青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁にアトピー性皮膚炎を軽減する効果が期待できる理由とは?

   

「良薬は口に苦し」という言葉があります。

その意味は、よく効く薬は苦くて飲みにくいという意味になりますが、青汁にはそのことに当てはまる部分がいくつかあります。

青汁は薬ではありませんが、健康効果の高い飲み物です。

その青汁は、現在飲みやすくなってきているので、飲みにくいということが当てはまるのかは微妙ですが、青汁を継続して飲むことで健康効果を得ることができます。

そして、青汁はアトピー性皮膚炎に効くともいわれています。

では、そのことについて解説していきます。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、皮膚に異常が起こる症状で、軽いものから重いものまであります。

この病気は、症状が軽くなったり酷くなったりを繰り返し、皮膚がかゆくなる湿疹を伴います。

アトピー性皮膚炎は、主にアレルギーや皮膚の免疫力が低下することによって起こり、慢性化するのが特徴になります。

アレルギーは遺伝や体質が影響する

アトピー性皮膚炎の原因となるアレルギーは、遺伝することもあります。

そのため、親がアレルギーを持っている場合は、その体質を受け継いでアトピー性皮膚炎になってしまうことがあります。

また、遺伝と関係なく、自分が花粉症や鼻炎や食べ物のアレルギーを発症した場合は、アレルギーになりやすい体質の可能性が高くなります。

そのように、鼻や眼や皮膚などが過敏に反応してしまう体質をアトピー素因といいます。

皮膚の免疫力の低下

人間の皮膚にはバリア機能があります。

そのバリア機能というのは、外からの刺激から守り、皮膚の乾燥を防ぐ役割があります。

しかし、何かしらの影響で皮膚の免疫力が低下してしまうと、皮膚のバリア機能も低下してしまい、皮膚にダメージを受けやすくなります。

それが、アトピー性皮膚炎に繋がってしまいます。

体の防御反応の異常

人間は外からの刺激から皮膚を守るために炎症を起こし、それは病気にならないために必要なことになります。

しかし、外からの刺激に対し体の防御反応が過剰に反応してしまい、余計な炎症を起こしてしまうことがアトピー性皮膚炎の原因になります。

体の防御反応が過剰に反応してしまう原因は、先程解説したアレルギーや皮膚の免疫力の低下が関わっていますが、長い時間化粧品やハウスダストなどで皮膚にストレスを与え、疲労が蓄積することもアトピー性皮膚炎を悪くさせる原因になります。

青汁の成分はアトピー性皮膚炎に効果ある?

青汁には先程説明したアトピー性皮膚炎を軽減させる効果が期待できます。

青汁がアトピー性皮膚炎に効果があるということは証明されていませんが、青汁の成分がアトピー性皮膚炎を軽減することが期待できるといわれています。

青汁は、ケールや大麦若葉や明日葉など、栄養満点の緑の野菜から作られており、タンパク質やビタミン類やミネラル類を豊富に含んでいます。

野菜を食べることは意外と面倒で、一人暮らしの人は特に面倒だと感じることでしょう。

しかし、青汁なら手軽に野菜の栄養を摂ることができるので、野菜不足を補うことができます。

また、そのことにより様々な生活習慣病を予防することができます。

それでは、青汁の栄養成分がアトピー性皮膚炎を軽減することについて説明していきます。

青汁が免疫力を高める理由

アトピー性皮膚炎になる原因と考えられているのが、最初に解説したアレルギーによるものや、皮膚の免疫力の低下になりますが、腸内環境や自律神経も関わっているといわれています。

したがって、「皮膚の免疫力を高めればアトピー性皮膚炎が軽減するのではないか?」ということも考えられ、その皮膚の免疫力を高める方法の一つが腸内環境の改善になります。

腸内環境を良くするには乳酸菌を摂ること

腸は栄養を吸収する器官なので、免疫力を上げるには腸内環境を良くすることが大切になります。

そのため、便秘をしていると腸内環境が悪化してしまい免疫力が低下してしまいます。

便秘の原因は、食生活が大きく関わっていますので、便秘を改善するにはまず食生活を見直すことが必要になります。

特にお肉中心の食生活をしていて野菜をあまり食べないという人は、腸内環境が悪くなり便秘になる可能性が高くなるので注意が必要です。

腸内環境を良くするには、腸内の善玉菌を増やすことが重要になります。

その善玉菌を増やす方法は、乳酸菌飲料を飲み、ヨーグルトなどの発酵食品を食べることになります。

乳酸菌飲料を飲み、ヨーグルトを食べるということは、善玉菌を摂るということになるので、腸内の善玉菌を増やすことができます。

また、納豆やキムチなどの発酵食品を食べることも善玉菌を増やすことに繋がります。

そして、オリゴ糖を摂ることも腸内環境を良くすることに繋がり、オリゴ糖は善玉菌の餌となります。

2種類の食物繊維が腸内環境を良くする

善玉菌を増やすのに乳酸菌やオリゴ糖を摂ると良いことを解説しましたが、食物繊維を摂ることも腸内環境を良くすることに繋がります。

食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維の2種類あり、その二つの食物繊維が腸内環境を良くする効果があります。

水溶性食物繊維は、主に善玉菌の餌となり、不溶性食物繊維は主に腸の蠕動運動を促進させます。

腸内環境を良くするには、その二つの食物繊維をバランスよく摂る必要があり、どちらかが多すぎてもいけません。

例えば、不溶性食物繊維ばかり多く摂ると、便のカサが増えてしまい、腸内が詰まりやすくなります。

そのため、食物繊維はバランスよく摂る必要があります。

そのバランスよく摂る方法として、青汁があります。

青汁は、ケールや大麦若葉やヨモギや明日葉などを原料としており、水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。

したがって、青汁を毎日続けると、腸内環境は良くなり免疫力を高めることができます。

青汁は栄養満点で低カロリー

以上解説してきたように、青汁にはアトピー性皮膚炎を軽減する効果が期待できます。

腸内環境を良くするのに優れている青汁は、免疫力を上げることができるので、アトピー性皮膚炎に効果あるということは決して間違ってはいません。

そして青汁には、タンパク質やビタミン類やミネラル類が豊富に含まれていることから、ダイエットをしている人や野菜不足の人、健康を維持したい人にもおすすめです。

青汁は体に良い栄養が豊富に含まれていますが、カロリーが低いので太る心配はいりません。

そのため、健康的に栄養を補給することができるので、子供からお年寄りまで幅広く飲むことができます。

しかし、青汁と言っても種類が色々あるので、青汁を飲んだことのない人は青汁を選ぶ時に迷われることでしょう。

そのような場合は、青汁に含まれている原料や成分表示などを参考にして選ぶと良いです。

青汁は即効性がない

青汁は健康食品なので、即効性はありません。

そのため、青汁を飲んですぐにアトピー性皮膚炎が軽減されたり、健康になったりするわけではないので、そのことは理解しておきましょう。

そして、アトピー性皮膚炎に関しては、絶対に改善されるということではなく、軽減できる可能性があるという程度になります。

青汁は薬ではないので、必ず病気が治るということはいえませんが、健康に良いことは間違いありません。

そして、青汁は健康食品であり即効性がないので、健康になるには青汁を継続することが必要になります。

何事もそうですが、継続しないと効果を感じることは難しいので、青汁を始めようと思う人は毎日青汁を飲むようにしましょう。

まとめ

以上のように、青汁には腸内環境を良くする効果があるので、アトピー性皮膚炎を軽減することが期待できることは理解できたでしょうか?

また、腸内環境を良くすることから血行が良くなり、慢性疲労や肌荒れを改善する効果があります。

このように、青汁は体に良いので、健康に興味のある人はぜひ青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁