青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

病気になりたくない人の生活のポイントと青汁の役割って?

   

自然健康社 八丈島産・明日葉青汁粉末 100g アルミ袋入り

毎日の生活が乱れていれば、病気になってしまうのは当たり前です。

お医者さんは神様ではありません。

病気になってから、お金を払って医者の力で、病気を治してくれと言っても、それは無理な注文です。

毎日の生活習慣を適切なものにすることによって、病気になるリスクは大きく減らせます。

そして、その大きなサポートになってくれる青汁の存在を忘れないでください。

体を冷やさないこと

病気になりたくないのなら体を冷やさないことが重要です。

体を温める食べ物を食べましょう。

最近では低体温症という人も増えてきました。

平常時では体温が35度台の人も増えています。

健康な人の体温は36度以上あります。

体温が低いと病気になる確率も上がってきます。

普段から食べ物に気をつけて、体温を上げましょう。

栄養のないものばかり食べていると、体温が上がりません。

そして、いろいろな病気にかかりやすく、体も弱くなってしまいます。

体温が低くなった結果

体温が低くなってしまうと、体の働き全体が悪くなります。

血流が悪くなり、腸の働きも悪くなってしまいます。

老廃物を出すことができず、体の中にため込むようになってしまいます。

このような老廃物が体の中にたまっていると、病気の原因ともなります。

しかも、病院の薬や、ドクターの手術で治ることもありません。

毎日の食事でしっかり栄養をとり、規則正しい排便をしなければ、老廃物がたまる一方です。

青汁を使って老廃物を排出しましょう。

食物繊維がたっぷり含まれている青汁なら、腸の中もきれいになる期待が持てるのでおすすめです。

体を冷やさないためには自律神経の働きも、適切にする必要があります。

夏は冷房にかかって冷やさないようにしましょう。

男性も女性のほうが体温が低くなる傾向が強いので、夏場でもおなかを冷やさないようにしましょう。

和食をとること

現代の日本人の食生活はひどいものです。

ジャンクフードやファストフード、手づくりの料理といっても肉ばかり。

ハンバーグやオムライスなど、このようなものばかり食べているわけにはいきません。

こんなものを食べていれば大人でも子供でも間違いなく体は悪くなります。

日本では昔から和食です。

いい加減、ヨーロッパやアメリカの文化を捨てるときがやってきました。

日本人は昔から和食を食べていたので、その生活が遺伝子に刻み込まれています。

ヨーロッパやアメリカの食生活をマネしても、病気のリスクは高いままです。

和食のいいところは明らかになってきた

一方で、和食のいいところは、栄養たっぷりなところ。

基本的なメニューはご飯にみそ汁、漬物、納豆です。

大変シンプルかもしれませんが、栄養たっぷりです。

野菜には食物繊維が豊富に含まれています。

納豆は大豆製品でタンパク質も豊富です。

動物性の食品が含まれていないので、体にも優しく、便秘になりにくいです。

栄養のことを考えるなら、白米よりも玄米の方がいいでしょう。

玄米には、さまざまな栄養成分がぎっしりと含まれています。

どうせ食べるのなら、玄米のほうが間違いなく体にやさしいでしょう。

必要なカロリーは、このシンプルな和食で取れてしまいます。

それに加えて青汁を飲んで、食物繊維をさらに摂取してみてください。

栄養バランスはばっちりです。

健康になりたいなら和食がおすすめです。

アメリカやヨーロッパに答えはありません。

私たちの住んでいる日本に目を向けることが大切なのです。

薬は毒

病院に行って山ほど薬を飲んでいる人。

人間の体に薬は必要ないのです。

頭が痛いから頭痛薬、血圧が高いから降圧剤、便秘をしているから便秘薬。

このような薬を飲んでいれば、間違いなく体がだめになります。

これらの薬は無理やり体の調子を変えてしまうので、一時的に症状が良くなったと思っても、あっという間に体調が悪くなってしまいます。

このような薬を使うのに慣れてしまうと大変です。

頭痛になったら薬を飲まなければ治らなくなってしまったり、便を出すのに、薬は飲まなければ出せないという弊害すら出てきます。

これでは意味がありません。

薬というものにあまり頼らないようにしましょう。

お金で健康が買えるわけではないからです。

過度に医療というものを信用しないで、毎日の生活を整えることが重要なのです。

青汁が役に立つ

青汁には食物繊維が含まれています。

普段から野菜をたくさん食べていると、腸の調子はよくなります。

毎朝、頑張らなくても便が出ます。

お尻から血が出ることもありません。

するっとした感じで出て、しかも、バナナのような形をしている健全な便が出ます。

青汁を飲んだり、野菜を食べることによって、毎朝、苦しむこともなくなるのです。

そして便も毎日のように出てくれます。

これも食物繊維をとっているからです。

食物繊維をしっかりとることによって、便が固まりにくくなります。

お通じを楽に出すことができます。

青汁なら食物繊維がたっぷり含まれています。

毎日のお通じが楽になって、快適な生活が送れるでしょうそして、腸の中に便がたまりにくい体になると、血行もよくなり体調が良くなってきます。

普段の生活へ病気になりたくないのなら、腸をきれいにすることです。

腸を快調に保つためのサポートになってくれるのが青汁なのです。

こんな悪い便が出ている人は注意

あなたは便をよく見ていますか。

汚いからあまり見ていない。

自動的にトイレで流れてしまう。

これはよくありません。

便の状態を見ることによって、その人の体調がいいか悪いのかを判定することができるのです。

自分の出した便くらいしっかり確認しましょう。

それが健康への第一歩です。

そのポイントを確認してみましょう。

悪い便の特徴は、

●カチカチで出ない
●ゆるい
●コロコロしている
●臭い

このようなものが悪い便の特徴です。

状態のいい便の特徴を見てみます。

●力まないでスルスル出る
●バナナの形をしている
●たくさん出る
●臭くない

このようなものが良好な便の特徴です。

普段から野菜を食べている人は、食物繊維を豊富にとっているので、上に説明したいい状態の便が出ます。

青汁を飲むことによって、食物繊維がたっぷり取れます。

その結果、良い状態の便が出るようになります。

食生活が乱れていると、悪い状態の便になります。

そのうち体調が悪くなってきて、病院に担ぎ込まれる可能性だって高まるのです。

便の様子をよく見ましょう。

そして自分の体調がいいのかどうかを判定できるようにしましょう。

便は汚いから見ないほうがいいなんて思わないでください。

大切な健康のバロメーターなのです。

青汁の期待できる効果

上に説明した通り青汁には食物繊維がたっぷりと含まれています。

そのおかげで便秘の改善が期待できます。

その栄養成分の多さから、腸内環境が劇的に改善します。

よくなった証拠として便の量が多くなるということ。

便の量が少ないのは体によくありません。

便はたくさん出たほうがいいのです。

青汁を飲むことによって、便の量が増えます。

そして便の回数も増えます。

これも食物繊維を取っているからです。

便の量や回数ともに増えてくれるので、老廃物をたくさん出しているということ。

排便の後もすっきり感が味わえるので、毎日を気持ちよく過ごせるようになるでしょう。

まとめ

毎日の生活習慣がどれほど大切なのかお分かりいただけたでしょうか。

病院に担ぎ込まれた時点ではもう遅いです。

その前から勝負は始まっています。

上に紹介した通り、和食を食べること、体を冷やさないこと、薬に頼らないこと、そのサポートになってくれる青汁をとること。

毎日の生活で、たっぷり栄養を取ってください。

そうすれば病気になる確率も劇的に下がり、周りの人に迷惑をかけない生活ができるでしょう。

何事も毎日の努力が大切だということです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁