私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

電子タバコはまだ進化する、ヴェポライザーってどんな電子タバコ?

   

【最新加熱式タバコ】WEECKE C-VAPOR3 市販のタバコ葉を加熱式で使える ヴェポライザー 【ウィーキー シーベイパー3】

スモーカーへの締め付けは、日々厳しくなっています。

吸える場所も減り、吸っていれば冷たい目で見られ、家でも臭いから汚れるから室内禁煙と言われ、身の置き場がなくなってきました。

しかも煙草の値上げも、止まりません。

その喫煙者を救ってくれそうなのが、電子タバコたちです。

特にニコチン摂取も出来、普通に吸っても煙も匂いも殆ど出ないという、加熱式タバコはスモーカーには救いの神かもしれません。

そしてヴェポライザーという新しい電子タバコも、登場したのです。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

スモーカーには身の置きどころのない社会に

少し前までは、普通の飲食店でも気軽に喫煙が出来ました。

もちろん喫茶店や居酒屋は、言うに及ばずです。

もう少し前になると、駅のホームには灰皿が、どこの待合室例えば病院であっても、灰皿が用意してありました。

それが今では、居酒屋やバーでも吸えない店も出てきている始末です。

正直筆者も、禁煙しておいてよかったとしみじみ思っているのです。

いや体調を崩してタバコが不味く感じた時に、まあそれなら止めたほうがで禁煙したのですが、その後のこの値上げや吸える場所の激減、本当に禁煙しておいて正解でした。

そんな気の毒なスモーカーたちに、電子タバコという救いが現れたのは、そう昔のことではありません。

そして今電子タバコ、あっという間に市民権を得たようです。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

電子タバコにも大きく分けると

実はこの電子タバコ、本来はニコチンを使用していない、リキッドを蒸気にして吸い込む製品の名前です。

一昔前に禁煙グッズとして流行した物の、進化版ですね。

ニコチンが入っていない上に、煙を吸って吐くという喫煙者にとって落ち着く感覚が得られるので、禁煙にももってこいの代物でした。

これとは別に、ニコチン摂取を目的にした電子タバコもあります。

正確には電子タバコではなく、加熱式タバコと呼ばれるものです。

こちらは煙草の葉に火をつけるのではなく、熱してニコチンを摂取します。

普通の紙巻きの火の温度よりも低いので、タールも殆ど出ません。

また煙や匂いも、普通のタバコのようにはひどくないので、周囲にも迷惑は少なく済みます。

禁煙したいけど出来ない、まだタバコは吸いたいけど周囲の目が、という人にはこれはありがたい製品です。

そしていくつものメーカーがこの加熱式カバコの市場を争っていますが、その中の1つががヴェポライザーです。

ヴェポライザーって加熱式タバコの一種

【最新加熱式タバコ】WEECKE C-VAPOR3 市販のタバコ葉を加熱式で使える ヴェポライザー 【ウィーキー シーベイパー3】

このヴェポライザーもまた、加熱式タバコの1つです。

タバコの葉を加熱して、ニコチンを摂取します。

加熱の温度も低めなので、タールも少なく健康被害も抑えられます。

また煙や匂いも少ないので、家で吸ってもそれほど問題はなくて済みます。

ちなみに近ごろは、集合住宅で一時多かったホタル族も、放逐されつつあります。

実際筆者の住まいでも、バルコニーでの喫煙はご遠慮ください、と管理組合からのお達しがありました。

いや喫煙者が考えている以上に、ベランダの喫煙は周囲の部屋に影響があるのです。

しかしヴェポライザーも含めて、加熱式タバコだと見逃してもらえる程度の匂いや煙で済む、ということですね。

他の加熱式タバコとの違いは

大手のタバコメーカーの加熱式タバコが、市場には多く出ています。

それらとヴェポライザーとの違いは何なのでしょうか。

何と言ってもこれが一番の違い

加熱式タバコの場合、そのメーカーから出ているスティックなどを使用する必要があります。

しかしヴェポライザーの場合、それがありません。

タバコの葉を詰めるだけで、どんな種類の煙草の葉でも詰めるだけで、吸うことが可能です。

いわゆる手巻きタバコというものがありますが、あの葉を使用するのが一般的です。

また手持ちの紙巻きタバコの中身を取り出して、詰めて吸うことも可能です。

まあ簡単に言うと、それこそ手巻きタバコを吸っているようなものですね。

ただ紙で巻くのではなく火を点けて吸うのではないことが、違っているということです。

何しろコスパがいい

当初は結構安く感じた加熱式タバコのスティックですが、煙草の値上げと同時に段々と値段が上がってきました。

コスパもいいという謳い文句だったのが、ちょっと残念なことになりかかっています。

加えて本体も購入しなくてはいけないとなると、それなら紙巻きでいいや、という人も出てきます。

しかしヴェポライザーの場合、煙草の葉自体を詰めるのが特徴です。

しかもその煙草の葉の量が、普通に吸うよりも少なく済むのです。

シャグと呼ばれる手巻きタバコ用のタバコの葉だと、1回の喫煙でも10円行きません。

また手持ちの紙巻きタバコをほぐして使用した場合、紙巻きタバコ1箱で100回ほどの喫煙が可能です。

紙巻きタバコの値段の、5分の1程度で1回喫煙できるということですね。

これは1年に換算するとかなりの節約になってくれますね。

タバコ葉のアレンジも可能

タバコの葉を直接詰めるのですから、自分でタバコ葉をアレンジすることも出来ます。

最後に残った紙巻きタバコと、シャグを混ぜて使用することも可能です。

色々と味の探求も出来ますから、その辺りにこりたい人にはおすすめですね。

お仕着せではない自分だけの煙草の味を、作ることが出来るのです。

パイプたばこを吸う人が、この自分なりのタバコ葉のミックスを楽しんでいますが、それと同様のことが出来るというわけです。

加熱温度の調整が可能

タバコ葉を熱する時に、温度が高ければタールが出ます。

またニコチンも強く感じます。

加熱式タバコの場合、この温度に関しては紙巻きよりも低く抑えることで、タールやニコチンを軽減させています。

低温のものだと周囲にも迷惑が少なく、今の世の中にはもってこいですが、当人には物足りなくも感じられてしまいますね。

ヴェポライザーの場合、この加熱温度の範囲が160℃から260℃程度まで調整が可能です。

1人で嗜む時にはニコチンを多く感じられる高温で、他の人がいる時には低温で迷惑を少なくと、調整ができるのが嬉しいところです。

ここが気になると言うか面倒くさがりには

色々とメリットの多いヴェポライザーですが、ちょっと面倒くさがりの人にはデメリットもないとは言えません。

タバコ葉をいちいち詰めなくてはいけない

普通の紙巻きなら、タバコを取り出して火をつけるだけで済みます。

他の加熱式タバコでも、スイッチひとつで済みます。

しかしヴェポライザーの場合、タバコ葉を詰めるという手間がかかります。

これ、パイプタバコのと同じような手間なので、タバコ自体だけでなく吸うこと自体も楽しむ人には結構メリットなのですが、直ぐに吸いたい人にはいささかですね。

面倒くさがりでしかも、タバコを思いついたらすぐに吸いたいという人には、あまりおすすめできないかもしれません。

しかしついでに禁煙にもつなげたい人には、役立ってくれることも事実です。

タバコは自体の味はするけどキックが

タバコの煙を吸い込んだ時に、来た、と感じるのがキックです。

これがどうしても、ヴェポライザーもですが他の加熱式タバコでも不足してしまいます。

結構温度調節の出来るヴェポライザーですが、それでも260℃位となると、キックも弱くなります。

また煙ではなくミストを吸うわけですから、これはもうどうしようもありません。

まとめ

禁煙も視野に入れて、でも加熱式タバコで様子見しようか、それとも本格的に電子タバコに変更しようかと迷う人も、多いはずです。

実際今の世の中では、禁煙したほうがと考えるのも仕方ありません。

でもそこを何とか、という人のために開発されたのが加熱式タバコです。

その加熱式タバコにも、値上げの魔の手が伸びてきました。

コスパは抜群のヴェポライザーなら、お財布の心配もありません。

切り替えの候補には、ぜひ入れて欲しいところです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ヴェポライザー