青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁の種類は実は多い!原料別青汁の特徴・効能を徹底解説

      2017/03/24

国産有機大麦若葉100%青汁 3Gx60袋

健康や美容のために青汁を飲もうとしている方、もしくはもうすでに飲み始めている方はどのような着眼点で青汁を選んでますか?

最近は青汁の種類が非常に増えており、その一つ一つに味の違いや効能に差があるのです。

どのような味が好みか、どのような目的で青汁を飲むのかを把握して、最適な青汁のタイプを探してみませんか?

この記事ではそんな青汁の選定を手助けできるよう、原料別の青汁の特徴や効能などを解説します。

ケール

青汁の原料として最も有名なのがケールです。

生命力が非常に強く、一年中栽培できるこのケールの最大の特徴は栄養価が非常に高いことが挙げられます。

β-カロテンやビタミンC・E、食物繊維、マグネシウム、ルテイン、クロロフィルなどが豊富に含まれており、それらにより活力の向上や若々しくなるなどの効果があります。

またドライアイ予防や視力回復、整腸、血行促進、老化予防などの効果もあるとされています。

ただしケールは非常に苦く、飲みにくいことも大きな特徴といえるでしょう。

今ではこのケールに他の食材などをブレンドして飲みやすく改良された青汁や、あまり苦みを感じにくい粒状のものまで開発されていますので、様々なケールが原料の青汁を試してみてはいかがでしょうか。

ですが最近はケールが原料の青汁が主流ではなくなっているという傾向にあります。

それはケールほど苦くなく、ケールと同等もしくはそれ以上の栄養価を摂取することができる他の原料を使用した青汁が続々と登場してきたためです。

したがって豊富な栄養素の摂取のために苦いケールを我慢して飲んでいる方やこれから飲もうとしている方は、ケール以外の飲みやすい原料でも豊富な栄養素を摂ることができる青汁があることを把握しておきましょう。

大麦若葉

大麦若葉はケールの次に青汁の原料としてよく使用されており、イネ科の植物にあたります。

大麦若葉の特徴として、ケールと違いそこまでにおいや苦みがないという点です。

したがってケールの青汁より飲みやすいと感じる方は多く、青汁を初めて飲む方や子供におすすめの原料です。

ただ大麦若葉はにおいが少なく苦くないからといって栄養素が豊富でないかと心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配ありません。

各種ビタミンやミネラル、タンパク質、食物繊維などが豊富に含まれています。

それによる効能としてまず挙げられるのが便秘の解消です。

大麦若葉が原料の青汁は半分近くが自然の食物繊維であるため、便秘の解消に非常に効果があるとされています。

便秘が慢性化すれば肌荒や大腸がんの原因になる可能性もあるため、便秘でお悩みの方は一度大麦若葉の青汁を試してみてはいかがでしょうか。

また動脈硬化の予防も大麦若葉の青汁の大きな効能の一つとして挙げられます。

コレステロールや中性脂肪の吸収を防いでくれたり、悪玉コレステロールの酸化防止、生成されてしまった過酸化脂質を分解するといった働きがあるため、動脈硬化の予防につながるのです。

さらに大麦若葉が他の原料と違う点として、活性酸素を分解できるSOD酵素も含まれていますので、アンチエイジング効果などの美容のサポートや、いろいろな病気や貧血の予防、新陳代謝の向上などの効果も期待できることも挙げられます。

明日葉

明日葉も青汁の原料として使用されることが多く、ケールと大麦若葉と並んで青汁の三大原料といっても過言ではありません。

今日葉を摘んでも、明日にはもう芽が出ているくらい生命力が高いことから明日葉と名づけられました。

明日葉も大麦若葉と同様味にクセが少ないため比較的飲みやすい青汁として注目されています。

また当然各種ビタミンやカルシウム、食物繊維などの栄養素は豊富に含まれており、その栄養価の高さはケール以上ではないかともいわれています。

それによりむくみの防止やセルライトの解消効果があると判明しています。

そして明日葉には特有のカルコンと呼ばれる成分が入っていることが最大の特徴です。

カルコンとは強い抗酸化作用を持つフラボノイドのことで、茎や根を切ったときに出てくる黄色い汁のことを指します。

このカルコンが美容やダイエットに効果があると今非常に注目されているのです。

明日葉はそれだけでなく血圧降下や便通改善効果の効果もあり、近年ではガンに効く食材であるということも判明しました。

桑の葉

漢方薬としておなじみである桑の葉を青汁の原料にすることにより、カリウムやカルシウム、クロロフィルを効率的に摂取できることができます。

この青汁を飲むことにより生活習慣病の予防や整腸作用、ダイエット効果、糖尿病や高血圧の予防に効果があるといわれています。

その中でも桑の葉は、血糖降下作用が緑色植物の中で最も強いこと、ダイエット効果が非常に高く動物実験でも確認されているという特徴があるのです。

また桑の葉の効果である肥満防止を効果的にするには、食前15分~食中に摂取することが有効です。

桑の葉のエキスには糖の吸収を抑制する働きがありますが、これは食後にすでに糖が吸収された状態で摂取してもあまり効果はなく、事前に摂取しておくことで効果が出るためです。

くまざさ

くまざさとは高さが1~2mにまで伸びる大型の笹で、必須アミノ酸9種のうち7種が含まれていることが特徴として挙げられます。

それにより口臭、体臭の予防や、美肌効果などが期待できます。

味は比較的あっさりしており、苦みを感じるというよりはほのかに甘みがあるのが特徴です。

草のような香りがありますので、イメージとしてはお茶に近いかもしれません。

ユーグレナ

ユーグレナだと聞き慣れない名前ですが、和名であるミドリムシは聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。

ムシという言葉が入っていますが、ユーグレナ(ミドリムシ)は藻の一種です。

ビタミンやミネラル、アミノ酸など栄養素も非常に多く含まれており、その種類はなんと59種類もあります。

ここまで種類の多い栄養素を含む素材は自然界の中では非常に珍しいとされています。

ユーグレナにはパラミロンと呼ばれる特有の食物繊維が含まれており、体内の毒素を排出するいわゆるデトックス効果が期待できます。

またユーグレナには乳酸菌を活性化させる働きもありますので、ヨーグルトなどと一緒に摂取すると美肌効果や便秘解消にはより有効です。

ただしユーグレナは香りや味が独特であり苦手という方も少なくないため、まずは少量から試してみてはいかがでしょうか。

なおユーグレナは食材としてだけでなく飼料や燃料への有効活用も検討されており、二酸化炭素削減に役立つエコな素材として注目されていることも特徴です。

よもぎ

意外だと思われがちですが、ハーブのよもぎも青汁の原料として使用されることがあります。

よもぎの最大の特徴は体を温める作用があることです。

冷え性や便秘解消に効果があり、また止血作用が強いことも判明しています。

ゴーヤ

数は決して多くありませんが、ゴーヤが原料の青汁も販売されています。

体に熱がこもっている方にはおすすめの青汁で、高血圧や糖尿病、夏バテに効果があるとされています。

ただしただでさえ苦い青汁にさらに苦みのあるゴーヤを加えるため、味にはクセがあると感じる方が多いようですので、ご注意ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

聞いたことのない原料から青汁の原料としては意外なものまで、多くの種類の青汁を紹介しました。

一口に青汁といっても、原料の違いだけでこれだけ種類があり特徴・効能にも差があります。

この記事を参考にして是非自分のタイプに合った青汁を探し出し、継続して楽しく青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁