私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

喫煙者に朗報?ヴェポライザーという新しい加熱式タバコの魅力

   

【Herbstick Eco最新モデル】 FyHit Eco-S (電子タバコ/葉タバコ/ヴェポライザー) スターターキット 正規代理店品 日本語説明書付き 安心保証3か月 (シルバー)

喫煙者の副流煙と、受動喫煙に関する風当たりは強くなっていますがが、それに伴い人気が出ている商品が加熱式タバコや電子タバコというものです。

今回は喫煙者にとってメリットのある電子機器、ヴェポライザーについて解説をします。

ヴェポライザーとは一体何なのか?

どのような特徴があり、どんな人に最適なのかを掘り下げていきます。

タバコの有害性

タバコには化学物質、有害物質が沢山含まれていることはよく知られています。

一般的にタバコには次の3つの有害物質が含まれ、それが健康に影響を及ぼす事があります。

ニコチン

ニコチンは中毒性の高い物質で、これがあることで、タバコをやめたくてもやめることが出来ない方が大勢います。

また、タバコをやめたい方は、ニコチンガムを噛んで徐々に禁煙をしていくという方法もあり、ニコチンとうまく付き合うことが禁煙成功のカギを握ってきます。

ニコチンは中毒性があるだけではなく、血流を悪くする働きがあるとされていますので、タバコを吸われる方は気を付けなければいけない物質です。

タール

いわゆるヤニがタールと呼ばれるもので、副流煙と同じく、周囲の人から煙たがられるものです。

タバコを家の中で吸う人は、ヤニ汚れが付き、黄ばんだりベタベタする事があります。

また、家の壁紙がそのように黄色く汚れるということは、自身の肺も同じように汚れている可能性も高いです。

一酸化炭素

タバコを吸う人が疲れやすい、息切れしやすくなっているのは、この一酸化炭素が関係していると言われます。

一酸化炭素が体内に入ると、本来酸素が結びつくはずのヘモグロビンと結びつき、体内の酸素不足を引き起こします。

ヴェポライザーで有害な煙を抑える

そこで、喫煙者の方から熱い注目を浴びている商品がヴェポライザーです。

ヴェポライザーはどんな商品か一言でいうと、タバコの煙を発生させずに、吸うための機械で、有害な煙を抑えることで体への悪影響を少なくしてくれます。

また、ヴェポライザーはどういう仕組みで、タバコの煙を抑えるかというと、タバコ自体を加熱するからです。

喫煙者の方はよくライターも一緒に持ち歩き、タバコに火をつけて喫煙しますが、タバコを燃やすと大量に有害な煙が出てしまいます。

一方、ヴェポライザーは200度程度までタバコを加熱する方式ですので、燃やすのとは違い煙が発生しにくいです。

タバコを吸いたいけれど、健康被害が気になるという方は、ヴェポライザーを使うのもおすすめ出来ます。

煙がほとんど発生しないことで得られるメリット

ヴェポライザーを使用して煙を抑えられれば、健康に良いだけではなく色々なメリットが得られます。

煙たがられない

喫煙しても良い飲食店でタバコを数にしても、タバコの煙が苦手な方は「ゲホゲホ」と咳き込んでしまうこともありますし、煙たがられる事も多いです。

ですが、ヴェポライザーは煙がほぼ出ませんので、周囲の人がタバコの煙を吸って嫌な思いをしなくて済みます。

肩身の狭い思いをしている喫煙者の方にとっては、煙を気にしなくて良いのは朗報でしょう。

服や髪の毛に付く臭いも少なくなる

タバコに限らず、何かものを燃やすと煙が出て、その臭いは簡単に衣服について臭くなりますが、ヴェポライザーは煙を抑えられるので臭いも軽減されます。

一緒に生活をしている家族などがいる方は、外でタバコを吸ってもその臭いが衣服に付いて、家族から嫌がられる事も多いですが、ヴェポライザーなら問題となる臭い対策が可能です。

タバコの臭いはしつこいだけではなく、衣服だけではなく髪の毛にも付きますので、臭いが気になる方にもヴェポライザーがおすすめ出来ます。

口汚れや臭いも改善

タバコは口から吸い込むので、歯磨きをしっかりしないと、歯がヤニで黄ばむ事もあれば、それが原因となって口の臭いが酷くなることもあります。

しかし、ヴェポライザーはタールを抑えてくれるので口の中がヤニで汚れず、臭いも減らせます。

ヴェポライザーを使ってみよう

ヴェポライザーではタールやその他の有害物質を抑えられるので、喫煙者の方におすすめです。

一般的なヴェポライザーの使い方としては、まずはバッテリーを充電して、充電が完了したらマウスピースを外し、そこにヴェポライザー専用のシャグを入れます。

シャグとはタバコの葉っぱのことです。

手巻きタバコ用のシャグが単体で販売されていますので、そちらを使うと良いでしょう。

また、シャグは紙巻たばこでも代用可能な商品が多いですが、手巻きタバコ用のシャグを使ったほうが喫味が優れているという口コミも多々あります。

紙巻たばこのシャグを使ってみて、あまり良くないと感じたら、単体で売っているシャグを購入するのもおすすめです。

そして、シャグを詰め終わったら外しておいたマウスピースを元の位置にセットして準備万端です。

準備が出来たらスイッチを入れれば、直ぐにヴェポライザーでタバコを楽しめます。

ヴェポライザーのメリットとデメリット

ヴェポライザーを使えば、煙を軽減させて有害物質を体内に取り込むのを抑えられますが、そのかわりとしてバッテリーを充電する手間やシャグの入れ替えをする手間があります。

このちょっとした手間がヴェポライザーの唯一の弱点、デメリットと言えるでしょう。

ただ、体に悪いタール等の物質を削減出来ますので、健康志向なら使ったほうが良い商品ですので、タバコの健康被害が心配な方はヴェポライザーがおすすめです。

その他には、味が合わない人もいます。

これは人によって感じ方が違う部分ですが、味が合わない方は設定でいくつか温度を調整して、美味しいと感じるものを見つけると良いです。

また、人によってはグリセリンなどをうまく活用して、味をアレンジしている方もします。

ヴェポライザーの販売価格

ヴェポライザーは性能やメーカーにより、価格が違いますが、相場価格は一万円前後です。

安いものだと五千円以下で、購入できるスターターキットもあります。

スターターキットは必要なものが全て揃っていますので、最初ははじめての方はスターターキットを買ってみましょう。

スターターキットの中身は、本体とバッテリーとUSB充電ケーブル、マウスピースやマグネットカバーといったものが入っていたりします。

商品によってはパイプクリーナーやお掃除用のブラシが付いていますので、それを使ってメンテナンスをしていきましょう。

ヴェポライザーの選び方

ヴェポライザーを買う時に見たい部分が、バッテリーの容量や使い勝手の良さです。

バッテリーの容量が少ないものだと、頻繁に充電しなければいけませんし、使用時間も短くなってきます。

また、商品は輸入品も多いため、購入する時にちゃんとした保証がついているかも見どころです。

その他には、喫味を調整することが出来る機能が付いていたり、シャグの交換が簡単にできるかなども見ておくと良いでしょう。

嗜好品のタバコは、何回も吸うものですので、使い勝手の良さはとても重要です。

まとめ

タバコの煙が気になる方や、周囲の人に気にさせたくない方はヴェポライザーがおすすめです。

ヴェポライザーは普通のタバコのように日を付けて煙を吸うのではなく、水蒸気を吸うのでタール等の有害物質を軽減できます。

個人輸入しなくても、ネット通販サイトで普通に販売されている商品ですので、喫煙者の方は煙草による健康被害を少なくする為に使いましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー