青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

妊娠中に青汁は飲んでもいい?安心安全な便秘解消法

      2017/03/24

妊娠

妊娠中は、食べ物や飲み物にかなり気を遣わなければいけないから大変です。

自分の体だけならまだしも、お腹の中にはちいさな命がスクスクと育っています。

おなかの赤ちゃんのためにも危険なものは摂取すべきではありません。

青汁は妊娠中に飲んでもいいのかということや、青汁で得られる嬉しい効果、妊娠中の青汁の選び方についてご紹介します。

妊娠中は青汁を飲んでもOK!

結論から申し上げると、妊娠中に青汁を飲むことは全く問題ありません。

むしろ、便秘薬に頼らない便秘解消法としておすすめされているくらいです。

妊娠中はホルモン量の変化や、大きなおなかに圧迫されて、普段快便の人でも便秘に悩まされることが多くなります。

妊娠中は薬を飲むのは極力控えるべきですが、便秘は体重コントロールを難しくしますし、長く便が出ないと腹圧をかけて排便しなければいけないので危険を伴います。

そのため、妊娠中の便秘は効果が穏やかな水薬の便秘薬で解消するのが基本です。

しかし、青汁であれば薬のような副作用を心配することなく、食物繊維を摂取することが出来ます。

おなかの赤ちゃんにも優しい便秘解消方法ということですね。

妊娠中の青汁がおすすめの理由

妊娠初期から赤ちゃんの脳や体の成長に欠かせない栄養素、それが葉酸です。

しかし、野菜から葉酸を必要量摂取しようと思うと大変ですよね。

特に妊娠初期は悪阻で食べられるものも限られますし、妊娠中はなぜかジャンクフードが欲しくなるという妊婦さんも少なくありません。

食事から補いきれない葉酸は、青汁を飲むことでカバーすることが出来ます。

お湯や牛乳で溶かして飲むだけでいいので、お腹が大きくなって台所に立つのが億劫だという時期にもおすすめです。

妊娠中で無理がきかない時期こそ、青汁のように手軽に栄養補給できる飲み物を活用したいですね。

妊娠中も綺麗なママでいよう!

青汁には、便秘解消化だけではなく美容効果も期待できます。

妊娠中はホルモンバランスが変化し、おなかの赤ちゃんを育てるために多くの栄養素を必要とします。

そのため、ママ自身の栄養素は不足しがちに。

お肌や髪の毛がパサパサしたり、メイクのノリがいまいちになったり、シミやソバカスが目立って来たり・・・。

いくらおなかの赤ちゃんが元気だと言っても、見た目に変化が出てしまうと落ち込んでしまいますよね。

青汁には、美肌効果のあるビタミン類が豊富に含まれています。

体の内側からの綺麗をサポートしてくれるというわけです。

市販の美容関係のドリンクやサプリメントは、妊娠中に飲むのが推奨されていないものが多いので、健康効果の高い安全な青汁を選んで綺麗なママを目指してくださいね。

妊娠中の青汁の選び方

妊娠中の青汁選びには、3つのポイントがあります。

1つ目は産地。

青汁とひと口に言っても原材料は様々で、産地も違います。

産地が明確な国産のものを選ぶと安心です。

2つめは、農薬の使用に関して。

青汁はダイレクトに体の中に栄養を届けるものです。

オーガニックや農薬無添加のものを選べば、おなかの赤ちゃんやママも安心して飲むことが出来ます。

3つ目は、青菜以外の配合成分。

青汁の中には、妊娠中の女性に嬉しいプラスαの効果が期待できるものもあります。

例えば、コラーゲン配合のもの。

お肌がかさつきがちなママにはうれしいですよね。

青汁に配合されている成分や効果もチェックするといいでしょう。

まとめ

青汁は、妊娠中のママにこそおすすめできる飲み物です。

薬に頼らずに便秘を解消したいママ、お肌や髪の毛のパサつきが気になりだしたママ、栄養バランスの乱れが気になるママには特におすすめ。

青汁は毎日継続して飲んでこそ効果が出るものですから、ぜひ、産地や農薬の有無にこだわって体に安全なものを選ぶようにしてくださいね。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁