スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

スーツケースを扱うときのマナーにはどんなものがある?注意したい4つのポイント

   

スーツケースは、適当に転がしたり、適当な置き方をしたりすると、思わぬ失敗をすることがあります。

誰かにぶつけてしまったり、やたらと場所をとったりしたことで、周囲から非難の目を向けられるような事態は、できれば避けたいものです。

そのためには、スーツケースを扱うときの基本的なマナーを覚えておくようにしましょう。

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

寝かせすぎない

スーツケースを引いて歩くときは、倒す角度に注意しなければなりません。

あまり寝かせた状態で引いていると、位置が後ろになりすぎることで、自分の視界からはみ出てしまいます。

そうなると、後ろの方で左右に揺れていても、気づくことができません。

スーツケースの状態がまったくわからないため、後ろを歩いている誰かにぶつかりそうになったとき、避けることもできなくなってしまうのです。

これはとても危険なので、引くときの角度を軽視してはいけません。

もし小さい子供にぶつかったりしたら、怪我をさせてしまうこともあります。

体の弱いお年寄りにぶつけたときも、転倒による骨折という事態につながる可能性があるのです。

そうした事故を防ぐためには、やたらと寝かせて引くのではなく、できるだけ立てたまま引くようにしてください。

スーツケースを立てた状態で引いていれば、自然と自分の体に近くなるため、その動きをしっかり把握することができます。

人にぶつかりそうなときは、素早く察知してよけることもできるのです。

適当に引いたりせず、周囲に迷惑のかからない引き方を心がけるようにしましょう。

ハンドルを短めに

スーツケースを寝かせすぎないように引くなら、ハンドルの長さをチェックすることが大切です。

長く伸ばしていると、立てたときに自分の腕の位置が高くなります。

ちょうどよい位置にして歩くためには、寝かせて後ろへ追いやるしかなくなってしまうのです。

他の人にぶつけないように歩くためには、ハンドルが少し短くなるように調整してください。

ハンドルが短いと、立てた状態で引いていても、腕が不自然に高い位置にならないため、きちんと自分の近くに寄せることができます。

前後の幅をギュッと縮めてスマートな状態にしておけば、他の人にぶつからない安全な移動が可能になるのです。

ハンドルの調整を忘れずに行い、事故をしっかり防いでいきましょう。

パーソナルゾーンに入る位置で

スーツケースを引くときは、自分のパーソナルゾーンも意識してみましょう。

パーソナルゾーンは、両腕を広げた丸い範囲のことです。

そこからはみ出さない位置にスーツケースを配置することができれば、人に迷惑をかけるような引き方を回避することができるのです。

ハンドルが長く、スーツケースを極端に倒した状態だと、パーソナルゾーンから大きくはみ出してしまうため、どうしても周囲の人にぶつかりやすくなります。

パーソナルゾーンの外に出てしまったものは、ぶつかりそうになっていても気がつかないことが多く、反応が遅れて事故を起こしてしまう可能性が高いのです。

スーツケースを安全に扱うなら、ハンドルを短くして、自分のパーソナルゾーンにしっかり入るようにしましょう。

劣化を防ぐためにも

スーツケースをあまり寝かせすぎないことは、劣化を防ぐことにもつながるため、大切に使って長持ちさせたいなら、常に意識しておきましょう。

倒しすぎた状態で引いていると、キャスターの付け根やボディの底などが、地面にガリガリと擦れることが多くなるのです。

アスファルトの上を転がすときなどは、スーツケースをすりおろしながら歩くような状態になるため、どうしても劣化が激しくなってしまいます。

そのような失敗を避けるためにも、角度には十分注意してください。

ハンドルを調整して立つようにしておけば、地面に触れてはいけない部分を守ることができるため、使うたびに余計なダメージを負うようなことはなくなります。

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

傾斜のある場所でハンドルを手放さない

スーツケースを引いて歩くときは、エスカレーターを利用することもあります。

そのような傾斜のある場所では、絶対にハンドルから手を放さないようにしてください。

エスカレーターに乗ったときは、「自分のそばにあるから大丈夫だろう」という油断から、つい手を放してしまうこともありますが、それはとても危険な行為です。

目を離した隙に、さっきまで立っていたはずのスーツケースが傾き、後ろへ滑り落ちてしまうことがあるのです。

これは、歩く人の振動があるときに起きやすい事故なので、エスカレーターを使うなら、確実に手で押さえておく必要があります。

エスカレーターは、基本的には立ち止まったまま利用するものですが、実際には歩いて通過する人もいます。

急いでいる人などは、空いている片側を早足に追い越したりするものですが、そのときの振動は、スーツケースのバランスを崩す原因になってしまうのです。

その点を考慮すれば、手を放したまま乗ることは避けなければなりません。

何が起こっても落ちないように、しっかり支えておくようにしましょう。

邪魔になる場所に置かない

スーツケースの扱いで注意が必要になるのは、引いて歩くときだけではありません。

電車やバスなどの公共交通機関を利用しているときも、周囲に迷惑をかけないよう、きちんとマナーを守らなければならないのです。

気をつけておきたいのは、スーツケースの置き場所です。

空いている席があったからといって、シートの上に乗せたりしてはいけません。

スーツケースやキャリーバッグといった荷物を持って乗るときは、適当に置くのではなく、網棚などの荷物専用スペースをきちんと利用すべきです。

スーツケースをシートに置いたことで、お年寄りが座るスペースを塞いだりしないように、正しい場所を選んでください。

床なら横倒しで

スーツケースを足元に置くしかないようなときは、普通に立てるより、横倒しにしておくのがおすすめです。

4輪のスーツケースを立てていると、勝手にコロコロ転がっていくことがあるので、常に気を張っていなければなりません。

しかし、横倒しにしておけばそのような事故は起きないため、安心して置いておくことができるのです。

隣に誰かが乗ったり降りたりしないような状況なら、足元に横倒しにしておくと、足を乗せることもできます。

つま先で浮かせてからスタート

スーツケースを扱うときは、電車やエレベーターなどから降りるときの注意点もあります。

慌てて降りようとすると、引っかかってうまく動かせなかったりするものですが、あまりもたついていると、後ろから来た人の足も止めてしまいます。

それほど人が多くないときならともかく、ひどく混雑しているときにそんなことをしていると、大変な迷惑になることもあるのです。

そのため、できるだけスムーズに動き始めることは、スーツケースを扱うときの重要なポイントになります。

もたもたせずにスッとスタートを切るためには、力任せに引っ張って動かそうとするのではなく、つま先で軽く蹴ってみてください。

蹴るというと少し行儀が悪いようですが、わずかに浮かせるようにすると、何かに引っかかったりせず、すんなりと動き出すことができるのです。

乱暴に蹴るのはよくありませんが、大きな音を立てないくらいの優しい力なら問題はありません。

うまくスタートして、人の流れを止めないようにしましょう。

まとめ

スーツケースは、旅行や仕事などで重宝される便利なアイテムですが、使い方を間違えると、とても迷惑なものになってしまいます。

誰かの邪魔をして怒られたり、強くぶつかったたことで大怪我をさせたりすることもあるので、扱いには十分注意しなければなりません。

ここで紹介したマナーを頭に入れ、周りの迷惑にならない正しい使い方をしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スーツケース