スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

こういう物は避けるべし!印象の悪いビジネスバッグの特徴とは?

   

人は意外と人の持ち物を見ているものです。

なので、持ち物によって印象が悪くなってしまうこともあります。

そしてそれは、ビジネスシーンにおいても言えることなのです。

特に見られているのはバッグなので、ビジネスバッグには要注意です。

そこでここでは、印象の悪いビジネスバッグの特徴について紹介していきたいと思います。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ブランドの主張の強いビジネスバッグ

高級ブランドのビジネスバッグに多いのですが、世の中にはすごくブランドの主張が強いビジネスバッグがあります。

たとえばそのブランドのロゴが全面にプリントされていたりするのです。

そういうものは、やはりビジネスバッグとしての印象はあまり良くないと言えるでしょう。

それには2つの理由があります。

嫌らしく見えるから

まず一つはやはり、嫌らしく見えるからです。

ビジネスバッグに限った話ではありませんが、やはりそういう高級なブランド品と言うのは、人から疎まれるものです。

それは大体の人が分かっていることになるでしょう。

それなのにそういうブランドのロゴが全面に入ったビジネスバッグを使用していたら、それを持っている自分をアピールしようとしているようにしか見えないでしょう。

だからすごく嫌らしく見えてしまうのです。

そう見られたら印象はすごく悪くなります。

それがまず一つ目の理由です。

カジュアル度が高く見えるから

たとえば夜の仕事をしている人にそういう物を使用していることが多いからか、そういう高級ブランドのロゴが全面にはいったバッグには、カジュアルな印象を受ける方も少なくはありません。

そうしてカジュアルな印象を受けられてしまうというのは、やはりビジネスバッグとしては良くないと言えるでしょう。

ビジネスバッグとはその名の通り、ビジネスに使用するバッグになります。

そんなビジネスに使用するバッグのカジュアル感が強くなると、やはりそれに良くない印象を抱く人もたくさんいるのです。

だから、出来ればビジネスバッグとして、そういうブランドロゴ等が全面にプリントされているバッグを使用することはおすすめしません。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

色味の多いバッグもNG

ビジネスバッグは、基本的には落ち着いているものでないと違和感があるので、印象が悪くなると言えるでしょう。

そもそもビジネスバッグとして売られているものには、黒やネイビー、あるいはグレーなどのシンプルな配色の物が多いです。

しかし、そういうシンプルな配色のものだけではなく、マレにすごく色が多く使われたバッグもあります。

そういう物は、間違いなく浮いてしまいます。

だからそれも避けた方が良いでしょう。

色味が多くてもカジュアル度が高くなる

色味が多いということも、カジュアル度の高さに繋がることになります。

色味が多いと、それだけでポップに見えるようになるので、カジュアル度が高くなるのです。

先述のように、ビジネスバッグにおいてはカジュアル度が高いというのはNGになります。

だから、色味が多いものは避けるべきなのです。

ナイロン素材のものもおすすめ出来ない

印象が悪いビジネスバッグの特徴として、ナイロン素材であるということも挙げられます。

ナイロン素材のバッグはすごく便利ではありません。

雨風にも強いという特徴がありますから、中の内容物をしっかりと守ってくれるでしょう。

それはバッグとしてはすごく重要な能力になります。

でもここで大切なのは、バッグとしての能力ではないのです。

バッグとしての能力が高くても、それは見ている方にはあまり伝わりません。

ビジネスバッグにおいて大切なのは、そういうことではないのです。

では、ナイロン素材のビジネスバッグは何がダメなのでしょうか?

安っぽくみえてしまう

ナイロン素材のビジネスバッグがあまり良い印象を与えない理由は、安っぽく見えてしまうということです。

ナイロン素材は、ペラペラな素材になります。

もちろんナイロン素材だから必ず安いと言うことはありませんが、基本的にはナイロン素材はあまり高価には見えません。

実際に高価かどうかはあまり関係なく、安っぽく見えることが問題なのです。

安っぽく見えると、やはり社会人としての能力自体も心配になってきます。

自分の会社の中においても、そうして社会人としての能力が心配になる方には仕事を任せたくないと思うものですし、これが取引先などであれば、ますますそうなるでしょう。

だから、そうして自分の能力を低く見せてしまうことは大問題なのです。

自分の能力を低く見せないためにも、ナイロン素材のビジネスバッグは避ける事をおすすめします。

どんな素材ならば良いのか?

では、額にどんな素材のバッグなら良いと言えるのでしょうか?

ビジネスバッグの素材として適切なのはやはり、レザー素材になるでしょう。

レザーは、それだけで高級感が出る素材になります。

だから、そういうレザー素材のビジネスバッグであれば、自分の能力を低く見せてしまうということはまずないでしょう。

それどころかむしろ、自分の能力を高く見せてくれることすらあるでしょう。

だから、ビジネスバッグの素材としては、レザー素材のものがおすすめです。

出来れば本革が良いですが、合成でもその高級感は失われない事が多いので、予算的に厳しいという方は、合成でも良いので革の物を選んでいくと良いでしょう。

トートバッグ型やメッセンジャーバッグ型

印象が悪いビジネスバッグの特徴として、トートバッグ型やメッセンジャーバッグ型であるということも挙げられます。

トートバッグ型やビジネスバッグ型は、やはり一般的なかたちのビジネスバッグに比べるとカジュアル度が高いバッグになります。

なのでやはりそれに悪い印象を感じる方も多いのです。

もし特別なこだわりがないのであれば、一般的な形のビジネスバッグを使うのがおすすめです。

リュックの場合はどうなのか?

トートバッグ型やメッセンジャーバッグ型のビジネスバッグは印象が悪くなるというのであれば、リュック型はどうなのでしょうか?

リュック型も、基本的には他の形のビジネスバッグ同様に、カジュアルな印象が強いビジネスバッグであると言えます。

なので、リュック型のビジネスバッグもナシなのではないかと思う方が多いでしょう。

でも意外と、リュック型のビジネスバッグは、なしではないと言えるのです。

なぜならやはり、リュック型のビジネスバッグは、使用している人がすごく多いからです。

一昔前であればそういう物を使用している人がいないので、すごく浮いてしまいダメになっていたものですが、今ではもはや定番とすらなって来ています。

だから、なしではないことも多いです。

でも、だからといって確実にありなわけではないのが現状です。

会社によってはそれがだめなことはあります。

そういうことがあるので、たとえば営業先に出かける際には、それは避けた方が良いでしょう。

向こうの会社でそれがダメなことがありますから。

そのように、微妙になしになるシーンもあるので、必ずアリとは言えませんが、他のモノに比べるとそこまで印象も悪くならないことが多いです。

まとめ

印象が悪いビジネスバッグの特徴についてはお分かりいただけましたでしょうか?

このように、印象が悪くなるビジネスバッグは色々ありますが、基本的に浮いてしまうとか、ビジネスシーンにそぐわないとか、そういう理由で印象が悪くなっていると言えます。

なので、そういうビジネスバッグに気を付けていれば、印象が悪くなることはないでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ