それでは、高血糖と低血糖の主な症状を説明していきます。

血糖値が高いと起こる症状

血糖値が高いと、尿の量が多くなったり、喉が渇きやすくなったり、食欲が増したり、倦怠感や疲労感を感じやすくなり、体重が落ちることもあります。

尿の量が多くなるというのは、尿の中の血糖を体外に排出しようとするためです。

そして、尿の量が多くなると体内の水分量は低下し、脱水してしまいます。

そのため、喉が渇きやすくなります。

食欲が増すというのは、血糖値が高いとインスリンの働きが低下するので、糖質をエネルギーに変換することが難しくなります。

そのようになると、体内に栄養が届けられないため栄養が足らないと感じてしまい、食欲が増してしまいます。

倦怠感や疲労感といのは、先程の栄養が足らないと感じてしまうことにより起こります。

糖質が上手くエネルギーに変換されないと、脂肪やタンパク質をエネルギーとして使用してしまい、疲労感や倦怠感を感じてしまいます。

また、そのことで体重が落ちてしまいます。

血糖値が低いと起こる症状

血糖値が低いと、お腹が空きやすくなったり、倦怠感を感じやすくなったり、多汗や動機やふるえ、めまいや眠気や精神的な障害を引き起こしやすくなります。

お腹が空きやすくなったり、倦怠感を感じやすくなるというのは、血糖値が高い状態にも起こる症状なので、この症状だけでは血糖値が高いのか低いのか区別することはできません。

多汗や動機やふるえなどは、体が血糖値を上げようとして自律神経が影響し起こる症状になります。

そして、眠気や精神的な障害というのは、自律神経も関わっていますが、血糖値が低いことにより脳が働きにくくなるので、そのような症状が起こりやすくなります。

血糖値が高くなると糖尿病に

先程、血糖値の異常による症状を説明しましたが、血糖値が高いと起こる症状は、糖尿病の初期症状と同じになります。

つまり、血糖値が高いと糖尿病になる恐れがあるということです。

血糖値が高いと起こる症状を見て分かると思いますが、糖尿病だと気が付きにくい症状がほとんどです。

喉の渇きは誰でも普通に起きるし、尿の量が多くなることも普通に起きます。

また、誰でも食欲が増すことがあるし、活発的に動けば疲労感や倦怠感を感じることもあります。

このように、糖尿病だとは気が付きにくい症状なので、注意が必要です。

血糖値が高い状態が続き悪化すると、脳卒中などを引き起こす可能性もあり、命に関わることもあります。

血糖値を下げるインスリン

インスリンという膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンは、糖質をエネルギーに変換してくれるホルモンになります。

そのインスリンの分泌が少なくなってしまうと、血糖値を下げることができなくなり、血糖値は上がったままになります。

人間は、食事で糖分を摂ると血糖値が上がりますが、その後は徐々に下がっていき元の状態に戻ります。

しかし、元々血糖値が高い人は、インスリンの分泌が少ないことから血糖値を下げることができません。

インスリンは膵臓から分泌されていますが、血糖値の高い人は膵臓の働きが弱くなっているので、インスリンが正常に分泌されず、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

これらのことは、糖分を摂り過ぎることにより、急に血糖値が上がることが関係しています。

急に上がった血糖値を下げるためにインスリンは分泌されますが、頻繁に糖分を多く摂り過ぎると、何度も血糖値が急上昇することになります。

そして、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されますが、インスリンを分泌する膵臓は疲れてしまい、働きが弱くなってしまいます。

そのため、インスリンの分泌量が少なくなり、高血糖になって糖尿病を引き起こしてしまいます。

高血糖を予防、改善する方法

糖質を控えて野菜を食べる

高血糖の主な原因は、糖質の摂り過ぎになるので、糖質があまり含まれていない野菜を食べることをおすすめします。

野菜には高血糖を予防、改善させる効果のあるビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

そのため、炭水化物などを控え、野菜を食べることは血糖値を下げることに繋がります。

しかし、ジャガイモやさつまいもなどのいも類や、人参やカボチャなどは糖質が多く含まれているので注意が必要です。

血糖値を抑えるために野菜を食べるので、糖質の多い野菜はなるべく避けるようにしましょう。

青汁を飲む

毎日野菜をしっかりと食べることは良いことですが、そのことは結構難しいことです。

そんな人におすすめなものが、手軽に栄養が補給できる「青汁」になります。

青汁には血糖値を下げる働きのあるビタミンやミネラルやアミノ酸が豊富に含まれています。

その中でも、ミネラルの一種でもある食物繊維には血糖値を下げる効果があり、便秘解消にも役立ちます。

また、食物繊維といっても水溶性のものと不溶性の2種類あり、水溶性食物繊維は血糖値を下げる効果があります。

青汁にはこの2種類の食物繊維がバランスよく含まれているので、高血糖の予防や改善に効果的なのです。

それと、青汁に含まれている亜鉛やナイアシンやビタミンは、インスリンを作り出すのを助ける効果があります。

そのため、膵臓の働きが弱くなっている人には最適な栄養素といえます。

そして、青汁に含まれているアミノ酸やクロムやカルコンは、糖質を筋肉に届ける働きがあります。

体を動かすには、人間のエネルギー源である糖質が必要ですが、その糖質を血中ではなく筋肉のほうに届けようとします。

そのため、血糖値が高くなることを防ぐ効果があるのです。

まとめ

血糖値が高くなると糖尿病になる恐れがありますが、そのことは食事を見直すことで予防、改善することができます。

また、有酸素運動をすることによって糖質が消費されるので、運動することもおすすめします。

そして、青汁は高血糖の人に効果的で、血糖値を徐々に低下させる働きがあるので、低血糖になることはありません。

それでは、食生活が乱れている人や、野菜が嫌いな人は、青汁を飲んで健康的な毎日を過ごしましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁