青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁が体に合わない人もいる?気をつけたい青汁の副作用や注意点

   

ヤクルト 青汁のめぐり 225g(7.5g×30袋)

青汁には数々の健康メリットがあることはすでにご存じでしょう。

青汁は基本的に野菜が原料なので、万人に健康をもたらし副作用は無いと思われています。

しかし青汁は副作用が起きることがあり、青汁が体に合わない人がいるのは事実です。

乳児や子供に与えても良いのかということも考えなければなりません。

青汁を飲んだときに起こりうる副作用や、青汁を飲むときの注意点をご紹介します。

1歳未満の乳児には与えない方が良い

離乳が完全に終わらない1歳未満の乳児には青汁を与えるのは控えた方が良いでしょう。

乳児は消化器官が未発達なので、繊維質が多い青汁を飲むと下痢を起こすことがあります。

また青汁は栄養分が濃いので、体が小さい乳児が摂ると体に影響を与えることがあります。

野菜には硝酸塩が含まれていて、乳児が摂ると赤血球と結びついて酸欠を起こす「メトヘモグロビン血症」の原因になることがあります。

この疾患になると乳児はチアノーゼを起こして重篤な場合は死に至ることもあります。

特に3か月までの乳児には青汁も野菜ジュースも与えてはいけません。

またハチミツにはボツリヌス菌が混入している場合があり、乳児はほんの微量でも体調を崩す恐れがあるので、ハチミツ入りの青汁は控えた方が良いでしょう。

子供に青汁を与えるときの注意

最近は子供でも飲みやすい子供用青汁ができています。

野菜嫌いの子供、便秘がちの子供、また免疫力アップを図りたい場合などに子供に青汁を飲ませるのは問題ありません。

しかし青汁だけに依存して「青汁を飲んでいるのだから野菜を食べなくても良い」というふうになると問題です。

子供の頃からきちんと噛んで食べる野菜そのものの味わいを覚えさせないと、咀嚼能力が衰える上に将来の食べ物の好みに影響してきます。

青汁は子供に「野菜はおいしい」と思わせる導入として利用して、青汁を飲みながら野菜の話をして野菜に関心を向けさせることが大切です。

また子供用の青汁は飲みやすいように果汁などで味付けをしてありますが、果汁には糖分が含まれているので過剰摂取にならないように気を付けましょう。

大人の青汁には緑茶などのカフェインが含まれているものもあるので子供には与えない方が良いでしょう。

また大人用の青汁は飲みにくいものもあるので、子供に与えると野菜嫌いになることがあるので気をつけましょう。

下痢、腹痛

青汁で下痢や腹痛を起こす人がたまにいます。

青汁は植物繊維が多いために、腸を刺激して蠕動運動が起きます。

こうした効果によって便秘を解消するのですが、体質によっては蠕動運動が過剰になって下痢や腹痛を起こすことがあります。

青汁の適量は人によって違うので飲む量を減らすか、青汁の種類を変えるか、それでも改善されないようなら飲むのをやめましょう。

便秘

青汁は便秘に効くはずですが、青汁を飲むとかえって便秘になる場合があります。

便秘は植物繊維が不足すると起こりますが、植物繊維が多すぎても起こることがあります。

植物繊維を多くとると便量が増えて腸の蠕動運動が高まり押し出す力が出るというのが植物繊維による便秘解消の原理ですが、高齢者など腸の力が弱っている人の場合、便量が増えても蠕動運動が起きずにかえって詰まってしまうことがあります。

植物繊維は不溶性と水溶性があり、不溶性の植物繊維を摂りすぎると詰まる原因になります。

不溶性はキャベツその他の葉菜、玄米、豆類などに多く、青汁の原料の野菜は不溶性植物繊維を多く含んでいます。

水溶性の植物繊維は海藻類、大麦に多く、納豆、芋類、プルーン、キウイなどにも含まれています。

もし青汁で便秘になるようなら、飲む量を減らすか、水溶性の繊維を多く含むものに変えるか、水溶性の繊維を含む食べ物と組み合わせて摂るようにしましょう。

食欲不振

青汁によっては食欲不振を引き起こすことがあります。

飲みにくくてまずい青汁を無理に飲み続けると食欲不振になって、かえって栄養が摂れなくなります。

また青汁は植物繊維が多いので、胃腸が弱っている時には胃腸の負担になって食欲が落ちることがあります。

青汁を飲んで食欲が落ちたり、合わないと感じたり、まずくて飲むのが苦痛だと思われたら飲むのをやめた方が良いでしょう。

脂溶性ビタミン摂取過剰

ビタミンは水溶性のものと脂溶性のものがあります。

ビタミンBやCは水溶性で、過剰摂取をしてもすみやかに体外に排出されます。

しかし脂溶性のビタミンA、D、Eは過剰摂取をすると脂肪と結びつくのでなかなか体外に排出されず体内に溜まっていきます。

その結果、食欲不振、倦怠、頭痛、湿疹などの症状が出ることがあります。

これらの栄養素を多く含む青汁は過剰摂取に気を付けましょう。

血栓症の治療を阻害する

ビタミンの中でビタミンK は、血液を固まらせる働きがあります。

血栓症の治療のために「ワーファリン」という薬を飲んでいる人は青汁を飲んではいけません。

ほとんどの青汁はビタミンK を多く含んでいて、ワーファリンの効果を失わせるからです。

どうしても青汁を飲みたいという人は医師に相談しましょう。

腎臓が弱い人には向かない

ほとんどの青汁はカリウムを多く含んでいます。

カリウムは体の水分のバランスを取る大切なミネラルです。

しかし過剰摂取をすると腎臓に負担をかけて、体内にカリウムが溜まってしまう「高カリウム血症」を起こすことがあります。

体のしびれ、不整脈、筋力低下、吐き気などの症状が表れます。

腎臓が正常に働いている場合は多少カリウムが過剰になっても排出されますが、腎臓の病気がある人、腎臓が弱い人は青汁は控えた方が良いでしょう。

アレルギー

どんな食品でもそうですが、摂取するとアレルギー反応が起きることがあります。

青汁を飲んで蕁麻疹、湿疹、頭痛、吐き気などが起きたらアレルギーの可能性があります。

青汁の場合、添加物に対して反応が起きることと、青汁の原料の成分に対して反応が起きることがあります。

青汁はメーカーによって、合成着色料や合成甘味料が使われていることがあります。

また日持ちさせるために合成酸化防止剤や防腐剤が入っていることもあります。

そうした添加物に対してアレルギーを起こすことがあるので、成分の内容はよく注意してチェックしましょう。

できるだけ添加物が少なく、有機栽培の材料を使っているものがおすすめです。

またアレルギーは自然の材料に対して反応が起きることもあります。

例えば大豆アレルギーの人は豆乳が入った青汁で反応が起きることがあるので原材料をチェックしましょう。

青汁の材料には普段食べないような野菜成分が多く含まれているので、今までアレルギー反応を示したことが無い人でも青汁で反応が起きることがあるかもしれません。

ケール、桑の葉、明日葉...などは青汁以外で食べたことが無い人がほとんどでしょう。

青汁でアレルギー反応を起こした場合、成分に多数の材料が含まれているとどれが原因かわかりにくいかもしれません。

そうした場合はとりあえず青汁を飲むことをやめて医師に相談した方が良いでしょう。

まとめ

青汁は健康効果が高い飲み物で、野菜が原料なので副作用は無いと思われていますが、時々体に合わない人もいます。

病気で薬を服用している人は、青汁を摂る際には念のため医師に相談することをおすすめします。

また乳児や子供に飲ませるときには注意が必要です。

どんな飲食物でもそうですが、健康に良いからと言って過剰に摂るのは良くありません。

青汁の注意点をよく理解して、適量を守って健康に役立てましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁