私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

どうすれば移行できる?紙のタバコから電子タバコに移行するコツ

      2017/12/13

紙のタバコを吸っている方で、実は紙のタバコから電子タバコに移行したいと考えている方はすごく多いです。

でも、実際にそうして紙のタバコから電子タバコに移行しようとして、失敗してしまったという方も同じように多いものなのです。

そこでここでは、紙のタバコから電子タバコに移行するためのコツについて紹介していきます。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

いきなり変えようとしないこと

紙のタバコから電子タバコに移行しようとする際に大切なことは、いきなり変えようとしないことです。

どうせ電子タバコに移行するならば、バシッと移行していきたいと考える方も多いです。

でも、やはり人間は、ばしっと何かに移行するのは難しいものなのです。

環境を変えるのであれば少しずつ。

これは、人間が何かを変えるときの鉄則です。

当然それは紙のタバコから電子タバコに移行する際にも言えることになります。

だから、最初は普通に紙のタバコを吸っていて、そのうちの何回に1回を電子タバコにしていってください。

そして、次第にその電子タバコを2回にして、3回にして、という風に、回数を増やしていくのです。

そんな風にして回数を増やしていけば、いつしか電子タバコしか吸わなくなります。

そうなるころには、もはや紙のタバコをまずいと思える舌が完成しています。

結果、電子タバコに完全に移行することができるようになるのです。

ペースもあわてないことが大切

そのペースもあわてないことが大切になります。

たとえば、1日ごとに紙のタバコを電子タバコにする本数を増やしていこうとする方がいますが、そうして1日ごとに紙のタバコを電子タバコにする本数を増やしていったら、あっという間に電子タバコにすり替わることになってしまいます。

そうしてあっという間に紙のタバコから電子タバコにすり替わってしまうのであればそれは、最初からいきなり電子タバコに移行しようとしているのと大差なくなります。

ということはつまり、やはり紙のタバコが恋しくなって、結果紙のタバコに戻ってしまうようになる可能性がすごく高いということになります。

そうなっては意味がないので、電子タバコの本数を増やしていくペースはゆっくりで大丈夫です。

勿論吸う本数にもよりますが、1週間に1本増やしていくというくらいでも大丈夫なくらいです。

ダイエットと似たようなもの

紙のタバコから電子タバコに移行するというのは、ダイエットと似ているところがあります。

あまり早く移行しようとすると、リバウンドして吸いたくなってしまうのです。

ダイエットだって、早く痩せようとするとリバウンドしますが、じっくりと時間をかけて痩せていけば、リバウンドもあまり起こりません。

電子タバコも、できればじっくりと時間をかけて移行していくべきなのです。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

紙のタバコの重さを軽くしていく

紙のタバコから電子タバコに移行していくためには、紙のタバコを徐々に変化させていくことも効果的になります。

電子タバコにはニコチンもタールも含まれていません。

ニコチンもタールも含まれていないのですから、当然吸い心地は軽いものになります。

それをなんとかカバーしようとして、味を強烈にしたり、あるいは煙の量をすごく増やしたり工夫はしていますが、それでもやはり吸い心地は軽いものになるのです。

重たい紙のタバコからいきなりそういう軽い吸い心地の電子タバコに移行していったら、やはりものすごく物足りなさを感じてしまいます。

それでは紙のタバコに戻りたいと思ってしまうのも仕方ありません。

そうならないようにするためには、最初にまず紙のタバコのレベルを徐々に落としていくのが効果的なのです。

最初にそうして紙のタバコのレベルを落としていけば、最終的に電子タバコにトライする時には、吸い心地があまり重たくないところから吸い心地が軽いところに移行することになります。

だから吸い心地という面での物足りなさは比較的に感じなくなります。

吸い心地の違和感で戻る方が多い

電子タバコにせっかく移行したのに紙のタバコに戻ってしまうという方は、こうした吸い心地の違和感によって戻るという方が多いです。

ということは、ここさえしっかりと対処していけば、電子タバコに移行したあとで紙のタバコに戻ってしまう可能性は少ないということになります。

だから、徐々に紙のタバコのレベルを落としていくということは、しっかりと行うことをおすすめします。

電子タバコはしっかりと煙を出して吸う

電子タバコを吸う際には、しっかりと大量の煙を出すようにしないとなりません。

先述のとおり、電子タバコと紙のタバコでは、吸い心地に差があります。

確かに徐々に紙のタバコのレベルを落としていくことによって、いざ電子タバコに移行したときに比較的に違和感を覚えないようにすることはできます。

でも、違和感をまったく覚えないわけではありません。

だから、電子タバコ側でも、少しでも違和感がないようにしていかないとならないのです。

そんな、少しでも違和感をないようにするためにできることが、しっかりと煙を出して吸うということになります。

しっかりと煙を出して電子タバコを吸うようにしていけば、その煙の量である程度ごまかすことができるのです。

煙が多い電子タバコを買う

そのためには、電子タバコ自体も、煙が多いものを選んでいかないとなりません。

電子タバコには、煙が多いものもあれば、あまり煙がないものもあります。

煙が多いものを選んでいかないと、当然しっかりと煙を出しながら吸っていくことはできません。

だから、最初の段階でしっかりと煙の量に定評のある電子タバコを買うようにしていってください。

紙のタバコの近くに行かないこと

紙のタバコから電子タバコに移行していく際に、後大切になるのは、紙のタバコの近くに行かないことです。

たとえば、飲み会の席等では、なるべく電子タバコを吸う人の近くに座るようにして、紙のタバコを吸う人からは離れるようにしていきます。

そうでないと、その紙のタバコの香りをかいで、久しぶりに吸ってみたいと思うようになるからです。

そこで吸っても、既に舌が変わっていますから、まずいと感じることは多いです。

でも、飲み会の席などでは特に、そのまずさが心地よかったりします。

しかもすぐに近くには紙のタバコを吸う方がいるという状況になるわけなのですから、何本からもらってしまうことも出てきます。

そうなったら、紙のタバコに戻る可能性はすごく高くなります。

そういう風にさせないためにも、基本的には紙のタバコの近くには近寄らないようにするのがベストです。

避けようと思えば意外と避けられる

紙のタバコを吸う方を避けようというのは、やってみるとそんなに難しいことではありません。

たとえば飲み会では電子タバコすらも吸わないようにしていれば、喫煙チームではなく禁煙チームの方に座れることになります。

そうなれば当然、紙のタバコを吸う方のことは避けることができるようになります。

電子タバコは依存しませんから、吸わないでいることだってできるものなのです。

是非こうして、リスクを避けていってください。

まとめ

紙のタバコから電子タバコに移行していくためには、焦らずに工夫して紙のタバコを扱うことと、煙がきちんと出る電子タバコを選ぶこと、そしてリスクをしっかりとケアすることが大切になります。

これらのことに気を付けていれば、紙のタバコから電子タバコに移行することも、決して難しいことではなくなります。

是非うまく工夫して、しっかりと移行していってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ, 電子タバコの選び方