私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

タバコ代が約5分の1に!ヴェポライザーの5つのメリット

   

【最新加熱式タバコ】WEECKE C-VAPOR3 市販のタバコ葉を加熱式で使える ヴェポライザー タバコ代1/5に 【ウィーキー シーベイパー3】

タバコの増税や紙巻タバコが吸える場所が減ってきて、節煙を強いられている方も多いはずです。

電子タバコへの移行を考えているなら、最近人気急上昇中のヴェポライザーにしてみましょう。

汎用性の高さやコスパの良さなど、アイコスなどの加熱式タバコにはない魅力がたっぷり詰まっています。

そんなヴェポライザーのメリットについて紹介しましょう。

ヴェポライザーの特徴

ヴェポライザーはタバコ葉などを電気で温めて、その蒸気を吸う喫煙器具です。

アイコスなどと原理は同じですから、加熱式タバコの一種とも言えます。

アイコスなどはそれ専用のヒートスティックが必要で、アイコスならアイコス用、グローならグロー用のスティックでないといけません。

ヴェポライザーはこのような縛りが全くなく、タバコ葉ならどれでもOKです。

ニコチンもしっかり吸えますし、色んなタバコの味が楽しめてしまいます。

費用面や楽しみ方などメリットが多い

アイコスやグローなどにはないヴェポライザー独自のメリットがたくさんあります。

コスパに優れていますから、節煙したと考えている紙巻タバコ愛用者にもおすすめです。

そんなメリットについて紹介しましょう。

タバコ代節約になる

ヴェポライザーは使用するタバコ葉の量が少なくてすみますから、タバコ代の節約になります。

自分でタバコ葉を内部に詰めて吸いますが、1本の紙巻タバコの約4分の1から5分の1程度です。

手巻きタバコ用のシャグで安いものを使えばもっと費用を抑えられますし、コスパが最強です。

今までのタバコ代の約5分の1程度ですむようになりますから、タバコ代節約で本数を減らしてストレスを感じてる人にもおすすめです。

味の調節ができる

本体に温度調節機能が付いているものがほとんどですし、タイプによっては空気の量まで調節できてしまいます。

自分のその時の気分に応じてカスタマイズして吸うことができますから、タバコの色んな味が楽しめます。

温度を高めにするとニコチンをしっかりと感じることができて、キック感もアップしてガツンと迫力のある味になります。

空気を調節すれば味に違いが出るだけでなく、煙の量も変わってきて気分も盛り上がります。

同じタバコ葉を使っているのに設定次第では違った味になってくれて、気分に応じて簡単に調整できます。

ほぼ有害物質が出ない

紙巻タバコ特有のタールなどの心配はほぼありません。

火で燃やしているわけではなくタバコ葉を直接温めていますから、有害物質が発生しにくいです。

アイコスなどの加熱式タバコは300度近く温められていて、ほぼタールなどが発生しません。

ヴェポライザーはそれよりも低い温度で温めていて、高温でも240度程度ですから、アイコスなどよりもタールが発生しにくくなっています。

副流煙などの心配もありませんし、タバコ独特の臭いが体に付く心配もありません。

色んなタバコ葉が楽しめる

扱えるタバコ葉の種類が豊富です。

どんな銘柄の紙巻タバコもOKですし、アイコスなどのスティックも種類を問わず使用できます。

手巻きタバコ用のシャグも詰めて吸えますし、ニコチンの入っていない紅茶やハーブ類なども可能です。

アイコスならアイコス用のヒートスティックしかセットできませんが、ヴェポライザーはありとあらゆるタバコ葉等を扱えます。

自由度が高く色んな味を楽しめて、しかもタバコ代の節約にもなるなら利用しない手はありません。

シャグの多様性とコスパの良さ

手巻きタバコ用のシャグを楽しめるというのが、ヴェポライザーの醍醐味でもあります。

紙巻タバコ以上にシャグの種類は豊富ですし、値段も安くなっています。

種類にもよりますが、大体30gから40gのものが600円から1000円程度です。

普通のタバコ系やメンソール系、フレーバー系など、味が豊富で選びがいもあります。

やや大きめのタバコ屋で取り扱っていますし、最近ではドン・キホーテなどのディスカウントショップでも取り扱いがあります。

ネット通販で手軽に購入も可能ですから、人気の高まりによりどんどん入手しやすくなっています。

紙巻タバコはアイコスの1本当たりの価格は約25円くらいですが、シャグの場合には10円くらいですんでしまいます。

取り扱いが多少面倒

自分でタバコ葉を詰めて吸うわけですから、詰めたりカスを捨てたりなどの取り扱いがやや面倒です。

紙巻タバコのように箱から出して火を点ければ、すぐに吸えるというタイプではありません。

充電も必要ですし内部のメンテナンスも定期的にやらないと、本体の劣化が進みやすくなります。

慣れてしまえば煩わしいと感じなくなるかもしれませんが、紙巻タバコの手軽さに慣れている人はやや手間がかかると感じるかもしれません。

扱いやすい人気のヴェポライザー

ヴェポライザーの種類も年々増えていますし、価格や機能も違っています。

そこで、紙巻タバコやアイコスなどから移行する場合でも、扱いやすいタイプを紹介しましょう。

WEECKE C-VAPOR3

【最新加熱式タバコ】WEECKE C-VAPOR3 市販のタバコ葉を加熱式で使える ヴェポライザー タバコ代1/5に 【ウィーキー シーベイパー3】

C-VAPORは人気シリーズで、前のバージョンよりもパワーアップして使いやすくなっています。

バッテリー容量が2.0よりも1.5倍にもアップしていますから、長時間持ってくれていつでもタバコを楽しめます。

操作しやすいと圧倒的な人気ですし、大手通販サイトでも1位になっている実力派です。

紙巻タバコを切ってそのまま使える便利なタイプですし、スペーサーを使えばタバコ葉の持ち歩きも可能です。

リキッドを垂らして煙をモクモクにするなど、カスタマイズ性も高いです。

FyHit Herbstick Eco

【Herbstick Eco最新モデル】 FyHit Eco-S (電子タバコ/葉タバコ/ヴェポライザー) スターターキット 正規代理店品 日本語説明書付き 安心保証3か月 (ブラック)

温度設定が6段階できるタイプで、バッテリーの持ちも100分ですから十分に活用できます。

初心者向けのタイプとして人気が高く、価格も安いのが特徴です。

最高温度は210度ですから、シャグもおいしく楽しむことができます。

紙巻タバコを切って入れられますし、独自にフレーバーのリキッドを垂らして吸うこともできます。

ニコチンのキック感も感じられて操作方法も簡単ですから、紙巻タバコから移行する人にもおすすめです。

WEECKE Fenix

(正規輸入品) WEECKE Fenix (フェニックス) スターターキット (電子タバコ/葉タバコ専用/ヴェポライザー) 3ヶ月メーカー保証付き

ソフトとエンハンスのモードを切り替えることで、簡単に味の調節ができてしまいます。

バッテリーの容量も十分ですし、温度調節も可能です。

電源を消し忘れた時のために、5分経過したら自動で電源をオフにしてくれます。

コンベクション方式ですから、しっかりとしたクリアなニコチンの味を楽しめてしまいます。

チャンバーが大きくて使いやすいですから、初心者の人でもタバコ葉を詰めたり捨てたりするのも楽です。

WEECKE Fenix

(正規輸入品) WEECKE Fenix (フェニックス) スターターキット (電子タバコ/葉タバコ専用/ヴェポライザー) 3ヶ月メーカー保証付き

ユニークな形状で220度まで温度調節可能ですし、バッテリーも比較的大容量です。

価格的にも初心者がトライしやすいタイプで、操作も簡単です。

均一に熱が通るよう工夫されていて、値段の割にしっかりしたタバコの味を感じられます。

メンソールやフレーバー系も合いますが、オーソドックスなタバコ本来の味を楽しむのに向いています。

まとめ

第4の加熱式電子タバコなどと呼ばれていて、どんどん愛用者が増えているのがヴェポライザーです。

アイコスなども増税の対象になっていますから、タバコ代の節約のためにも使ってみましょう。

初心者向けのスターターキットもありますし、自分が今吸っている紙巻タバコをセットして吸うこともできます。

本数を減らして節煙するよりもメリットが多いですから、一度お試ししてみましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー