スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

スーツケースは何で選ぶ?選び方のポイントを紹介します

      2017/03/24

[プロテカ] Proteca 日本製スーツケース マックスパスH2 40L 機内持込可 3年保証 02651 03 (ブルーグレー)

スーツケース、様々な大きさ、種類、デザインの物が多く販売されていてどれを選んでしまうか悩んでしまいますよね。

旅行であればそれほど頻繁に使うわけではありませんが、出張などが多い方であれば頻繁に使いますし、使う頻度によっては重視するポイントも違ってくると思います。

スーツケースの選び方やおすすめの商品を紹介していきます。



私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

スーツケース選びの失敗談

スーツケースを選ぶときによくある失敗談を紹介します。

こちらを参考にして、スーツケースを選ぶ時には同じ失敗をしないようにして下さいね。

価格の安さで選んで失敗

特に旅行用にスーツケースを購入するという時にありがちな失敗ですが、旅行用ですとそれほど頻繁に使用するわけではないので、価格の安さで選んでしまったりするものです。

しかし、価格が1万円以下というものには要注意です。

安価なスーツケースで一番壊れやすいのがキャスター部分で、摩耗に弱かったり、耐久性がないためすぐ壊れてしまう事が多いようです。

また、本体の強度も比較的弱い物が多く、空港でターンテーブルに乗ってきたスーツケースを見たらキャスター部分の周りにひびが入っていたという事もあります。

取っ手の部分も破損しやすいと言われています。

安価なものはコストを抑えるためにねじなども粗悪品が使われている事が多いようです。

価格が安いと選んでも、すぐ壊れてしまい買い替えなければならないとなると結局高くついてしまいますよね。

価格が安いというだけでスーツケースを選ぶのはやめた方が良いでしょう。

通販の口コミを見て選んで失敗

物を購入するときに通販などの口コミを参考にするという事も多くあると思います。

通販は売り上げの多い物が人気ランキングに反映されていて、その口コミを見てまた購入者が増えているため、性能で選んでいるというわけではないようです。

また、口コミを見てみると購入直後や1~2回使ってみて口コミなどが書かれている事が多くあります。

そのため、そのスーツケースが本当に優れているのか、耐久性があるのかなどはわからないのです。

スーツケースなどは10回、20回と使ってみて本当の良さがわかると言われています。

そのため、人気ランキングや口コミなどを見て購入するのは避けた方が良いでしょう。



私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

スーツケースの選び方のポイント

まずスーツケースを選ぶときには先ほど紹介した失敗談のような選び方をしないようにしましょう。

選び方のポイントを紹介します。

価格

先ほど紹介しましたが、価格は1万円以下という安価な物は選ばないようにしましょう。

1~3万円の価格帯のスーツケースであれば十分性能が良いものが選べると思います。

また、メーカーの保証がついているものを選んだ方が良いでしょう。

用途に合ったサイズ

まずは縦×横×高さの確認と入る容量のL(リットル)を確認しましょう。

自分の身長や体格に合ったサイズのスーツケースを選ぶ事も大切です。

女性であればどんなに荷物が多くても100L以上は必要ないと言われています。

サイズが大きすぎると荷物をたくさん詰め込んでしまうために、重くなってしまうので階段や段差などで持ち上げるのが不便になります。

体に合っていないと肩や腰に負担がかかることもあります。

逆に小さすぎると荷物が入らないため、荷物がぎゅうぎゅうになります。

旅行の時などは買ったお土産などが入らないので、結局荷物が増えてしまったりします。

スーツケースのサイズの目安としては1~2泊であればケースの高さが~59cm、容量は~40L、5日~1週間で60~64cm、60~74L、2週間~長期で74cm、95Lが目安となっています。

キャスターの種類

キャスターの種類は主に2輪と4輪があります。

2輪は取っ手部分を伸ばして斜めにして引っ張るタイプです。

4輪は2輪と同じように斜めに引っ張る事もできますし、立てたまま4輪で引っ張る事もできます。

一般的には4輪より2輪の方が丈夫で、重さも2輪の方が軽いと言われています。

使いやすいのは4輪ですが、これは自分の好みに合った方を選ぶのが良いでしょう。

スーツケースの中で一番壊れやすいのはキャスター部分になります。

安価なものはすり減っていくのが早く、壊れやすく、耐久性がありませんので注意しましょう。

軽くて丈夫なもの

空港では預けられる荷物の重さにも上限があるため、スーツケース自体が重いと中に入れられる重量が少なくなってしまいますので、スーツケースはできるだけ軽いものを選ぶと良いでしょう。

規定の重量をオーバーしてしまうと追加料金などが発生してしまう事もあります。

また、スーツケースは投げられることもありますので、丈夫なものを選ぶようにしましょう。

ロックシステムが付いているもの

ロックシステムが付いているものを選ぶと安心です。

ロックシステムは鍵穴に鍵を差し込んで使う鍵式、ダイアル式があります。

鍵が付いていれば問題ありませんが、鍵をなくしてしまう心配があるという方はダイアル式を選んだ方が良いでしょう。

もう1つTSAロックという種類があります。

これはアメリカに旅行に行くという方にはおすすめです。

この鍵は空港での検査の時には特殊な開錠ツールを使って鍵を開ける事ができる仕組みになっているため、アメリカの空港でも鍵をかけたまま荷物を預ける事ができ便利です。

スーツケースベルトもあると便利

BlueCosto 1枚-グリーン スーツケースベルト 荷物ベルト 600016-GRE

スーツケースベルトはあると便利でしょう。

スーツケースが投げられて、その衝撃で鍵が開いてしまうという事もよくあります。

ベルトを巻いてあれば、万が一スーツケースが開いてしまったとしても、荷物が飛び出ることもなく安全です。

また、カラフルなものを巻いておけば自分のスーツケースであることがすぐにわかりますので、荷物の受け取りの時に便利です。

旅行におすすめのスーツケース

エースピジョールアルモニー

[ピジョール] PUJOLS アルモニー スーツケース 47cm・30リットル・3.2kg(機内持込対応・ACE製) 05731 13 (イエロー)

ピジョールはお手頃な価格で、高品質でクリーンなすっきりとしたデザインが人気です。

ダブルキャスターを搭載したフレームタイプのスーツケースになっています。

使いやすいカラーバリエーションです。

大型のダブルキャスターになっているので安定感のある走行で重い荷物もしっかりと支えてくれます。

TSAロックを搭載しているため、国内旅行にも海外旅行にも便利です。

3段階で調整できるハンドルになっているので、自分の身長などに合わせて使用することができます。

ビジネスにおすすめのスーツケース

エースプロテカマックスパスH2

[プロテカ] Proteca 日本製スーツケース マックスパスH2 40L 機内持込可 3年保証 02651 11 (シルバー)

日本製のスーツケースで、3年保証付きなので安心して使う事ができます。

機内持ち込みできる最大のサイズで、前ポケットが付いているのでちょっとしたものを入れるのに便利です。

フレームには軽くて硬質な合金が使われていて、ボディは軽量性と耐衝撃性に優れた樹脂が使用されています。

長時間使用しても疲れにくいプルドライブハンドルで、手元のボタン操作一つでハンドルの長さも調節できます。

荷物の多いビジネスマンにはぴったりのスーツケースです。

まとめ

旅行用などですと、安価なものや通販での口コミなどを頼りにスーツケースを選んでしまったりしてしまうものですよね。

しかし、それがスーツケース選びの失敗の原因になるようですね。

また、大きすぎても小さすぎても不便で体にも負担がかかるのでサイズもとても大切なポイントですね。

自分に合ったスーツケースを選んで快適に旅行を楽しんで下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スーツケース