青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁がダイエットに効果があるって本当なの?

      2017/03/24

screenshot_6

青汁は健康に良い飲み物であるというのは有名ですが、一方でダイエットにも効果があるというのを知っている人はどのくらいいるのでしょうか。

青汁に使用されるケールや大麦若葉などに含まれている成分には、実はダイエット効果が期待できるのです。

今回は、青汁を使ったダイエットのメカニズムとダイエットにおすすめの飲み方をご紹介いたします。

青汁に含まれている成分

市販で売られている青汁には主にケールや大麦若葉や明日葉などの緑黄色野菜が使用されています。

これらに共通していることは、「食物繊維」「ビタミンC」「βーカロテン」「カルシウム」「ミネラル」など普段の食生活では不足しがちな栄養素が豊富に詰まっているところと言えます。

また、SOD酵素といった抗酸化物質も含まれており、血液の流れを促進し、高血圧や動脈硬化や脳梗塞を良くせうする働きがあると言われています。

その他にもビタミンB、鉄分、カリウムなど挙げればきりがないほど、いくつもの貴重な栄養素を含む食物を組み合わせて作られている非常にバランスの良い飲み物と言えます。

青汁がダイエットに効果がある理由

青汁にダイエット効果があるのは本当です。

というのも、肥満の人の原因は「脂質過多」「糖分過多」「炭水化物過多」など体の中に中性脂肪を作り出しやすい傾向のある食事内容を継続することで起こる肥満が原因と言えます。

また、このような食事をしている人に限って、サラダを食べることが少なく食物繊維の摂取量は著しく低い場合があります。

このような原因で肥満になっている場合、明らかに肥満の原因は中性脂肪の過剰によるものですので、体の外へと体内に蓄積された中性脂肪を排出する必要があります。

青汁に含まれているケールや大麦若葉には、豊富な食物繊維が含まれており、食物繊維の効果により腸内環境を改善し体の内部に滞った中性脂肪を取り除き体の外へと排出してくれる役割があります。

また、体内に不要な中性脂肪や老廃物はそのまま体の中にとどまることで体調不良や体臭の悪化、肌の血色が悪くなったり髪の毛やお肌のツヤを損なうことがありますので、できる限り排出する方が好ましいと言えます。

要するに、中性脂肪を取り除く効果が期待出来る青汁にはダイエット効果が期待出来ると言えます。

食物繊維以外にも、ビタミンBを含む青汁においては、摂取した食物に含まれる糖質、たんぱく質、脂質を体内合成による中性脂肪の生成を抑制する働きがあるため、肥満を予防できると言われています。

やはり健康に良い栄養成分を多く含んでいることはダイエットと直結するということがいえそうです。

青汁を飲むポイント

青汁を飲むポイントは、時間帯にあります。

正直なところ青汁は苦くて緑黄色野菜の味や匂いがきつく出ていることから、好んで飲むという方はごく一部と言えます。

無理して我慢して飲んでいる場合、どうせ飲むなら少しでも効果が高くなる方法を取り入れたくなるものです。

実は、青汁を含めて栄養価の高いものをより効果を高めてくれる時間帯というものがあります。

それは、朝です。

朝は起床して位置に必要なエネルギーを補給するタイミングになりますので、1日3食の中で最もエネルギー吸収効率の高い食事となります。

そのため、朝ごはんに青汁を選択することは合理的と言えます。

逆に効率的でない時間帯というのは夜になります。

夜は1日の活動が終了し、あとは寝るだけになりますのでそれほど栄養補給を必要としないため、夜に過剰な栄養を摂取すると栄養を吸収されることなく排出されたり体内に蓄積されて中性脂肪に変化する場合があります。

このようなことがあり、炭水化物抜きダイエットなど夜は控えた食事がダイエットにつながると言われている由縁となります。

青汁の1日の適量

青汁を飲む場合、1日の的要領が気になりますよね。

健康に良いと言われているものを意識的に飲むことは良いのですが飲み過ぎは何事もよくありません。

では青汁の適量はどの程度なんでしょうか。

1日の必要摂取カロリーなどから総合的に判断すると1日コップ1杯から3杯がおすすめです。

ただここで注意が必要なのは、回数が重要というわけではありません。

出来ることならば効果を高めたいので、一気に3杯飲みたいところですが1日1杯という具合で分散して飲むことで毎食、青汁の栄養分を体に取り入れることができ体内環境は良い状態を維持することができます。

一気に多量に飲んだからといって体に吸収できる時間というものがありますので、吸収されずにそのまま排出されたらもったいないので、3回飲む場合は小分けにしましょう。

また、1回だけという場合は、先ほどもお伝えしたように吸収効率の良い朝から午前中に飲むと良いと言えます。

青汁ダイエットの注意事項

青汁ダイエットの良い効果はたくさんあるのですが、一方で副作用があります。

それは、食物繊維を摂り過ぎてしまうことでお腹がゆるくなり下痢を引き起こす場合があります。

また、様々な緑黄色野菜がブレンドされているのですが栄養分が高いがゆえにアレルギー症状を引き起こす場合があります。

ヨモギなど栄養価が高いですがアレルギーを持っている方もおられますので、必ずアレルギーがきになる方は医師に事前に相談の上利用されると良いでしょう。

食物と一緒で何かしらすでにアレルギー症状を持っている方はできる限り青汁を飲む前には原材料を確認し、医師に相談すると良いでしょう。

青汁ダイエットの効果を高める時間

青汁ダイエットの効果を高める時間帯があります。

それは、食間や食後に青汁を飲むことです。

空きっ腹に青汁を飲むと胃酸が分泌され胃酸の結果ビタミンが破壊されてしまう場合があります。

そのため、何か物を食べてから青汁を飲む方が栄養成分をより効率よく吸収することができるのでおすすめです。

青汁と食べ合わせの良いもの

青汁と食べ合わせの良いものは、肉料理や魚量です。

お肉には脂質が必ずありますので、青汁を飲むことで本来であれば脂質の影響により中性脂肪が生成されていたところを青汁の食物繊維やビタミンCの影響により中性脂肪のs衛星を抑えることができます。

そのため、お肉を食べても太りづらい体をつくりあげることができます。

また、魚には、中性脂肪を分解する働きがあるため、青汁の持つ効能と相まってより多くの中性脂肪を分解することが期待できます。

青汁のリバウンドの可能性

青汁ダイエットの最も良いところはストレスがなくリバウンドの可能性が極めて低いことと言えます。

多くのダイエットは何かを我慢する場合が多いように思います。

そして、我慢の限界が来た時には暴飲暴食をしてしまい、結果としてリバウンドを引き起こすのです。

しかし、青汁ダイエットはたった1杯の青汁を飲むだけですので他のダイエットに比べると我慢は短いと言えます。

また、継続することで体調が良くなり身体が順応するので苦痛も徐々になkなっていきます。

そのため、継続して行えば行うほどリバウンドの心配なくダイエットを成功させることができます。

まとめ

青汁には、ダイエット効果が期待出来るのは青汁に使用されている様々な緑黄色野菜のおかげだと言えます。

体に必要なミネラル、ビタミンB、ビタミンCなど1日の食事で不足した栄養素をたった1杯の飲み物で埋め合わせをすることができますので、食事がコンビニや外食で済ませてしまった場合には、体のために青汁を飲むという撮り方もおすすめです。

ダイエット効果だけでなく健康維持にも青汁はおすすめです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁