私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

次世代の加熱式タバコとして注目されているヴェポライザーについて

   

(正規輸入品) WEECKE Fenix (フェニックス) スターターキット (電子タバコ/葉タバコ専用/ヴェポライザー) 3ヶ月メーカー保証付き

タバコ業界は大きな変革期を迎えており、様々なタイプの電子タバコや加熱式タバコが続々と発売されています。

そんな中で、第4の加熱式タバコとして注目を集めている製品がヴェポライザーとなっており、愛煙家からも支持を集めています。

そこで、この記事ではヴェポライザーの特徴や他の製品との違い、主なヴェポライザー製品などについて記載していきます。



ヴェポライザーの特徴と他の製品との違い

加熱式タバコは、様々なメーカーから発売されており、スタイルや加熱システムなどもメーカーによって特徴があります。

第4の加熱式電子タバコといて注目を集め始めているヴェポライザーも同様で、加熱式タバコとして独自の方式を確立させています。

そこで、ここではヴェポライザーの特徴を紹介していき、それと共にヴェポライザーと他の製品との違いについても紹介していきます。

ヴェポライザーの特徴

ヴェポライザーとは、シャグ(手巻き用のタバコの葉)が気化する200℃前後になるまで電気などの熱で加熱し、蒸発した成分を吸入する器具となっています。

これは、従来の紙巻きタバコと違って葉を燃やすわけではありませんので、燃焼させた際に発生する毒素やタール、一酸化炭素などの有害物質を含む煙はほとんど発生しないという点が大きな特徴となっています。

その理由としては、有害物質の一つであるタールが発生するのは約500℃以上からとなっていますので、200℃前後までしか加熱しないヴェポライザーはその特性によってタールの発生を大幅に軽減させています。

さらに、ヴェポライザーの特徴はコストパフォーマンスにもあり、ヴェポライザーはタバコ葉をシャグに詰めて使用するのですが、その分量は従来の紙巻きタバコの5分の1となっていますので、費用も最大で5分の1まで減らすことが可能となっています。

また、加熱式タバコの多くは専用のリキッドやヒートスティックしか使うことができないという点に対し、ヴェポライザーの場合は専用のタバコ葉があるわけではなく、自分の好きなタバコ葉を使用することができますので、楽しみ方に多様性があるのもヴェポライザーの特徴の一つとなっています。

従来の紙巻きタバコとヴェポライザーの違い

従来の紙巻きタバコは、先端をライターやマッチなどの着火器具などで火をつけて使用するため、燃焼している部分は800℃に達し、その際に発生する煙を吸引して楽しむ製品となっています。

これに対し、ヴェポライザーの場合は200℃前後でシャグを温め、シャグの中の水分を気化させて発生した水蒸気を吸引して楽しむ製品となっています。

これら2つの製品の特徴で分かるように、同じようなタバコの葉を用いていても煙を吸引する製品と水蒸気を吸引する製品という点が大きな相違点となっています。

加熱式タバコとヴェポライザーの違い

最近では、喫煙者の多くが愛用していて、電子タバコのメジャー商品になってきているiQOSやプルームテックなどの加熱式タバコですが、これらiQOSやプルームテックは専用のヒートスティックやタバコカプセルを使用して吸引するという点が特徴となっています。

一方、ヴェポライザーは手巻き用のタバコ葉(シャグ)を使用して吸引する商品となっていますので、加熱式タバコという部分には類似点があるものの、燃焼させるものに関しては各商品で違いがありますので、加熱式タバコとヴェポライザーの相違点は加熱する対象物の形状となっています。

VAPEとヴェポライザーの違い

電子タバコであるVAPEは、専用のリキッドを加熱してフレーバー付き蒸気を楽しむタバコスタイルの機器となっており、専用のリキッドには従来の紙巻きタバコにも含まれているニコチンが配合されているものもあります。

しかし、日本国内ではニコチン入りのリキッドは製造、販売、譲渡は禁止されていますので、ニコチン入りのリキッドを国内の販売店で入手することはできません。

ただし、個人輸入に関しては制限されていないため、インターネット通販を利用して購入することは可能となっています。

一方、ニコチンが含まれているヴェポライザーには販売制限がありませんので、VAPEとヴェポライザーとではニコチン入りのものを購入する場合の手間に違いがあり、海外のサイトで購入する手間や労力が掛かるVAPEに対して、ヴェポライザーのシャグの方が簡単に入手することができます。

また、日本国内で販売されている製品限定と考えた場合、VAPEはニコチン無しでヴェポライザーはニコチン有りという違いになっています。



ヴェポライザーの製品紹介

ヴェポライザーは、加熱方式やチャンバーなど内部構造によって味が変化します。

そのため、初心者の人がいきなり購入してがっかりするのを避けるためにも紹介に関してある程度の情報を知っておいた方が良いと思いますので、ここでは主なヴェポライザー製品について紹介していきます。

WEECKE FENIX

(正規輸入品) WEECKE Fenix (フェニックス) スターターキット (電子タバコ/葉タバコ専用/ヴェポライザー) 3ヶ月メーカー保証付き

WEECKE FENIXは、コンベクション方式のプレミアムモデルとなっており、加熱温度は170℃~210℃程度となっています。

コンベクション方式を採用しているWEECKE FENIXは、香りや風味を重視したプレミアムヴェポライザーとなっていますので、タバコ葉本来の香りを存分に楽しみたい人におすすめできる製品となっています。

WEECKE C-Vapor3.0

【最新加熱式タバコ】WEECKE C-VAPOR3 市販のタバコ葉を加熱式で使える ヴェポライザー タバコ代1/5に 【ウィーキー シーベイパー3】

WEECKE C-Vapor3.0は、コンダクション方式が採用されたおり、加熱温度は160℃~230℃程度となっていて温度も液晶画面で確認できますので、利便性の高い製品で初心者の方でも使いやすくなっています。

また、WEECKE C-Vapor3.0は510ドリップチップを採用していますし、持ち運びでの利用に便利なスペーサーもありますので、拡張性の高さも特徴の一つとなっており、初めてヴェポライザーを買う人におすすめしたいモデルとなっています。

XMAX STARRY

【最新モデル】XMAX STARRY 電池交換式 次世代加熱式タバコ ヴェポライザー 市販のタバコを加熱して吸える スタイリッシュデザイン 液晶付き スターリー 正規輸入品 90日メーカー保証付き

XMAX STARRYは、コンダクション方式を採用しており、加熱温度は100℃~240℃と他の製品と比べると加熱温度の幅が広くなっていますので、高加熱でキック感を求める方にもおすすめできる製品となっています。

また、温度設定も液晶画面で分かりやすくなっていますので、最高温度の高さによる喉にくる強いキック感がある吸い応えに加えて利便性の高さも兼ね備えたヴェポライザー製品となっています。

ヴェポライザーの喫煙方法

ヴェポライザーを吸うためには、既製品の紙巻きタバコや加熱式タバコとは異なる部分があり、少し手間に感じてしまう方もいるとは思います。

そこで、ここではヴェポライザーの喫煙方法について紹介していきます。

シャグの購入する

ヴェポライザーを吸うたの手間は、シャグ(タバコ葉)を専門店やタバコ販売店、ネット通販などで購入します。

ちなみに、昔ながらのタバコ屋などでは、シャグがワンパック550円~1,800円程度で販売されています。

ヴェポライザーのチャンバーにシャグを入れる

ヴェポライザー本体とシャグの用意ができましたら、次はヴェポライザーのチャンバーにシャグを入れて喫煙の準備をするのですが、シャグではなくても市販されている紙巻きタバコを崩して中のタバコ葉を詰めても楽しむことができます。

シャグを入れたチャンバーをセットして加熱する

ヴェポライザーのチャンバーにシャグを入れてセットしたら準備は完了しており、あとはヴェポライザーを起動されて加熱させれば喫煙することができるのですが、喫煙までの手間は既製品の紙巻きタバコや他の加熱式タバコよりも掛かってしまいますので、この手間に関してはヴェポライザーのデメリットと言える部分となっています。

まとめ

加熱式タバコであるヴェポライザーについて紹介してきましたが、有害物質のタールが軽減されるからといっても非喫煙者にとっては従来の紙巻きタバコと同じ部類になると思いますので、最低限の喫煙マナーを守りながら周囲に迷惑を掛けることなく配慮した上でヴェポライザーを喫煙していただき、小さな子供の手が届かない場所に保管するように心掛けてください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー