青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

現代の日本人はどうして青汁を飲まなければいけないの?

   

なぜこんなに効くのか、あなたの超優良ガードマン大麦若葉の大活躍!!―ここまで凄い“ベジ繊維”パワー!

現代の日本人。

高度経済成長を過ぎたあたりから、食べるものがひどくなってきました。

そのため、若い世代になればなるほど栄養状態が悪くなっています。

しっかりと栄養を取らなければいけないのですが、それも忙しい毎日ではなかなかできないことです。

そこでサポートになってくれる青汁。

現代の日本人には必要なものですが、どうして必要不可欠なものといえるのでしょうか。

その理由を確認してみます。

圧倒的に足りない食物繊維

食物繊維、という言葉を聞いたことがあるでしょう。

野菜に含まれている、消化しにくい細胞の一つです。

これを1日に20g取ることが健康の秘訣だといわれています。

しかし20gの食物繊維をとるというのは至難の業だともいわれます。

レタスに換算すれば8玉も。

サツマイモに換算すると6本も食べなければいけません。

これだけ大量の食物繊維を食べるのも大変です。

こんなに食物繊維が毎日取れるわけがありませんよね。

だから青汁なのです。

青汁ならコップ一杯の水に溶かすだけで、1日に必要な食物繊維をとることができてしまいます。

これなら毎日続けられるし、手軽に食物繊維を吸収することができます。

毎日忙しくても、必要な栄養分を手軽に取りたい。

その大きなサポートに、青汁は役に立ってくれるのです。

野菜ジュースを飲んだらいいんじゃないの

「食物繊維を取るには、わざわざ青汁なんて飲まなくてもいいんじゃないの」このような疑問も湧くでしょう。

結論は残念ながらNOです。

野菜ジュースを飲んでも、実は健康にはあまりよくありません。

というも、野菜ジュースの多くは果汁であり、健康にはあまりよくありません。

野菜本体を食べなければ、栄養は手に入りません。

野菜ジュースおなかには、食物繊維がほとんど含まれておらず、むしろ余計な塩分や糖分を摂り過ぎてしまうのです。

これだから大企業というものは信用ならないのです。

利益を追求することばかりに気を取られて、肝心要の栄養成分が含まれていないのです。

むしろ毎日野菜ジュースを飲むことによって、体が悪くなるケースもあります。

体に悪い食品添加物もたっぷり含まれていることがあります。

ビタミンCと称して防腐剤を入れてあることもあります。

このような薬品ばかり集まっている野菜ジュースを飲んで、健康な体になれるわけがありませんよね。

市販されている野菜ジュースをむやみに崇拝せず、栄養成分や食物繊維のたっぷり含まれた青汁を飲むことをおすすめします。

ヨーグルトじゃだめなの

「健康になろうと思ったら、ヨーグルトを食べればいいんじゃない」と思う人もいるでしょう。

病気が治るなど、過大に評価されているのはヨーグルト。

腸まで届く細菌というのはそんなにありません。

そしてヨーグルトの中に含まれている健康に細菌も、一つの細菌だけでは意味がありません一つのヨーグルトには、培養された一つの細菌しか含まれておらず、これ一つで体調が良くなるということはありえません。

補助的に、楽しむためにヨーグルトを食べるならいいでしょう。

しかし、青汁に比べて栄養分も少なく、これだけで健康になろうと思うのは間違いのもとです。

ちまたにあふれるヨーグルトを食べていれば健康になれるという思い込みや、過剰な宣伝をうのみにしないようにしましょうね。

ごぼうを食べたらいいんじゃない

青汁なんか飲まなくてもごぼうを食べているから、健康的には問題ない。

このように考えている人もいるでしょう。

しかし、ごぼうだけで健康になることはできません。

というのも食物繊維には2種類あり、水溶性と不溶性の2種類があるのです。

御坊に含まれている食物繊維は不溶性で水に溶けません。

そのためおなかが膨らんでしまって、膨満感やひどい場合には逆に便秘になってしまうというわけです。

これを解決するコツは、水溶性と不溶性の食物繊維を1:2のバランスで取ることです。

何事もバランスよく取らなければいけません。

酵母なければ水溶性の食物繊維をとることができず、不溶性の食物繊維に偏ってしまいます。

今ならないためにもやはり青汁というものが私たちに必要なのです。

青汁は腸をキレイにしてくれる

青汁は注目されるのは、腸をキレイにしてくれる効果が期待できるからです。

最近の日本人は特に便秘が多いです。

それはなぜかというと食物繊維をとっていないから。

野菜類を食べていないからです。

腸の中に便がたまってしまうと大変なことになります。

胃の中で消化された栄養成分を腸の中で吸収できなくなってしまいます。

そのため、栄養失調を起こしてしまうこともあります。

その結果、さまざまな症状が出てきます。

頭痛や肩こりなどもその一つです。

それがひどくなると病院でも治せないような難病になってしまうことも。

私たちは、食物繊維をたっぷり取らなければいけないのです。

腸の中に便が残るような食生活をしてはならないのです。

そのためにも、腸をキレイにする期待が持てる青汁はやはりおすすめなのです。

便秘を治すのに薬はよくない

テレビのコマーシャルを見てみても、医薬品の宣伝ばかりですよね。

おなかに便が溜まってしまうなら、便秘薬を飲んだらいいんじゃない。

このように安直に考えてしまう人がいます。

これはよくありません。

普段から便秘薬を使うことによって、体が便秘薬に慣れてしまいます。

そのためいくら便秘薬を飲んでも、便が排出されない体になってしまうのです。

だから薬に頼ってはいけないのです。

まともに考えましょう。

食物繊維をたっぷり取れる食事をしていれば、便秘に苦しむことなどないのです。

だから青汁のサポートが必要なわけです。

食生活の乱れやすい私たちの生活だからこそ、青汁のサポートは見逃せないところだといえるでしょう。

腸なんて勝手にキレイになるんじゃないの

おなかに便がたまったら勝手にキレイになってくれるんじゃないの。

溜まった便なんて、勝手に排出されるでしょ。

確かにそのような側面もありますが、腸に溜まった便は植毛線を取らなければ出にくくなります。

それをほうっておくと腸閉塞で苦しむようになったり、さまざまな病気を引き起こす可能性も指摘されています。

血液の質が悪くなったり、ひどい人になると心筋梗塞になってしまう場合があります。

心筋梗塞を起こすということは、死亡リスクも劇的に高くなるということ。

怖くはありませんか。

健康は当たり前に手に入るものではありません。

何の努力もしないのに、健康が手に入ると考えるのは傲慢そのものです。

普段からちゃんとした食生活。

たっぷりの食物繊維を食べなければ実現することなどできないのです。

最近の野菜も

そして食物栄養摂取しようと思ったら、野菜を食べることが手っ取り早いのですが、その野菜にも問題があります。

最近の野菜は、化学肥料を大量に使っているので、栄養分が少なくなっています。

その点、自然栽培をしたものだけを使った青汁なら、このようなことはありません。

栄養成分をたっぷりと吸収することができるのでおすすめです。

野菜をたくさん食べていれば問題ない。

こんな態度にも疑問が呈されているわけです。

まとめ

怖いですよね。

食物繊維を取らなければ、健康を害するリスクは劇的に高まります。

だからこそ青汁のサポートで、食物繊維や、その他栄養成分を摂取しておかなければいけないのです。

市販されている野菜ジュースや、野菜だけでは足りないとまで言われています。

これだけ栄養や食物繊維を取りにくくなってしまった日本社会で強く生きるために、青汁が大きく手助けしてくれることは間違いありません。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁