青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

家族みんなで青汁を飲んで病気知らずになろう!

      2017/03/24

家族

青汁はたくさんの人に飲まれていて、たいへんポピュラーな健康食品です。

子供からお年寄りまでいろいろな年代の人が健康維持のために手軽に、予算を掛けずに飲んでいます。

とはいえ、青汁は苦くて飲みにくいと敬遠されがちです。

でも最近の青汁は味がかなり良くなっています!

また、おどろくほどの効果が期待できます!

この機会に青汁についてよく知り、ぜひ飲んでみてください。

年代によって生活習慣が違いますが、それぞれの年代で青汁効果がどのように見られるかご紹介します。

子供たちが飲むとどんな効果が期待できますか

子どもたちの中には、野菜が苦手で、親に食べなさいと言われてようやくしぶしぶ食べる、というお子さんがいるかもしれません。

このままでは体が栄養不足になって発育に影響することがあります。

そんな時、栄養たっぷりの青汁こそ、子どもにとって最適な飲み物になります。

青汁に含まれている「大麦若葉」や「ケール」、「明日葉」にはビタミンA,C,Eやカルシウムが豊富に含まれています。

カルシウムは体を作り、大人へと成長していくためになくてはならない栄養素です。

また、ビタミン類は集中力を高め、脳の働きを活発にしてくれます。

これらの栄養素は勉強をする子供たちに欠かせません。

これがコップ1杯の青汁で簡単にとれるのです。

味が苦いから飲めないとあきらめる必要はありません。

商品によっては材料特有の苦さを売りにしているものもありますが、飲みやすく改良したものもたくさんあります。

フルーツエキスを入れたり、はちみつや砂糖以外の甘味料を加えたりして苦みをかなり抑え、ほんのりとした甘さを出しているものもあります。

社会人はどんな効果を期待できますか

毎日が忙しく、休みがなかなか取れないという人は多いです。

残業が続いたり、飲み会、会社でのストレスに耐えなければいけません。

最初に影響を受けるのは食生活かもしれません。

朝ご飯を抜いたり、昼食は忙しい合間に急いでラーメンをすすり、夜はお酒の付き合いというふうに食生活が乱れることが多くあります。

野菜不足は疲労の原因にもなります。

そんな忙しいビジネスマンに青汁がおすすめです。

粉末状のものや錠剤タイプやゼリー状の物までたくさん出ています。

仕事の移動中や食後にさっと青汁を飲むことができます。

特に青汁に含まれている「明日葉」は生命力が半端なく強く、収穫した後でも茎から芽を出して成長しようとします。

明日葉のβカロテンは、体の疲労を増す有害物質である活性酸素の発生を抑えて持久力を保ってくれます。

またビタミンAは視力維持の効果が期待でき、パソコン画面を長時間見る仕事をサポートしてくれます。

青汁をさっと飲んで、足りない栄養素を補うならバイタリティをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

ダイエット中の人にはどんなうれしい効果が期待できますか

青汁はダイエット中の人に特におすすめしたいと思います。

健康的に痩せるために青汁で栄養補給をすることができます。

青汁は低カロリーでビタミンやミネラルを多く含み、食事制限で不足しがちな栄養を補ってくれます。

また、食物繊維がどの野菜よりも豊富で、腸を整えてくれる働きがあります。

便秘解消が期待でき、下腹をスッキリさせることができてスタイルの改善に役立つかもしれません。

青汁を飲んでリバウンドすることはほとんどないでしょう。

さらに、ポリフェノールの効果でお肌のみずみずしさを保ち、アンチエイジング効果も期待できます。

高齢者はどんな効果を期待できますか

高齢者は若者に比べて、さまざまな病気にかかりやすいというリスクがあります。

日々、病気予防に注意を払っている人や、低予算で効果的な健康維持法を探している高齢者は青汁を毎日飲むことをおすすめします。

1杯の青汁によって、ほぼ1日に必要な緑黄色野菜の栄養をとることが可能です。

青汁の食物繊維は、体内に残った発がん性物質を排泄作用によって除去してくれる働きを期待できます。

また、血液をサラサラにしてくれますので脳卒中やコレステロール値の悪化を抑えてくれる働きを期待できます。

老化を少しでも遅らせて、いつまでもみずみずしい身体を保ちたいと思う方はぜひ青汁を飲んでみてください。

まとめ

家族みんなで青汁を飲んで生き生きと過ごしましょう。

青汁の材料は私たちの身近にある野菜で作られています。

まれにアレルギーなどの理由で体に合わない人がいるかもしれませんが、基本的には安全で副作用の心配はありません。

「無農薬」「有機栽培」の材料を使っているならさらに安心して飲めます。

いろいろなフルーツや、甘味料、牛乳などを加えておいしくアレンジしていただくのも楽しいでしょう。

栄養もさらに増し加わりますので、「我が家のスーパーフード」として毎日飲むことを日課にしましょう。

小さい子供からお年寄りまで、みんなに愛されている青汁、1日1杯飲んで健康維持に活用してください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁