私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコの特徴や種類について知れば、魅力が分かる

   

FLEVO スターターキット [ホワイト]

電子タバコは、最近日本でも注目を集めているタバコです。

紙製のタバコと違う点は、タバコを加熱することです。

もちろんタバコだけではなく、加熱するための本体を購入する必要があります。

タバコを本体の中にセットして加熱することによって、煙が出ないなどのメリットがあるタバコの種類となっています。

有害な副流煙が出ないことで、魅力を感じている人もたくさんいます。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコの種類

電子タバコの種類はひとつではありません。

電子タバコと言っても、いくつかの種類に分けることができるからです。

それは入っている成分や内容によって異なってきます。

ここでは電子タバコの種類について解説をしていきたいと思います。

電子タバコは種類によってメリットも異なるため、購入する時にはきちんと成分を確認しておくようにしておきましょう。

ニコチンが入っているもの

タバコにはニコチンやタールが入っています。

ニコチンは依存性があることでも知られていますが、このニコチンによってリラックス効果を感じることもできるのです。

これによってタバコを吸ったと言う気持ちになることができ、ストレスも解消することができます。

そのため、普通の紙製タバコの代わりに電子タバコを使いたいと考えるのであれば、基本的にはニコチンが含まれているものを利用することになります。

味を楽しむもの

電子タバコと言う名前がついていても、ニコチンやタールなどのタバコ特有の成分がまったく入っていないものもあります。

この場合は、味を楽しむために吸うことが一般的です。

女性向けのフレーバーなども数多く用意されていて、メンソールだけでなくフルーツの味を模したものも販売されています。

口寂しさを解消することができますし、味のおいしさからも人気の高い商品です。

有害物質が含まれていないので、安心して吸うことができるのも魅力です。

ビタミンなどがはいっているもの

電子タバコの中には、ビタミンなどが添加されているものもあります。

味を楽しみつつ、ビタミン補給などに役立てることもできるでしょう。

ただしこのタイプの電子タバコは数も少ないですし、取り扱っているところを探すのに時間がかかるかもしれません。



私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

電子タバコを使う理由

電子タバコを使うには、いくつかの理由があります。

普通のタバコでは叶えることができない目的を達成するために、電子タバコは活躍しているのです。

最近ではコンビニで普通に販売されていることもあり、普及してきています。

本体は一度購入すればしばらく使うことができますし、あとは専用タバコを買うだけなのでそこまで金銭的な負担も大きくありません。

周りへの配慮のため

電子タバコを使う一番大きな理由は、周りへの配慮のためです。

何故なら紙製のタバコではどうしても周りに煙が流れていってしまい、他の人に迷惑をかけることがあります。

タバコの煙には有害物質も含まれているので、臭いや煙たいと言うだけではない問題があります。

家族や周囲に気を使う人が、電子タバコを選択しているのです。

最近では加熱式の電子タバコならお店での利用がOKになるなど、措置を考えているところもあります。

加熱式のタバコであれば出てくるのは蒸気だけなので、煙はまったく出ないからです。

他の人への影響を考えるのであれば、電子タバコはお店でも吸って問題ないと言う考えが広まる可能性もあります。

ステッカーなどの作成は進んでいるようです。

禁煙のため

これから禁煙したいと言う人が、電子タバコに切り替えることもあります。

何故なら電子タバコは紙製タバコより、少しニコチンの量が抑えられているものもあるからです。

蒸気になるので満足感は減るものの、禁煙への道として最適と言えるでしょう。

またまったくニコチンが入っていない成分では、満足度を高めるために強めのメンソールが使われているものもたくさんあります。

タバコをやめる時に問題となる口寂しさを解消するためには、もっとも役立つ製品と言えるでしょう。

普段から禁煙を考えているけれど失敗してしまったと言う人も、電子タバコを使うようにすればだんだん量を減らしていけることがあります。

もちろんクリニックに相談することも大切ですが、まずは電子タバコと言う選択肢もあるのです。

電子タバコを使っている人口

もちろん、紙製のタバコに比べて利用者が多いとは言えません。

やはり最初に本体を買わなければならないと言うことが、利用をためらわせている理由にもなっています。

本体は数千円はしますし、使う時に加熱しなければならないので面倒と感じる人もいます。

ですが禁煙したい人や周囲への気遣いを死体人にはおすすめの商品ですし、取り扱いは増えています。

一時期は本体が品切れになるほどの勢いで利用者が増えていましたし、今後は電子タバコがスタンダードになる可能性は高いでしょう。

ただし電子タバコをおいているお店は限られていますし、専用タバコはおいていても本体はおいていないなどお店によって対応がまちまちです。

本体は一度買ってしまえば数年買い換える必要がないこともありますし、それほど大きな負担にはなりません。

またキャンペーンなども頻繁に行われているので、本体を買う時もリーズナブルな価格に抑えられる可能性もあります。

これから普通のタバコをやめて加熱式のタバコを吸おうと考えている人は非常に多く、注目を集めている市場でもあるのです。

電子タバコの研究とは

日本に入ってきてまだそれほど日が経っていない電子タバコですが、海外ではそれなりにシェアを拡大しています。

ですが電子タバコはまだいろいろな研究が行われている段階でもあるので、安全性の面なども確認途中です。

あまり高い温度で加熱するのも良くないと言われており、本体側で加熱する温度を選択できる仕様になっているものもあります。

これからも研究が進んでいくため、電子タバコを吸っているなら注目しておきましょう。

もちろんニコチンが入っていない製品でも、加熱のしすぎは有害物質の発生や火のトラブルになるため低めの温度で使うのがベストです。

ある程度研究が進めば、高い温度で加熱しても問題がなくなってくる可能性もあります。

今後に期待しましょう。

ブランドごとに違う内容になっている

また電子タバコはブランドごとに本体の内容が違うため、専用タバコと言ってもブランドごとに使える種類が決まっているのもなかなかシェアが広くならない原因のひとつです。

紙製のタバコであればどこのメーカーの製品でもライターさえあれば使えますが、電子タバコはそうはいきません。

購入する時には、どのメーカーの本体を購入するのが良いか、一度考えておくと良いでしょう。

通販などでも販売されているため、近くのコンビニやスーパーで買いたいか通販でも良いので気に入ったものを手に入れたいかによって購入するメーカーを買えるのもひとつの方法です。

一度インターネットで種類を検索しておくのも良い方法です。

合わせて使った人の感想なども見ておけば、目的によってメーカーを選ぶことも難しくないでしょう。

まとめ

電子タバコは、日本でも急速に普及を進めている加熱式のタバコです。

禁煙をしたい人や周りに気を使う時には、紙製のタバコよりも優れた機能を持っています。

本体さえ買えば、あとは専用タバコを買うだけなのでスムーズに利用できるのが魅力です。

まずはメーカーを決めることから始めましょう。

種類によって成分なども異なってきます。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ