青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

喜んでもらうため! 青汁をギフトで贈る際のポイント4つ

   

自分が青汁を日々飲んでいて身体の調子がよくなったという実感がある場合、誰かにもギフトとして青汁を贈りたくなることはあるでしょう。

でも、残念ながら青汁は万人受けするものではありません。

だから、青汁をギフトとして送る際には、それ特有の注意点があるのです。

そこでここではそんな、青汁をギフトで贈る際のポイントを紹介します。

飲みやすさを第一にする

青汁をギフトとして贈る際に大切なことは、飲みやすいものにするということです。

青汁のほとんどは、決しておいしいものではないでしょう。

その方が健康に効果がありそうな気がしてくるものなので、それが好きな人はいるでしょうが、大半の人はまずいものを飲んでまで健康になりたくないと考えていることでしょう。

だから、ギフトとして青汁を贈っても、それがすごく飲みづらい味である場合、まったく手をつけられないこともあるのです。

では、もし全く手を付けられない青汁がたれかから贈られてきたらどうでしょうか?

飲む前は手を付ける気があったから喜ぶかもしれませんが、手が付けられないことが分かれば、ただただ邪魔なだけになり、ただただ迷惑になるでしょう。

もしそうして迷惑に思われてしまったら、それはやはり悲しいことです。

だからそうならないように、とにかく飲みやすい青汁を贈るべきなのです。

はちみつやフルーツ入りの物など

では、どういう物が飲みやすい青汁だと言えるでしょうか?

それはやはりはちみつが入っていたり、フルーツが入っていたりするものになるのでしょう。

そういう物であれば、野菜だけで出来ている青汁では感じることができないはずの甘みも感じることができます。

もし甘みを感じることができれば、青汁の苦さを逃がしていくことが出来るでしょう。

だから、飲みやすく感じるはずなのです。

実際に自分で飲んでみるのは必須

ただ、そうしたものが入っていれば必ず飲みやすいかと言われればそんなわけでもないと言えるでしょう。

もちろん飲みやすい可能性は高いといえますが、必ずしも飲みやすいわけではないのです。

だから、必ず一度自分で飲んでみてからギフトとして贈るべきです。

普段飲んでいる人は、それが普段飲んでいるものより飲みやすいかどうか、味的においしく感じるかどうかで判断することが出来るでしょう。

もちろん普段飲んでいるものが飲みやすくておいしいものであれば、わざわざ他の物を試す必要はないかもしれません。

でも、それでも一応比較してみるのは良いかもしれませんね。

あまり量がたくさん入っていないものにする

ギフトとして贈る青汁で大切なことは、あまり量が入っていないものを選ぶということです。

普通に考えればギフトとして贈るものは、量が多いに越したことはないと思うかもしれません。

しかし、青汁の場合は量が多ければ良いというものではないのです。

それはやはり、青汁の場合は合わない可能性があるからだと言えます。

自分がおいしく感じたり、自分的には飲みやすく感じる青汁でも、それを贈られた人がどう感じるかは全くわかりません。

味覚は人それぞれですから、全然おいしいと思ってもらえない可能性が高いのです。

だからこそ少量にしておくべきなのです。

少量ならまずくても飲みきれる

全然飲まないでギフトとしてもらったものを捨てるというのは、誰にとってもやはりなんとなく後ろめたいものです。

でも、どうしても飲みたくならないような青汁を大量に贈られていたらそうするしかありません。

ではこれが少量の青汁だったらどうでしょうか?

少量であれば、多少まずくてもなんとか飲みきろうと思えるようになるものです。

だからギリギリ迷惑になることはないと言えます。

身体によいことは良いでしょうし。

そういうことがあるので、青汁をギフトとして贈る際には、あまり量がたくさん入っていないものを選ぶべきだと言えるのです。

粉末タイプの青汁にする

青汁をギフトとして贈るのであれば、粉末タイプの青汁にするのがおすすめです。

今では青汁の大半は粉末タイプだと言えるので、そこまで何もかんがえなくても青汁を買おうとしたら粉末になることが多いでしょうが、中には粉末ではなく野菜ジュースのように溶かされているものも売っています。

なのでそういうものを買った方が良いのではないかと迷う方もいるでしょう。

しかしそれは間違いです。

基本的にギフトとして贈るのであれば粉末タイプの方が正しいのです。

粉末タイプなら邪魔にならない

それにいはいくつか理由があります。

まず一つは、粉末タイプであればギフトとして贈られてきてもそれほど邪魔にはならないからです。

これがもしペットボトルタイプだったりしたらどうでしょうか?

それ一本でかなりのスペースをとってしまうでしょう。

そして当然、ギフトとして贈るのであれば一本ということはないでしょうから、スペースはかなり埋めてしまう事になるでしょう。

そうなったら迷惑に感じる人が出てきてしまうのも仕方ないのではないでしょうか?

飲みやすさもコントロールしやすい

粉末タイプがギフトとして優れているのは、そうした収納的な点だけではありません。

粉末タイプなら溶かすものは自由に選べます。

たとえばフルーツジュースと合わせることもできますし、水でも良いですし、牛乳でも良いですし、豆乳でも良いです。

こうしていろいろ試していけば、すごく飲みやすい合わせ方が見つかる可能性も有るでしょう。

しかし、すでにいろいろまぜられている状態では、なにかとあわせることも難しいです。

つまり味を変えることができないのです。

ということは、その味が合わなかったらそれっきり飲まなくなることも十分考えられます。

そういうことがあるので、粉末タイプの方が良いのです。

ある程度名の知れたブランドであること

青汁をギフトとして贈る際には、ある程度名の知れたブランドであった方が良いです。

青汁には本当にいろいろな物があります。

全く名前も知らないようなブランドから出ているものもあれば、ファンケルのようなすごく有名なブランドから出ているものもあります。

そうしていろいろなところから出ているわけですから、何も考えないで選んでいったら、名の知れないブランドの物を選ぶこともあるでしょう。

しかし、ギフトとして贈るならそういうものはあまり好ましくありません。

なぜなら、安心度が違うからです。

身体に入れるものなので安心度は大切

今やそれはあまり気にしない人も多いですが、いまだに気にする人も一定数います。

特に青汁の様に身体に入れるものであればなおさらだと言えるでしょう。

健康効果をうたう身体に入れるものなのですから、少しでも安心して飲んでもらえた方が良いに決まっています。

だから、できれば有名なブランドの青汁を選ぶようにしてください。

有名なブランドのものはギフト用として選ばれることも多いので、そのままホームページなどからギフト用として注文することができたりします。

なので、簡単に贈ることが出来るという利点があったりもします。

楽に贈れるに越したことはないでしょう。

まとめ

ギフトとして青汁を贈るのであれば、是非これらのポイントを抑えたものを選んでいってください。

せっかく贈るギフトで相手に迷惑がられてしまうことほどに悲しいことは早々あるものではありません。

しっかり喜んでもらいたいのであれば、これらのことはおさえておくべきです。

これらのポイントを抑えても選択肢はたくさんあるでしょうから、悩む楽しさは消えないでしょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁