青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

妊娠中に摂取したい青汁、でも青汁ってカフェイン入ってるの!?

   

青汁と聞けば、誰しもが「身体に良い」と言う言葉が頭に浮かぶのではないでしょうか。

なんとなくですが、緑黄色野菜の集大成的な存在感がありますよね。

そんな栄養満点な青汁は、とくに良質な栄養素の必要な妊婦さんも積極的に摂取したいと思う飲食物の一つだと思います。

しかし、ちょっと気になってしまうのがカフェイン。

妊婦になったとたん、カフェインには過剰に反応してしまうこともありますが、青汁はどうなのでしょう?

妊娠するとほとんどの女性が思うこと

女性にとって、人生にこの上なく自分の身体を大切にする時期、それは妊娠期間中なのではないでしょうか。

そんな大切な期間に、ほとんどの女性が気を付けようと思うことがカフェインとタバコです。

身の回りのカフェイン

妊娠中の身体というものは自分一人だけの身体ではなく、お腹の中の赤ちゃんの事を最優先に考え、赤ちゃんのためにいいことをしよう、いい物を食べたり飲んだりしようとするものです。

独身時代、もしくは妊娠の事など全く気にせずに過ごしてきた日々は、好きな食べ物を食べ、食べ好きな飲み物を飲んでいたことでしょう。

特に飲み物は、カフェインの事などほとんど気にしたこともなかったのではありませんか?

仕事の前にコーヒー片手に出勤して気合を入れ、休憩時間にもコーヒーを飲み、夕食後にもコーヒーを飲んだり緑茶を飲んだりしますよね。

人によってはもっとたくさん飲んでいると思います。

自分は、コーヒーは飲まないけれど紅茶を飲むという人もいますが、もちろん紅茶にもカフェインは含まれています。

緑茶やウーロン茶、コーラや栄養ドリンクにもカフェインは含まれています。

このように考えると、日常生活は本当にカフェインで溢れていますね。

妊婦とカフェイン

では、妊婦さんにとってカフェインとはどのようなものなのでしょうか。

人にもよるかもしれませんが、「カフェイン=悪」と捉えている人も少なくないと思います。

確かに妊娠中は自分一人の身体ではありません。

妊娠中は、カフェインの分解能力がそうでない人よりも低くなってしまいますので、体内に長い時間カフェインが留まってしまいます。

さらに、カフェインはお母さんの胎盤を通じて赤ちゃんも摂取することになってしまいます。

赤ちゃんはまだまだ肝臓の機能が未熟ですから、自らの力でうまくカフェインを体外へ排出することが出来ません。

そうすると、赤ちゃんの体内にはカフェインがどんどんたまっていってしまいます。

赤ちゃんにとってカフェインの影響は現在の医学でも未だ研究中で、ハッキリとした影響はわからないというのが現状のようですが、赤ちゃんにとって何かしらの影響を及ぼすということは考えられています。

ですから、やはり妊婦さんはカフェインの摂取には気を付けた方がいいのですね。

カフェインの作用

カフェインの作用は次のようなものが挙げられます。

●中枢神経を興奮させる
●筋肉を収縮させ疲労感を軽減させる
●心臓を収縮させ、心拍数を増加させる
●腎臓の血管を拡張させ、利尿作用を促す

等々、要するに、精神や筋肉が興奮した状態になるのです。

このため、通常の人が適量摂取する分には何の問題もなく、人によってはむしろ仕事や作業効率のアップも期待できるわけです。

青汁にはカフェインが含まれているの?

青汁は緑黄色野菜の集合体なので、カフェインとは無縁と思われがちですが、そうではない場合もあるようです。

飲みやすい青汁とは

青汁はケールや明日葉、よもぎ、クマザサ、桑の葉などを主成分としています。

これらの野菜はとても栄養価が高いのですが、独特の臭みや苦みを持っています。

そのため、一昔前の青汁と言えばこれらの野菜を粉末状にしただけのものが多く、どうしても青汁と言えば「マズイ!もう一杯!」だったのですね。

しかし、最近の青汁はとても飲みやすい物が多く出回っています。

ほとんどの青汁に「飲みやすい」の文字が見られます。

では、なぜ飲みやすいのでしょうか?

それは、多くの場合抹茶成分を配合しているからなのです。

抹茶は言わずもがな、お茶ですからもちろんカフェインを含んでいます。

抹茶以外にも緑茶成分だったりもしますが、カフェインに関しては同じことが言えます。

飲みやすい青汁を飲んでも大丈夫?

妊婦さんの気になるところはココですよね。

飲みやすい青汁と謳ってある青汁には緑茶や抹茶成分が入っているのなら、妊婦は飲まない方がいいのではないか?

と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、すべての飲みやすい青汁に緑茶や抹茶の成分が含まれているわけではありません。

それに青汁に含まれている緑茶や抹茶のカフェインは、微々たるものであることがほとんどです。

一切カフェインを口にしたくないと思っているわけでは無ければ、一日に1杯飲んだところで影響はほとんどないと言っていい範囲です。

妊婦さんが摂取しても良いカフェインの量

妊婦さんの一日のカフェイン摂取許容量は、200mgです。

コーヒーは150mlあたりのカフェイン含有量は100mgですので、一日に2杯程度は飲んでも大丈夫ということになります。

それに対して緑茶や抹茶は150mlあたりのカフェインは約50mgです。

つまり、抹茶ならコーヒーの倍近く飲んでも、許容量なわけですから、青汁を一日に1杯飲んだところで、赤ちゃんにはそれほど影響はないようです。

妊婦さんでない通常の成人であっても、一日に250mg以上のカフェインを摂取すると、夜眠れなくなってしまったりトイレが近くなってしまったりということもありますので、妊婦さんであってもそうでなくても、カフェインの摂取許容量に大差はないという印象でしょうか。

どうしてもカフェインが気になるのなら

どうしても青汁に含まれるカフェインが気になってしまうのであれば、まずはメーカーに確認を取ることをおすすめします。

また、助産師さんに相談してみるのもいいかもしれませんね。

それでも気になるのであれば、緑茶や抹茶成分の含まれていない青汁を選ぶことをおすすめします。

多少飲みにくいかもしれませんが、工夫次第では飲みやすくなります。

牛乳や豆乳に混ぜたり、アイスクリームと混ぜてシェイクのようにしたりしてしまうのも飲みやすいですよ。

カロリーが気になるのであれば、手作りのパウンドケーキやスムージーに混ぜてしまったり、お料理に混ぜてしまうのもいいですね。

カレーなどに混ぜると、味も臭いも全く気になりません。

このようにして、是非ご自分の納得できる形で青汁を利用されるといいと思います。

なるべくなら妊娠中はストレスのないように過ごしたいものですよね。

青汁は葉酸も豊富

カフェインも気になってしまいますが、妊娠中に積極的に摂取したいと思う成分の一つに葉酸が挙げられます。

葉酸は、色々な食べ物に含まれていますが、一番手軽で摂取しやすい食べ物は緑黄色野菜なのです。

青汁は緑黄色野菜の塊ですから、野菜やレバーなどの葉酸を多く含む食品が苦手な方にはとてもおすすめです。

妊婦さんにとって、青汁は必要な栄養素を摂取できる強い味方です。

一日の摂取量を守って、適切に摂取してください。

まとめ

いかがでしたか?

青汁にもカフェインが含まれていることは多いようです。

妊婦さんにとっては気になるところかもしれませんが、妊娠前は毎日何杯もコーヒーやお茶を飲んでいて、妊娠したとたんにそのすべてをキッパリやめるというのはとてもストレスになる可能性があります。

ただでさえ、初めての妊娠ならなおさら気を付けることが多く、ストレスもたまりやすくなってしまいます。

あまり過敏になってしまうと、場合によっては「何を飲めばいいの!?」状態に陥ってしまい、イライラが募ります。

アルコールと違って、一日に何杯かは飲んでも大丈夫なので、ストレスを抱えているよりかは上手に付き合いながら妊娠期間を過ごす方が、赤ちゃんにとってもお母さんにとってもいいように思います。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁