青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

毎日作るのは面倒!青汁は作り置きしても大丈夫?

   

青汁は、粉で売っていることが多いものです。

ということは毎日ソレを飲むためには、毎日水に溶かしたりして飲まないとならないという事になります。

もちろんその手間は大した手間だとは言えないでしょう。

ただ水に溶かすだけで良いのですから。

でも、その手間すらも面倒なことがあります。

それで、出来れば作りおきしておきたいところです。

ですが、青汁は作り置きできるものなのでしょうか?

青汁は作り置きには向かない

結論から言うと、青汁は作り置きには向いていないと言えるでしょう。

だから予めたくさんの青汁の粉をたくさんの水で溶かして置くという方法は、まずできないと考えた方が良いでしょう。

面倒ではありますが、毎日それを飲むタイミングでしっかりと一回一回青汁をつくって飲むようにしてください。

でも、なぜ青汁は作り起きできないのでしょうか?

効果が弱くなるから

それは、簡単に言うと、青汁の効果が弱くなるからだと言えます。

せっかく苦い思いをして青汁を飲むのに効果が弱くなったら、それはすごく勿体ないです。

青汁を飲む目的の多くは、その健康効果などに期待をしてのことでしょう。

でも、こうして作り置きしてしまうせいでその効果が弱くなるのでしたら、そもそもなぜ青汁を飲むのかも分からなくなってしまいます。

それではまったく意味がありません。

入れ物が問題なわけではない

作り置きができないものというのは、もしかしたら入れものに問題があるのではないかと考える人も多いです。

たとえば、ペットボトルに作り置きするのはだめでも、ジップロックにならばいけるのではないかと考える人が多いのです。

しかし、当然ながらそういう問題ではありません。

ペットボトルは当然ですが、たとえジップロックであろうとなんであろうと、青汁は作り置きには向いていないのです。

そのため、結論、青汁を作り置きするのはあきらめた方が良いでしょう。

ビタミンが抜けていってしまう

でも、なぜ青汁を作り置きするとその効果が弱くなると言えるのでしょうか?

その秘密は、ビタミンにあります。

青汁にはいろいろなビタミン類が含まれていることでしょう。

そのビタミン類は、青汁をジュース状にした状態でしばらく放置すると次第に消えていってしまうのです。

青汁の健康効果や美肌効果の元となるのはやはりビタミンです。

そんなビタミンが消えていってしまうのですから、それはやはり青汁の効果が弱くなると言えるでしょう。

青汁を飲む目的がビタミンの摂取ではないと言うのであれば、確かにビタミンが抜けて行ってしまったとしても大したダメージにはならないでしょうが、ほとんどの場合で青汁を飲む目的はビタミンの摂取になるでしょう。

だから、作り置きして飲むことは良くないのです。

酵素も抜けていってしまう

青汁は野菜からできているものです。

そして野菜には、酵素があります。

実はそんな酵素も、時間とともに抜けていってしまうのです。

もちろん中には酵素が含まれていない青汁もあります。

だからそういう青汁を飲んでいる人にとっては、時間がたち酵素が抜けてしまうというのはあまり問題にはなりませんが、もし酵素入りの青汁を飲んでいる場合はやはり酵素が抜けてしまうというのは勿体ないでしょう。

栄養素を分解したりするのに役立つ

こうした酵素というのは、何に役に立つのかわからないという方もたくさんいるでしょう。

酵素というのは、一つの栄養素を分解して役立てる為にあるものだと言えます。

つまり、それがないと分解できない栄養素が合ったりするのです。

もし分解されたままだったら、それはいらないものとして代謝されてしまう可能性もあるでしょう。

だから酵素というのはすごく大切だと言えるのです。

それが抜けてしまうのがいかに良くないかは、なんとなくイメージがついたのではないでしょうか?

味も悪くなる

青汁を作りおきすると、そうしていろいろなものが抜けていってしまうというだけではなく、シンプルに味も悪くなる可能性が高いです。

作り置きして放置しておくと、だいたいどんなものでも風味が抜けていきます。

だからなんとも言えない苦みだけが残ったりして、ただでさえまずい青汁が更に飲みづらいものになるでしょう。

もしそうして青汁がさらに飲みづらいものになってしまったら、これから先青汁を飲み続けることが出来なくなるかもしれません。

いくら作りおきしてあっても、まずすぎてそれが飲めないのであれば、ますます作り置きした意味がなくなってしまいます。

作り置きしても良いことはない

栄養素も抜けていき、青汁の効果が弱くなり、さらには青汁の味まで悪くなるのですから、青汁を作り置きしておくメリットはまずないと言えるでしょう。

素早く飲めるようになるということくらいでしょう。

それも別にほんの少しの差となるはずです。

なぜなら作り置きしていても、そのまま飲めるわけではないからです。

粉を溶かした飲み物を置いておくと、次にソレを飲む時には分離している可能性が高いです。

ということはつまり、飲む前に結局かきまぜたりしないとならなくなるのです。

どうせソレをしないとならないのであれば、作り置きしておくメリットはますますなくなると言えるでしょう。

どのくらいまでなら平気か?

ただそれでもどうしても作り置きしておかないとならないこともあるかもしれません。

たとえば、旅行の時などです。

旅行ではどこで水が手に入るかわからないこともあるでしょう。

だったら先に溶かして持っていた方が安全です。

だから作り置きしないとならなくなりますが、そういう場合には青汁はいつまでも持つのでしょうか?

いくらビタミンや酵素、風味が抜けてしまうとはいっても、作って数時間で全て抜けてしまうという事はないでしょう。

ですから、しばらくはもつはずです。

そのリミットはどのくらいなのでしょうか?

一日くらいなら平気

そんな青汁のリミットは、だいたい1日くらいだと言えます。

だから、もし青汁を作って持って行かないとならないことがあったとしたら、当日の朝などにつくって次の日の朝に飲むか、或いは前日のうちに作って次の日のうちに飲むようにしておくと良いでしょう。

ただ当たり前の話ではありますが、24時間たったころから一気に抜けるとかそういうことではありません。

抜けていくのに関しては、青汁を作った瞬間から徐々に抜けていると言えるでしょう。

なので、一日位は持つとはいっても、一日たっていないから完全な状態であるという事ではないのです。

徐々に抜けていってしまうのですから、一日だけ作り置きするとしても、出来れば少しでも早く青汁を飲んでしまうことをおすすめします。

少しでも早く飲んでいけば、損失する栄養素なども少なくすることが出来るでしょうから。

粉ごと持って行くのが無難

そういうことがあるので、やはりどうしても青汁を作り置きして持って行かないとならないにしても、出来れば粉だけで持って行くのが無難だと言えるでしょう。

まったく水分が無いということはないでしょうから、粉だけ持って行けば最悪青汁は作れるはずです。

なにかのジュースなどと混ぜることになるかもしれませんが、抜けてしまった青汁を飲むよりは、その方がましです。

まとめ

青汁は、作り置きには向かないという事は間違いありません。

だから、作り置きするという考えは、基本的には捨てた方が良いでしょう。

しっかり毎日溶かして、それから飲むようにしてください。

確かにそれは手間ですが、どんな食材だって多くの場合でビニールなどをはがして下処理をして調理するのですから、それを考えるとたいした手間ではないはずです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁