青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁に含まれている8つの栄養素! 美容効果がある理由を紹介

      2017/03/24

screenshot_3

青汁には、健康だけでなく美容効果もある事から、多くの方から注目を集めています。

なぜ、青汁を飲む事で美容に良いのかと言えば、青汁には美容に良いと言われる栄養素が数多く含まれているからです。

そこで、美容に興味を持っている方のために、青汁に含まれている美容に良いと言われる栄養素の特徴を詳しく紹介しましょう。

ポリフェノールの美肌効果

赤ワインに多く含まれている事で知られているポリフェノールは、青汁にも含まれていますが、どのような効果をもたらすのか意外に知られていません。

そこで、ポリフェノールがもたらす効果を詳しく紹介しましょう。

肌のシミやシワを防ぐ

ポリフェノールには、抗酸化作用があって肌の老化を防いでくれる効果があります。

抗酸化作用で肌の老化を防ぐ理由を知るには、まず老化する仕組みを知らなければなりません。

人間の体は、酸素を取り込む事によって生命を維持していますが、その酸素のなかには他の物質と結合して活性酸素になるものがあります。

この活性酸素が原因で体内には老廃物がたまっていきます。

その結果、細胞が傷付けられてしまい、肌にシミやシワなどを引き起こしてしまうのです。

ポリフェノールに含まれている抗酸化作用は、この活性酸素を取り除いてくれる働きがあるので、肌のシミやシワを防ぎやすくなるのです。

シミやシワを防ぐのが重要

ポリフェノールを摂取しないで、肌のシミやシワが進行してしまったら、それを改善するのは困難を極めます。

実際にセルフケアでは、シミやシワを消すのは難しいと言われているので、そうなってしまえば美容整形をするのが有効と言われています。

しかし、美容整形は高額な値段になりますし、手術が失敗するケースもあるのです。

そのように考えたら、肌にシミやシワが出来ないうちにポリフェノールを摂取しておく事が重要でしょう。

食物繊維は腸内環境を改善

青汁には、ポリフェノールの他にも食物繊維が含まれていますが、この食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があるので詳しく説明しましょう。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、大豆食品に多く含まれて、水に溶けにくい特徴を持っています。

この不溶性食物繊維を摂取したら、胃や腸で水を吸収して便を適度な柔らかさにしてくれるのです。

そのため便秘気味になっている方が、不溶性食物繊維を摂取したら、便秘が解消されて老廃物を排出してくれます。

その結果、痩せやすい体になった上に、老廃物がなくなった事により肌が綺麗になっていくのです。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、海藻類や果物に多く含まれている栄養素で、水に溶けやすい特徴をしています。

この水溶性食物繊維を摂取したら、腸内の細菌が酢酸を作り始めます。

この酢酸は、脳へ食欲を調整するように働きかけるので、水溶性食物繊維を摂取しても食欲を低下してくれるのです。

そのため食欲を抑える事が出来なくて、ダイエットを失敗してしまう方には、水溶性食物繊維が含まれている青汁はおすすめです。

この水溶性食物繊維は、その他にもコレステロールを下げる効果もあるので、コレステロールを下げたい方にも水溶性食物繊維を摂取する事は重要と言えるでしょう。

葉酸の2つのポイント

美容に良いと言われている葉酸ですが、この葉酸は熱に弱く水に溶けてしまう特徴があるので、食事で葉酸を摂取するのが難しいと言われています。

そのため青汁から葉酸を摂取する方が増えているのです。

そこで、この葉酸には、どのような美容の効果があるのか紹介しましょう。

肌を再生するターンオーバー

葉酸を摂取したら、葉酸には細胞分裂を働きかける特徴があるので、ターンオーバーを維持出来ます。

このターンオーバーは、古くなった肌を新しい肌に入れ替えてくれる働きがあって、このターンオーバーが機能していれば美しい肌を維持する事が出来るのです。

逆に言えば、葉酸の摂取量が足りなくてターンオーバーが機能していないと古い肌から新しい肌へ入れ替わる事が難しくなるのです。

葉酸の造血効果

葉酸には、ターンオーバーのほかにも、体内で血液を作り出す働きがあります。

血液が作り上げられたら、この血液が栄養を体の隅々まで運んでくれるので、美容のために必要不可欠な栄養素と言えます。

さらに、血液は栄養を送るだけでなく、老廃物を排出する働きもあるので、食物繊維と同じようにデトックス効果まであるのです。

体内に老廃物がたまていれば、毒素がたまってしまい肌荒れの原因になってしまいますが、葉酸はそれを未然に防いでくれるのです。

パンテトン酸の2つの働き

パンテトン酸は、健康のために重要な栄養素と言われていますが、それは美容でも同じで、肌に重要な働きをしてくれます。

どのような影響を肌に与えるのか説明しましょう。

ニキビや肌荒れを防ぐ

美容に良いと言われる「コラーゲン」は有名ですが、このコラーゲンはビタミンCの働きによって作られています。

そのビタミンCの働きを支えてくれるのが、パンテトン酸なのです。

もしも、パンテトン酸の摂取量が少なくて、コラーゲンが作られないと肌のバリア機能が弱まってしまいます。

その結果、外部から受ける刺激によって、肌の皮膚細胞は傷ついてしまい、ニキビは肌荒れの原因になってしまうのです。

ニキビや肌荒れになる原因が特にないのに、ニキビや肌荒れになっている方はパンテトン酸が少ない可能性があります。

そのような時は青汁でパンテトン酸を摂取したほうが良いでしょう。

ストレスによる悪影響を防ぐ

パンテトン酸は、ストレスによる免疫力を高める効果があると言われています。

実はストレスの免疫力が下がっている状態で、ストレスを受け続けると様々な肌トラブルを起こす可能性があるのです。

その症状は、ニキビ・シミ・シワ・たるみなどがあって、美容に気を付けている方にとって、パンテトン酸は必要不可欠と言えるでしょう。

なぜ、ストレスでこれほど肌トラブルが起きるのかと言えば、ストレスを受けるとアドレナリンというホルモンを分泌するのが大きく関係しています。

このアドレナリンが血管を収縮する働きがあって、血行を悪くしてしまうのです。

その結果、肌に必要な栄養が届きづらくなり肌トラブルが起きてしまうので、パンテトン酸の摂取量が足りなくならないように注意してください。

ビタミンB2が肌に与える影響

美容と大きく関係しているのが、ビタミンB2と言われる栄養素で、この栄養素も青汁に含まれているものです。

このビタミンB2には、美容にどのような働きがあるのか説明します。

肌を美しく見せるために必要

ビタミンB2は、細胞の新陳代謝を促してくれる働きがあって、肌や髪の成長に欠かせない栄養素です。

このビタミンB2があれば、肌のターンオーバーを正常に機能するようになるので、美しい肌を維持しやすくなります。

ただし、このビタミンB2は偏った食生活で消費しやすいので、バランスの良い食生活をする事が重要です。

その上で食生活で足りない分のビタミンB2を青汁で摂取するようにしましょう。

大人ニキビを防ぐ

ビタミンB2には、皮脂の分泌を調整する働きがあるので、大人ニキビを防ぎやすくなります。

なぜなら、ビタミンB2が足りないと皮脂が過剰に分泌されてしまい、大人ニキビが出来やすい状況に陥ってしまうのです。

大人ニキビになる原因はいくつかありますが、その1つがビタミンB2の摂取量が足りないためと言われているのです。

大人ニキビになっている方は、ビタミンB2の摂取量が足りていない可能性があるのです。

ビタミンB2は、卵・納豆・レバー・うなぎなどに多く含まれているので、この食べ物をあまり食べていない方は注意したほうが良いでしょう。

ビタミンB6で肌や髪が美しく

ビタミンB6は皮膚だけでなく、髪を成長させる栄養素で、美容に欠かせないものです。

どのような働きがあって、皮膚や髪を成長させられるのか説明します。

ビタミンB6の働き

皮膚や髪の多くはタンパク質で出来ているので、タンパク質を摂取する事が重要です。

タンパク質を摂取したら、体内ではアミノ酸に分解されてしまいますが、最終的には再びタンパク質に合成されるのです。

この合成に大きく関わっているのが、ビタミンB6になります。

つまり、ビタミンB6の摂取量が足りなければ、食事からタンパク質を摂取しても意味があまりないのです。

そのため健康的で美しい肌や髪を維持したい方は、ビタミンB6を摂取するようにしましょう。

髪の毛に与える影響

髪を成長させるビタミンはB6だけでなく、AやEなどもあります。

しかし、ビタミンAやEは、脂肪性ビタミンと呼ばれて、脂に溶けるビタミンなので尿では排出されないという問題点があります。

そのためビタミンAやEは過剰に摂取してしまえば、髪の毛に害を及ぼしてしまうのです。

青汁には、ビタミンAやEも含まれているので、美容に良いとは言え、過剰摂取には気を付けなければいけません。

そのようなデメリットがある脂肪性ビタミンに比べて、ビタミンB6は水溶性ビタミンなので頭皮環境を悪化させずに髪を成長させる貴重な栄養素なのです。

ビタミンCの数多くの美肌効果

数多くあるビタミンのなかでも知名度が高いビタミンCは、美容に欠かせないもので、美肌を維持する働きがあります。

そこで、ビタミンCの働きについて詳しく紹介しましょう。

紫外線から肌を保護

美肌を維持するのに、多くの方が頭を悩ませるのが紫外線ですが、ビタミンCは紫外線から肌を守る働きがあるのです。

肌は紫外線を受けてしまうと紫外線から身を守るためにメラニン色素を多く作っていきます。

肌のターンオーバーが機能している時は問題ないのですが、機能しなくなった時はメラニン色素によって肌にシミが出来てしまうのです。

若い時に日焼けしてもシミが出来なかったのに、年齢を重ねてからシミが出来るのも、年齢を重ねたらターンオーバーが遅れてしまうからです。

所が、ビタミンCはメラニン色素が作り出されるのを抑えてくれる働きがあるのです。

そのためビタミンCを摂取しておけば、紫外線が当たっても、肌にシミが出来にくくなるでしょう。

肌を美しくする効果

ビタミンCには、活性酸素を分解してニキビを抑えてくれる働きがあります。

さらにコラゲーゲンの合成を増やす働きもあるのです。

そして毛穴を引き締めてキメの細い肌にしてくれるので、美肌を維持したい方にはおすすめの栄養素がビタミンCです。

カリウムは足のむくみを解消

青汁に含まれている栄養素で、カリウムというものがあります。

名前だけは聞いた事があっても、カリウムの効果を知らない方がいます。

実はカリウムには、多くの女性が悩んでいる足のむくみを解消してくれたり、血圧えを下げる働きがあるのです。

なぜ、カリウムには足のむくみを解消したり、血圧を下げる事が出来るのか詳しく紹介しましょう。

カリウムの利尿作用

カリウムは、体内にたまってしまった水分やナトリウムを排出する働きがあって、この働きにより足のむくみが改善されると言われています。

足がむくすんでしまう原因はいくつかありますが、その1つとして、塩分の過剰摂取があげられます。

塩分を過剰に摂取してしまうと血中のナトリウム濃度が上がってしまい、体はナトリウムを薄めようとしくれるのです。

その結果、ナトリウムを薄めるために体内では水分がたまってしまい、足がむくんでしまいます。

そのため、体内にたまってしまったナトリウムや水分を排出すれば、足のむくみが改善されるのです。

血圧を下げる効果

カリウムが、血圧を下げられるのは塩分を体外に排出する事が出来るからです。

塩分が少なくなれば、自然に血圧が下がりますが、それは塩分と血液量に関係があります。

血圧が上がってしまうのは、たまってしまった塩分を薄めようとして水分が増える事により血液が増えてしまい、血管に負担する圧力が高くなってしまうのです。

そのため、塩分が排出されたら、血圧が下がる訳です。

血圧が下がれば、血行がよくなって、栄養が体の隅々まで行き渡るようになり肌の細胞が活発に動くようになります。

そしてターンオーバーが機能するようになって、美しい肌を持続出来るようになるのです。

まとめ

青汁には数多くの栄養素が含まれているので、肌のターンオーバーを整えてくれたり、血行を良くしてくれたりします。

その結果、美容に有効と言われている栄養素を摂取する事によって、美しい肌や髪を持続する事が出来るのです。

青汁は化粧品のように高額な値段はしないので、美容に気を付けている方には、青汁はおすすめです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁