スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

キャリーバッグを購入する場合には素材や大きさなどさまざまなことを考慮して選ぶ

   

[プロテカ] ProtecA 日本製スーツケース 360(サンロクマル) 44L 02512 06 (ウォームグレー)

キャリーバッグには、どのような素材が使用され、どのようなサイズがあるのでしょうか。

キャリーバッグを選ぶときには、見た目にもこだわる必要がありますが、素材や大きさなどもしっかり考慮して選ぶことが大切なのです。

また、さまざまなメーカーを実際に見てどのようなメリットがあるのかを確認することも失敗しない選び方をする上では重要なことです。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

キャリーバッグの上手な使い方

荷物は固い物から入れることは基本

せっかくキャリーバッグを持っていても、上手な収納方法を知っていなければたくさん収納できるキャリーバッグの意味がありません。

収納方法を上手に理解して、楽しくストレスの感じない旅行を楽しんでみましょう。

まず、キャリーバッグに詰める荷物は、固い物から入れることは基本です。

しかし、この方法を理解していない人は多いため、荷物が多く入らないとキャリーバッグを持ち運ぶことを諦めてしまっている状況になっているのです。

もし、柔らかい物を先に入れてしまうと、空洞になっているスペースには固い物を入れることができなくなるのです。

固い物から詰めれば、空洞になっているスペースには形状を変えることができる柔らかい物を詰めることができ、無駄な空洞を防ぐことができるのです。

また、こうした収納方法をすることで固い物が破損する恐れも防ぐことができるようになりますので、必ず活用するべき収納方法だと言えるでしょう。

キャリーバッグは椅子としても使用できる

旅行を行う中で大変だと感じる時間が、移動時間でしょう。

移動はスムーズに行えれば良いのですが、移動のタイミングによってはバスや電車、飛行機の待ち時間などが発生してしまうでしょう。

こうしたときに便利になるのが、キャリーバッグを椅子代わりとすることです。

キャリーバッグはとても強く作られていることと、ちょうど良い高さになっている物が多いため、椅子として使用することができるのです。

しかし、キャリーバッグにはキャスターが付いていますので滑って危険になるような場所での椅子代わりとしての使用は避けるようにしましょう。

また、廻りの迷惑にならないように使用することも考えなければいけません。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

キャリーバッグの選び方

まずはサイズ選び

キャリーバッグを選ぶ上で一番悩むのはサイズでしょう。

どのくらいの期間の旅行に行くことが多いのか、その旅行期間に対応できるキャリーバッグのサイズはどのくらいなのかを知ることは、キャリーバッグを選ぶ上で最初に考えなければいけないことです。

まず、旅行期間で最も多いと言える3泊から4泊ほどの旅行であれば、50センチ以上60センチ未満のキャリーバッグを選ぶことをおすすめします。

バッグの容量としては45リットルから60リットルほどになります。

また、海外旅行などの場合は1週間から10日間ほどの期間の旅行になると思いますが、この期間ならば65センチ以上69センチ未満のサイズをおすすめします。

バッグの容量は75リットルから84リットルほどになりますので、十分な容量を確保できるようになるでしょう。

大きければ良いわけではない

キャリーバッグを購入するときには、サイズ選びに迷ってしまい大きければ良いと考えて購入してしまう場合もあります。

しかし、大きければ良いと言うわけではありません。

大きければその分重さも増してしまいますので、収納できるちょうど良いサイズである必要があるのです。

大きければ良いと言った購入方法ではなく、その旅行の日数に合ったサイズを購入するようにしましょう。

必要でれば、一つではなく二つ所有しておけばさまざまな旅行の日数に対応できるようになるでしょう。

頑丈であれば良いが重量も考慮する

キャリーバッグは当然、頑丈な物を選ぶ方が良いと言えます。

さまざまな衝撃に耐えることができるキャリーバッグであれば、どのような旅行でも安心して持ち運ぶことができるでしょう。

しかし、頑丈であれば良いと言うわけではありません。

頑丈であれば当然、その分重量が増えてしまいますので、重量とのバランスを考慮した選び方をすることに重視しましょう。

軽くて丈夫な素材を使用したキャリーバッグを選ぶように心がければ、楽で楽しい旅行を行うことができるようになるでしょう。

人気のキャリーバッグ

サンロクマル

[プロテカ] ProtecA 日本製スーツケース 360(サンロクマル) 44L 02512 06 (ウォームグレー)

サンロクマルは、日本製のキャリーバッグとして信頼度が高く、さらに高性能でありながらリーズナブルな価格帯には高い評価を得ています。

サンロクマルの特徴としては、360度開閉ができるジッパーでしょう。

ジッパーを全て開いた上体にした場合は、大きな荷物が収納できるだけではなく、どこに何を入れたのか一目瞭然にできるため旅行用のキャリーバッグとしては最高のアイテムになるはずです。

使い勝手の良さだけではなく、デッドスペースをなくした内装になっているため収納力も抜群だと言えます。

コスモライトスピナー

コスモライトスピナーは、新素材で開発された超軽量であり、最強とも言えるキャリーバッグを実現しています。

コスモライトスピナーを使用すれば、今までのキャリーバッグのイメージが一変するかもしれません。

また、衝撃だけはなく歪みに対しも優れた耐久性がありますので、いつまでも長く愛用できるキャリーバッグとしても人気があります。

Travelhouseキャリーケース

[OSJ]トランクケース TSAロック 四輪 超軽量 キャリーケース 【復古主義】(S, ホワイト&ブラック)

Travelhouseのキャリーケースは、まさにお洒落なバッグを意識して作られていますので、女性には最高のアイテムになることは間違いありません。

昔のデザインを採用しており、カラーは20種類から選ぶことができますので、デザインだけではなくカラーもデザインとして重視する人にはおすすめです。

また、比較的安い価格で購入することができますので、気軽な旅行に行く場合には最高のアイテムになるでしょう。

キャリーバッグの素材はどのような物にするか

ソフトケースのメリット

ソフトケース素材を使用しているキャリーバッグのメリットは、やはり軽量化ができることでしょう。

長時間移動しなければならない旅行場合は、軽いキャリーバッグはとても心強い存在になるでしょう。

また、デザインにもこだわることができるため、見た目が可愛いデザインを作ることができるので女性にはおすすめです。

しかし、雨に濡れると水が見込みやすいと言ったことや、強い衝撃に耐えることができないと言った面もあります。

ハードケースのメリット

ハードケース素材を選ぶメリットとは、やはり強度な素材を使用できることでしょう。

飛行機などを利用する海外旅行の場合は、キャリーバッグの扱いが雑になることもありますので、キャリーバッグの中の荷物を守る意味でもハードケースの方が有利になるでしょう。

また、雨などの水の浸入も防ぐことができますので、どのようなシーンでも安心して大切に荷物を運ぶことができます。

しかし、表面のデザインが似たようなスタイルになってしまいますので、スタイリッシュなキャリーバッグを選びたいと考えている人にはおすすめできます。

まとめ

キャリーバッグを選ぶときには、さまざまな角度から検証して選ぶようにしましょう。

頻繁に買い換えるような物ではないため、旅行に行く日数や素材、そして使用しやすいデザインなど多くの知識を持ってから選ぶ方が失敗は少なくなるでしょう。

また、キャリーバッグは頑丈で大きければ良いと言うわけではありません。

旅行の内容など、状況に合わせて選んでいくことも大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ