青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁ダイエットって良く聞く言葉だけど本当にダイエット出来る?

   

ダイエットするためにあれこれ工夫している人も少なくないでしょう。

そして時々耳にしますのが、「青汁ダイエットしている」と言う言葉です。

健康にいいと言われる青汁ですが、ダイエットにも効き目があるのでしょうか。

その辺り、注意したほうがいいこともあると思いますので、青汁とダイエットについて少々述べてみましょう。

ダイエットの必要性と基本は?

忘れてならないのは、何故ダイエットするのかと言う理由と原因です。

健康に悪いほどに体重が増えたとか、食べ過ぎで体重が増えたからと言う単純なものから、血糖値が上がったのでどうしてもと言う緊急性のあるものまで、原因は様々でしょう。

勿論血糖値の問題になりますと、これは素人判断では対処が出来ませんし、単に糖質制限をすればいいと言うものではありません。

この場合は、まず医師に相談の上でと言う事になります。

それ以外の、体重が増えすぎて心配だとか、スカートが入らなくなったとか、便秘が原因でとか運動不足等々。

言ってはいけないことですが、ご当人の油断が原因の場合は、これはご自分で体重コントロールするしかありません。

なのでこれらの場合は、所謂ダイエットに走ることになるわけです。

ここでも出来れば、必要以上に体重を落とすと言う考えは、捨てて頂きたいと思います。

健康な身体になるためには、一定以上の体重、脂肪や筋肉が必要になります。

食事を抜いたり減らしたりしつつ、無理な運動と言うのは避けたいところですね。

出来ればこれが理想、効果的で効率の良いダイエットは?

体重が増える原因は幾つもありますが、その内の一つに代謝率の低下と言うものがあります。

基礎代謝が高い人の場合、食べてもその分はすぐにカロリー消費されるので、身体に余分な脂肪が付くことはありません。

そして効果的に、しかも永続的に体重をコントロールしたい場合は、この基礎代謝を上げると言う事が一番のダイエット法になります。

とは言え、基礎代謝を上げるに必要な筋肉を増やすのは、決して容易なことではありません。

むやみに力ずくで運動しても、良い筋肉はついてくれません。

この場合最悪、今現在ついている脂肪の上に筋肉がついてしまい、結果シルエット的にも太り体重的にも増加してしまうと言う、悲しい事態を引き起こします。

運動で代謝を上げる場合も、出来れば専門家(スポーツトレーナーやバレエの講師など)の意見を聞きつつ、プログラムを組んでもらうことが必要です。

実際基礎代謝がアップすれば、その後は体重を気にすることなく食事が出来るようになるわけで、最も嬉しい結果を呼んでくれるダイエットなわけです。

加えて何と言っても、運動はダイエットの大敵脂肪を燃やしてくれる、ダイエットには必須の行動でもあります。

青汁はダイエットの敵である脂肪を燃やすと言う食べ物?

残念ながら、青汁も含めて食べたり飲んだりするだけで「脂肪を燃やすことの出来る食べ物」、と言うのは存在しません。

ただ脂肪を燃やすのに一役買ってくれる栄養素を含んだ食品、と言うのは存在します。

まず最初に、脂肪を燃やすと言うのには、先に書きましたように運動が必要です。

また脂肪を燃やすには、ビタミンやミネラルが必須になります。

つまりこのビタミンやミネラルを多く含んだを摂ることで、運動時の脂肪は燃えやすくなります。

青汁は実際これらの栄養素を多く含んでいますので、脂肪を燃やすための食品としては大変に有効な飲み物です。

そういった意味では、脂肪を燃やす食べ物と言っていいかもしれません。

しかしただ飲んでいるだけでは勿論、脂肪は燃やせません。

運動とセットになって初めて、結果が現れてくると言う事です。

この辺り、お間違えの無いようにしてくださいね。

青汁を飲んでいるだけではダイエットにならない?

太ってしまう原因の一つ、便秘の場合青汁は効果を表してくれることがあります。

と言いますのも、青汁には豊富な繊維質が含まれています。

明日葉やケールなどには、他の食物とは比べ物にならないくらいの食物繊維が含まれているのです。

この食物繊維はご存知のように、腸の働きを活発にしてくれて排泄の調子も良くしてくれるのです。

便秘がひどくてお腹がポッコリ、気がついたら代謝も落ちて体重も増えた、と言う方には青汁がおすすめです。

この食物繊維で便秘が解消されて、その分体重がサクッと落ちることから、青汁はダイエット食品と思う方も多いでしょう。

ただこの場合、あくまでも一時的な体重の変化にとどまりますので、決定的なダイエットにはなりません。

とは言え、いきなりの便秘で苦しんでいる人には効果がありますので、是非お試しください。

食事制限ダイエットする場合青汁は代替食になる?

ダイエットで一番ポピュラーなのが、食事制限ですね。

加えて一番過酷な、ダイエット法でもあります。

食事制限ダイエットで気をつけたいこと

まず食事制限ダイエットで、気をつけておきたいことを確認しておきましょう。

ひと言で言えば、闇雲に食べ物を減らしたり食事を抜くことは、しないことです。

下手をすると脂肪どころか筋肉まで落ちて、結果代謝率も下げてしまうこともあるのです。

しかも栄養失調になってしまう危険もあるので、食べ物を減らせば痩せられると言う思い込みは、捨ててしまいましょう。

この食事制限で怖いのは、食べたいのを我慢しすぎて頑張った結果、リバウンドすることです。

拒食症や過食症を招くこともありますので、充分に注意してください。

体調を良くするためのダイエットで、身体の調子を悪くしては元も子もありません。

食事制限ダイエットでの青汁の役割

無茶では無い食事制限でも、やはり栄養素は普段の食事に比べて摂取不足になりがちです。

その栄養素を補うと言う点で、青汁は大変にお役立ちな食品です。

昔と違って野菜系の栄養素だけでなく、肉類の栄養素まで含有した青汁も出ています。

これらの栄養素が、食事だけでは摂り切れない栄養を補ってくれると言うわけです。

ただここでも注意したいことは、置き換えダイエットに青汁を利用するのは、止めておいた方がいいと言う事です。

栄養豊富な青汁ですが、置き換え専用のダイエット食品に比べると、1食分のエネルギーが不足しているのです。

置き換えた挙句にエネルギー不足を起こしては、仕事や家事にも差し支えが出ます。

食事のサポートとしての役割にするのを、おすすめしたいと言う事です。

ダイエット中の青汁は不味い方が正解?

昔は青汁と言えば、不味い飲み物の代表格でした。

今では美味しい飲み物として認知されています。

何故ここまで評価が変わったのか、一番の理由は甘味でしょう。

例えば抹茶の風味となっていた場合、茶道をやっている以外の方の抹茶味と言えば、ソフトクリームやシェイクなどの甘いお菓子のイメージなのでは無いでしょうか。

もし甘味が入っていない青汁だとしたら、美味しく飲めるかはちょっと微妙かもしれません。

そして甘味と言えば、ダイエットの大敵です。

美味しい青汁は、ダイエットには不向きと言う事になるわけです。

でもそこで今度は、カロリーオフの甘味料の使われた青汁の登場となります。

これならカロリーも気にすることなく飲用できますが、この人工甘味料の場合過剰摂取にご注意です。

飲み過ぎると体調不良を招くこともありますので、程々の使用が吉です。

また添加物の多少にも気を配りましょう。

健康な身体を作るためのダイエットで、体調不良は避けたいものですね。

まとめ

健康的にダイエットをする場合、青汁は栄養補給してくれるサポート食品として、かなりおすすめできる食品です。

しかしただ飲んでいれば痩せる、と言った品物ではありません。

そしてまた、ダイエット専用の食品でもありません。

とは言え、普段の食生活のサポートからダイエット中の栄養補給までしてくれる青汁です。

上手に摂取して、健康と綺麗な身体を手に入れてください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁