青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁ダイエットを成功させるために知っておくべき6つのポイント

      2017/03/24

朝しみこむ力 青汁と21種の野菜 40袋

青汁ダイエットを成功させたいと思うのならば6つのポイントを知っておきましょう。

青汁ならばどれも同じ、なんかよくわからないけれど、青汁を飲めば飲む程痩せるという程度の知識で行うとストレスが溜まってしまったり、効果が実感しにくくなってしまいます。

せっかく青汁を飲むのなだから、効率よくダイエットを成功させるようにしましょう。

ポイント1、青汁ダイエットをするのに向いている人

さまざまなダイエット方法がありますが、その中で青汁を使ってダイエットをするのに向いている人は以下のような人です。

お腹がぽっこりしているのが気になっている人、便秘がちな人、むくみが気になる人、食事制限はしなくない人、健康的に綺麗に痩せたい人、日ごろの食生活が乱れがちでとくに野菜不足を感じている人です。

ポイント2、青汁がダイエットに良い理由

野菜不足を補って代謝を良くする

普段の食生活で野菜が不足していると、代謝が悪くなります。

野菜に含まれているビタミンや酵素は身体の代謝を促し、脂肪を燃やしやすくする役割があります。

青汁で野菜の栄養を摂り、代謝が良く、太りにくい体を作っていきます。

新陳代謝が良くなるので、アンチエイジングや美肌効果も期待できます。

血糖値の上昇を穏やかにする

人は食事をすると血糖値が上がります。

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが働きます。

このインスリンが脂肪を身体に溜めることを促してしまいます。

青汁を飲むと食事をしても血糖値の上昇が緩やかになります。

なので、糖の吸収が穏やかになります。

食物繊維でむくみと便秘の改善

食物繊維が不足していると腸の蠕動運動が鈍くなってしまい、便秘がちになってしまいます。

便秘になると身体に毒素がたまってしまい、むくんでしまったり、肌に吹き出物ができるなど荒れてしまう原因になってしまいます。

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維をしっかりと摂ることで、腸の働きを良くし、便通を促してデトックスしてくれます。

食べ過ぎを防止

青汁を食事の前に飲むことで、満腹神経を刺激して、食事の量が少なくても満腹感を得やすくなります。

ポイント3、ダイエットに効く青汁

青汁にはさまざまな原料含まれていますが、とくに、ダイエットを目的とするのならば以下の4つの原料が豊富に使われている青汁を選ぶとより高い効果を期待できます。

ケール

山本漢方 ケール粉末100%青汁 170g

ケールはβカロテンやビタミン類、食物繊維やミネラルなどが豊富に含まれています。

身体の調子を総合的に整え、代謝を良くして痩せやすい体質を作っていきます。

大麦若葉

大麦若葉粉末100% 170g

大麦若葉はビタミンや食物繊維やミネラルが豊富であることに加えて、活性酸素を抑える作用があると言われています。

あんちエイジングをしながらダイエットを助けます。

明日葉

明日葉もビタミンや食物繊維などが豊富です。

そしてさらに、カルコンというポリフェノールの一種が含まれています。

このカルコンというポリフェノールは血糖値を下げて、脂肪燃焼を促す作用があると言われています。

桑の葉

ファイテン(phiten) 桑葉青汁 難消化性デキストリンプラス2.5g×30包 0615EG587000

桑の葉に含まれる1-デオキシノジリマイシンは脂肪や糖の吸収を穏やかにします。

ポイント4.成分以外のダイエットのための青汁選び

青汁にはさまざまな種で類があります。

この中からダイエットを成功させるための青汁を選ぶためには成分はもちろん大切です。

しかし、それだけではだめです。

青汁ダイエットは即効性のあるものではありません。

青汁はあくまでも健康食品のひとつです。

青汁ダイエットはじっくりと取り組む必要があります。

少なくても一か月以上は続けなければなりません。

なので、青汁は一カ月毎日飲み続けることが苦にならない味であることが大切です。

少し前までは青汁と言えばはまずいの代名詞でしたが、現在では飲みやすく作られているものも多くあります。

さらに、あまり高価な価格でも青汁ダイエットを続けることが大変になってしまいます。

無理のなく購入が続けられる価格のものを選ぶことも大切です。

ポイント5、レベルに合わせた青汁の飲み方

青汁を使ったダイエットの方法にはいくつかあります。

どれくらいの期間でどれくらいの体重を減らしたいのか目的によって変わってきます。

気楽にしたい人は好きな時に1杯

気楽に青汁ダイエットをしたい人は好きなタイミングで1日1杯の青汁を飲むようにしましょう。

間食代わりにするのももおすすめです。

不足しがちが日ごろの栄養素を補い、代謝を高めてくれます。

食べ過ぎ防止をした人には食前に

食事の前に青汁を飲むことで、お腹がある程度膨れ、食べ過ぎを防いでくれます。

また、食事の前に青汁を飲むことで脂肪や糖の吸収が穏やかになります。

お通じを改善し、すっきりと一日を始めたい人には朝に

朝、起きてすぐに青汁を飲むと、空っぽの胃腸が一番最初に受け入れる栄養が青汁になるので、吸収がとても良くなります。

また、胃腸の刺激にもなり、お通じがよくなります。

牛乳や豆乳、バナナ、ヨーグルトと組み合わせることで、簡単な朝食としても飲むことができます。

青汁だけでは食事として不足しがちな炭水化物やタンパク質などを補うことができます。

短期集中なら置き換えダイエット

短期で体重を落としたいと考えているのならば、食事の代わりに青汁を飲みましょう。

青汁はカロリーがとても低く、また栄養面で優れているので一日のうちの一食と置き換えることで、カロリー摂取を控えることができます。

また、置き換えダイエットとして販売されている食品よりも価格が安いというメリットもあります。

しかし、青汁は栄養面で優れているとはいっても、完全栄養食品ではありません。

長期間普通の食事を抜いていると栄養が偏ってしまったり、ストレスがたまってしまいます。

健康を害してしまったり、ストレスの反動で過食をしてしまい、リバウンドの原因になってしまうこともあります。

ポイント6、青汁の飲み過ぎには注意

青汁は飲めば飲む程ダイエットがはかどるというわけではないことを知っておきましょう。

青汁に含まれる成分の大半は水溶性で身体に長期間留めて置けるものではありません。

なので、毎日摂り続ける必要があります。

青汁を飲み過ぎても、余分な栄養は身体に吸収されることなく、体外へ排出されます。

しかし、その排出するときに、身体に必要なミネラルも一緒に体外に出てしまうことがあります。

身体はミネラルが不足するとうまく機能しなくなってしまいます。

また膀胱をはじめ、他の内臓にも大きな負担になってしまいます。

また、便秘の改善には欠かせない食物繊維ですが、これも取り過ぎてしまうとかえって便秘を招いてしまうことがあります。

青汁のダイエットは即効性を求めるものではなく、毎日、地道に飲み続けていくことが大切です。

青汁効果のダイエットがすぐに実感できなかったとしても、一カ月は続けて様子をみましょう。

ダイエットの効果を上げようとして青汁に書かれている目安量を超えて飲むようなことはしないようにしましょう。

まとめ

青汁ダイエットは数あるダイエットの中のひとつです。

食生活が乱れがちな人に向いています。

また、青汁は不足しがちな栄養素を補うことで、デトックスや体質改善を促します。

とくに効果が高い原料があるものを選びましょう。

また、続けることがとても大切です。

どのタイミングで青汁を飲むかも大切ですが、飲み過ぎるとかえって健康を害してしまうこともあります。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁