青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

薄毛の悩みを解消しよう!青汁に秘められた育毛効果とは?

   

ケール粉末100%青汁 3g*22パック

世の中には抜け毛や薄毛に悩んでいる人が多くいます。

その原因は様々で、改善する方法も色々あります。

そんな中でおすすめしたい方法が、青汁を飲むことです。

バランスよく栄養を補える青汁を飲むことによって、育毛や発毛を促進させることができます。

そのため、薄毛に悩んでいる人は青汁を飲むと良いでしょう。

それでは、そんな嬉しい効果のある青汁の育毛効果について紹介していきます。

薄毛になる前兆

誰でも髪の毛は抜けるものですが、抜ける量が多くなったり、髪の毛が細くなったりすると、それは薄毛になる前兆になります。

そしてそのことは、何かしらが原因となって、薄毛を促進させています。

そのため、原因となっていることを改善することが薄毛の改善へと繋がっていきます。

人間の髪の毛は、抜けたり、発毛したり、成長したりする毛周期のサイクルを繰り返すことによって、通常の髪の毛の量や太さを維持することができます。

ですが、抜け毛のみが促進されてしまうと薄毛になってしまいます。

日々の生活習慣が薄毛の原因に

発毛や育毛の機能が正常に働いていれば、髪の毛が抜けてもまた生えてきますが、薄毛になってしまう人は、発毛や育毛する機能が低下しているので薄毛になってしまいます。

その機能の低下の原因の一つは老化になります。

しかし、原因はそれだけではなく、食生活やストレスなど日々の生活習慣も大きく関わってきます。

ダイエットなどで食事の制限をしていると、栄養不足になりやすいものです。

髪の毛は栄養によって作られるので、栄養が不足すると発毛や育毛が促進されません。

そのため、薄毛になってしまいます。

そして、ストレスを感じると交感神経が刺激されてしまい、血管が収縮し、血行が悪くなります。

血液は栄養や酸素を運ぶ働きがあるので、血行が悪くなってしまうと頭皮に栄養が届きにくくなり、薄毛へと繋がってしまうのです。

また、睡眠不足も髪の毛に良くなく、睡眠が足りてないと薄毛になりやすくなります。

睡眠中は、体を修復して回復させるために成長ホルモンが多く分泌されます。

そのことは髪の毛も関係しており、睡眠をとることによって髪の毛を成長させることができます。

したがって、発毛や育毛を促すためにはしっかりと睡眠をとることも必要になります。

薄毛を予防するには育毛に効果的な栄養を摂ること

発毛や育毛を促すには、バランスの良い栄養を摂ることが基本となります。

そのため、タンパク質やビタミンやミネラルをしっかり摂ることが大切になります。

特にタンパク質は、髪の毛を構成するのに重要な栄養素となっており、タンパク質が不足すると発毛や育毛に影響してしまいます。

そのタンパク質には動物性のものと植物性のものがあり、大豆などの植物性タンパク質のほうが育毛に効果的といわれています動物性のタンパク質は、植物性タンパク質よりも脂質が多く含まれています。

そのため、大豆などの植物性タンパク質は良質なタンパク質といわれています。

脂質は育毛に悪影響を及ぼす可能性があるので、育毛のためにタンパク質を摂るなら植物性の方が良いでしょう。

青汁に含まれている栄養素は薄毛予防に効果的

青汁には育毛に効果的なタンパク質やビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

その栄養素の亜鉛やビタミンは血行を良くする効果があるので、発毛や育毛をサポートすることができます。

そして、水溶性と不溶性の植物繊維がバランスよく含まれているので、デトックス効果を高めることができます。

デトックス効果が高まるということは、新陳代謝が上がることに繋がるので、育毛に効果的です。

しかし、青汁に含まれているタンパク質だけでは、十分なタンパク質を摂ることができません。

そのため、他の食べ物でしっかり摂り、青汁を豆乳で作ることによって、足りないタンパク質をカバーすることができます。

青汁といっても原料にしている野菜は、青汁の種類によって異なってきますが、青汁によく使用されているケールという野菜は薄毛に対して特に効果的です。

このケールは、他の原料の大麦若葉や明日葉などと比べるとタンパク質が豊富に含まれています。

そのため、ケールを使用している青汁が薄毛を予防、改善するのにおすすめの青汁となります。

育毛と睡眠の関係

睡眠中に髪の毛は成長する

青汁には育毛に効果的な栄養素が豊富に含まれていることを先程説明しましたが、青汁には寝つきを良くる効果もあります。

育毛と睡眠には深い関係があり、睡眠をしっかりとることは育毛に繋がります。

人間は睡眠中に体の疲れをとったり、修復させたり、成長させるために成長ホルモンが多く分泌されます。

その働きに髪の毛の成長も含まれています。

一般的に、22時~2時までの時間帯に成長ホルモンが多く分泌されるといわれており、この時間帯に眠ることによって、効率良く体の成長などを促すことができます。

そのため、薄毛を予防、改善したい人は、遅くても24時には寝るようにすることが大切です。

育毛には質の良い睡眠が必要

眠ることは髪の毛の成長に大きく関わりますが、ただ眠るだけでは髪の毛の成長を効率良く促すことはできません。

睡眠は質が重要で、睡眠の質が悪いと育毛効果は薄れてしまいます。

そのため、質の良い睡眠をとることが必要ですが、質の良い睡眠をとるには睡眠の環境を良くしたり、規則正しい生活を送ったりすることが大切になります。

また、青汁を飲むことによって寝つきを良くすることができます。

青汁の原料のケールにはメラトニンが多く含まれている

ほとんどの青汁に含まれているケールには、メラトニンという睡眠ホルモンが多く含まれています。

そのメラトニンは、副交感神経を優位にする働きがあり、体温や血圧や脈拍が低下し、寝つきを良くすることができます。

メラトニンは、基本昼などの明るい時間にはあまり分泌されず、夜が近づくにつれて徐々に分泌されていきます。

その分泌量は、体内時計が調整しており、眠る時間に眠りやすくするように働きます。

そのため、不規則な生活を送っている人は体内時計が狂っているので、寝つきが悪くなります。

また、メラトニンという睡眠ホルモンは、歳を重ねるに従って減っていきます。

ほとんどの年寄りが朝早く起きることは、そのメラトニンが影響しているためです。

そのことは、メラトニンの分泌量が少ないことから目が覚めやすいといえます。

良質な睡眠をとるにはケールの青汁がおすすめ

良質な睡眠を促す睡眠ホルモンのメラトニンは、青汁の原料に使用されているケールに多く含まれており、青汁の飲むことによって寝つきを良くすることができます。

そのため、ケールが含まれている青汁を飲むことが、質の良い睡眠を促し、育毛を促進させます。

ケール以外にも、オート麦・お米・トウモロコシ・ショウガ・カイワレ大根・トマト・バナナ・キャベツなどにメラトニンは含まれていますが、メラトニンの含有量はケールが飛び抜けています。

そして、先程説明したケール以外の食べ物にはメラトニンが少ししか含まれていません。

そのため、メラトニンを摂るにはケールが最適となるわけです。

まとめ

以上、紹介してきたように、青汁にはバランスよく栄養が含まれていることから、育毛に効果的な飲み物になります。

そして、寝つきを良くする作用もあるので、質の良い睡眠をとりやすくなります。

睡眠は発毛や育毛を促進させるには欠かせないことなので、青汁を飲んで良質の睡眠をとりましょう。

また、青汁には育毛だけでなく美容や健康効果もあるので、青汁を飲むことを習慣づけることをおすすめします。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁