青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

3つの青汁を配合した『酵素青汁』の魅力と栄養素を紹介!

   

日本には数多くある青汁が販売されており、大麦若葉を使用している青汁やケールを使用している青汁などがあります。

青汁に興味がある方にしてみれば、大麦若葉とケールのどちらが健康や美容に良いのか悩んでしまうでしょう。

そこでおすすめするのが、大麦若葉/ケール/ゴーヤなどの3つの青汁を配合した『酵素青汁』です。

それでは、酵素青汁について詳しく知りたい方のために、この青汁の魅力や栄養素について紹介しましょう。

酵素青汁の3つの魅力

酵素青汁は、3つの青汁が配合されているだけでなく、その他にも魅力がある商品なので、どのような魅力があるのか詳しく紹介しましょう。

3つの青汁を配合

酵素青汁に含まれている3つの青汁は、それぞれ美容や健康に良い栄養素が多く含まれています。

大麦若葉はカリウム/β-カロテン/トリプトファンなどがあって、ケールはビタミンA/ビタミンE/ナイアシンなどがあって、ゴーヤにはビタミンC/カルシウム/葉酸などがあります。

この3つの青汁は、それぞれ同じ栄養素が含まれている場合もあったりしますが、この青汁にしかない栄養素もあったりするのです。

そのため、酵素青汁は3つの青汁を配合することによって様々な栄養素を摂取する事を可能にしているのです。

植物発酵エキス

酵素青汁には130種類以上の植物発酵エキスが配合されていおり、昆布やワカメのような日本食のものがあれば、マンゴーやバナナなどフルーツまで含まれているものもあります。

130種類の植物発酵エキスを摂取する事によって、偏った食生活を送っている方でも野菜だけでなくフルーツに含まれている栄養まで摂取する事が可能になっているのです。

お買い得なセット

酵素青汁は、5箱セットで120包もあるので約4ヶ月分の量にもなります。

このセットで購入すれば送料無料で2980円(税込価格)にしかなりません。

1杯あたり約25円程度なので、1円でも安い青汁を購入したい方にはおすすめの青汁です。

3つの青汁や130種類以上の植物発酵エキスが含まれているだけでなく、このようなお買い得な価格になっているので、酵素青汁は高い人気を誇っています。

実際に酵素青汁シリーズは、10,000個を突破してレビュー件数も300件を突破したのです(2017年3月時点)。

大麦若葉の栄養素

大麦若葉に含まれているカリウム/β-カロテン/トリプトファンには、どのような働きがあるのか知らない方がいると思うので詳しく紹介します。

カリウム

カリウムは塩分を体外に排出する働きがあって、体内の水分バランスを調整してくれます。

そのため、美容に気を付けている女性にとっては重要な栄養素で、カリウムを摂取する事によって足のむくみを抑える事が出来るのです。

もしもカリウムの摂取量が不足したら、体内の水分バランスが取れなくなるだけでなく、脱力感や食欲不振になっていしまいます。

脱力感や食欲不振になってしまえば、心身共に疲れてしまい美容だけでなく健康にも悪影響を及ぼすのでカリウムを摂取しておく事は重要でしょう。

β-カロテン

緑黄色野菜に多く含まれているβ-カロテンは、野菜をあまり食べていない方は不足しがちな栄養素です。

このβ-カロテンは、抗酸化作用があって、活性酸素を除去してくれます。

活性酸素は適量であれば問題ありませんが、多くなり過ぎたら体内にある様々な細胞を破壊してしまうのです。

つまり野菜をあまり食べていない方は、活性酸素が増えやすい傾向になるので、β-カロテンを摂取したほうが良いでしょう。

トリプトファン

トリプトファンはアミノ酸の一種で、脳内でセロトニンの原料となるものです。

このセロトニンは精神を安定させてくれる上に睡眠効果まであるのです。

仕事に疲れて夜になって寝ようとしても、なかなか寝付けない場合には、トリプトファンを摂取しておく事が重要になります。

睡眠は美容と健康両面に大きな影響を及ぼすものとして知られています。

1日や2日寝なくても、それほど悪影響を与える事はありませんが、寝られない日々が何日も続いてしまうと疲れが取れなくて過労死の危険まであるので注意したほうが良いです。

ケールの栄養素

酵素青汁に使用されているケールに含まれているビタミンA/ビタミンE/ナイアシンは多くの方が聞いた事がありますが、実際にどのような働きがあるのか知らない方は多いでしょう。

そこで、この3つの栄養素にはどのような働きがあるのか説明します。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあるので、免疫力をアップしてくれます。

なぜなら外部から侵入してくるウイルスなどは粘膜によって防いでくれるからです。

逆に言えば粘膜の健康が悪化していれば、ウイルスは体内へ次々に侵入していき、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

そうなれば健康は損なわれて、医療費にお金をかける事になってしまうでしょう。

それを考えれば、医療費を払う前に、栄養のある青汁にお金をかけて美容や健康に良い栄養素を摂取したほうが良いでしょう。

ビタミンE

ビタミンEは、脂溶性ビタミンのひとつで、血管の収縮を促す神経伝達物質の生成を抑えてくれるので、毛細血管を拡張する事が出来ます。

そのため血行が悪くなっている方には貴重な栄養素であり、動脈硬化を予防出来ます。

この動脈硬化は自覚症状がないうちに重大な病気を引き起こす事から『サイレントキラー』と呼ばれている恐ろしいものですから、日頃からビタミンEを摂取しておく事は重要です。

ナイアシン

ナイアシンは『快眠のビタミン』と呼ばれており、自立神経のバランスを保つ働きがあって、神経を落ち着かせる事が出来ます。

実際に、ナイアシンの代謝異常が原因になって、うつ病や統合失調症をひこ起こす場合があるのです。

うつ病は生きる気力を失わせてしまい自殺をしてしまう方がいて、社会問題になってします。

現代社会では過酷な職場環境で働いている方が多くいて、精神的ストレスになってしまい、うつ病になってしまう方がいます。

このように精神的ストレスを感じる場合には、ナイアシンを摂取したほうが良いでしょう。

ゴーヤの栄養素

沖縄料理で有名なゴーヤは健康に良い食材として知られており、ゴーヤに含まれているビタミンC/カルシウム/葉酸には、どのような働きがあるのか詳しく紹介します。

ビタミンC

ビタミンCが健康に良い栄養素と言われているのは、血流悪化の予防/疲労回復/副賢の働きを促進/抗酸化作用など様々な働きがあるからです。

これほど多くの働きがある栄養素は珍しいので、ジュースを販売しているメーカーもビタミンCが含まれている事をアピールしているのです。

ビタミンCの働きの中でも副賢について知らない方は多いかもしれませんが、ストレスに対抗出来る副賢皮質ホルモンを生成してくれるので、ストレスをためたくない方には重要なポイントでしょう。

カルシウム

カルシウムは、骨や歯の成長を助けてくれるので身体を丈夫にする働きがあります。

そのため骨粗しょう症を予防する働きがあるのです。

この骨粗しょう症を具体的に知らない方が多くいますが、骨がもろくなってしまう病気になります。

骨粗しょう症になれば骨折しやすくなって、適切な治療を受けなければ、次々に骨折をしてしまう恐ろしい病気と言われているのです。

このような症状を引き起こさないためにも、日頃からカルシウムを摂取しておく事は重要です。

葉酸

葉酸はビタミンB群のひとつで、肺がん/直腸ガン/子宮頸ガンなどを予防する働きがあると言われています。

現在の医療でも、早期に発見する事が出来なければガンを完治する事が難しいと言われているので、日頃から葉酸を摂取したほうが良いのです。

葉酸にはその他にも貧血を要望する働きまであります。

貧血になれば、失神や立ちくらみが起きてしまいます。

しかし貧血になった事がない方には、貧血の辛さが分からないので、貧血で会社や学校を遅刻した場合は言い訳として受け取る方が多いのです。

そのため、ガンや貧血を予防したい場合には葉酸を摂取したほうが良いでしょう。

まとめ

酵素青汁は、大麦若葉/ケール/ゴーヤなどの3種類の青汁や、130種類以上の植物発酵エキスまで使用されているので様々な栄養素を摂取する事が出来ます。

そのため、偏った食生活を送っている方にもおすすめの青汁です。

しかし、青汁は足りていない栄養を補うためのものですから、青汁の栄養素を過信しないで、あまり偏った食生活を送らないようにする事も重要です。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁