スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

バックパックのカビを防ぐには?手入れをするときの5つのポイント

   

(コロンブス) COLUMBUS 革製品 カビ用ミスト レザーキュア レザーキュア / -

バックパックは、登山や旅行などで重宝されている便利なアイテムですが、長く使っていくためには、しっかりと手入れをする必要があります。

汚れたまま放置していたりすると、カビが生えて使えなくなってしまうことがあるのです。

それを防ぐためには、正しい手入れの方法を知っておくようにしましょう。

では、バックパックのカビを防ぎ、長持ちさせるためのポイントを紹介します。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

汚れをチェックする

バックパックのカビを防いで長持ちさせるためには、汚れを残さず、きっちりと落としきることが大切です。

汚れが残ったまま保管しておいたりすると、カビが生えやすくなってしまいます。

その場合、次に取り出したときは、使えないような状態になっていることも多いのです。

カビが生えないように、バックパックに付着した汚れをすべて取り除くためには、まず汚れの確認をしなければなりません。

落とすべき汚れがどこあるのか、よく見て確認しておかないと、気づかずにそのまま放置してしまう可能性があります。

しかし、汚れが残っていれば、それが原因でカビを繁殖させてしまう恐れがあるので、できるだけ洗い残しは少なくしたいところです。

そのためにも、汚れているのがどの部分なのか、どこを重点的に洗えばよいのか、しっかり確認してから洗うようにしましょう、

内部を忘れずに

バックパックの汚れを確認するときは、内部をよく見ておく必要があります。

というのも、外側にある目立つ汚れはすぐにわかっても、隠れたている中の方の汚れは、見落としていることが多いからです。

しかし、カビを確実に防ぐのであれば、外側も内側も、両方の汚れを同じように確認しなければなりません。

バックパックの内側に、食べ物や飲み物の汚れが残っていた場合、そのまま保管してしまうと、中からカビが発生してしまいます。

それを避けるためにも、汚れを確認するときは、バックパックを空けて、奥の方までしっかりチェックしてください。

バックパックの全体をよく見て、できるだけ汚れを少なくすることができれば、カビの発生は抑えられます。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

目立つ汚れを最初に落とす

バックパックのカビを防ぐためには、なんといってもきれいに洗うことが大切ですが、ただやみくもに洗えばよいというものではありません。

いきなり洗ったとしても、汚れがひどいところは、なかなかきれいにならず、苦戦してしまうことがあります。

しかし、落ちにくいからといって、きちんと落としきれないまま保管してしまったのでは、カビが発生してしまいます。

そうした失敗を避けるためには、先に大きな汚れから対応すべきです。

大きくて目立つ汚れがあるときは、ただ洗っていても、完全に落としきることができず、残ってしまうことが多くなります。

そのため、本格的に洗う前に、目立つ汚れをある程度落としておくようにしましょう。

手強そうな汚れを中心に、あらかじめ予洗いしておくことで、しっかりと取り除くことができるのです。

汚れを残さず落とすことができれば、カビが発生する心配はありません。

洗剤で丁寧に

バックパックの汚れがひどい部分は、洗剤をつけたスポンジや歯ブラシなどで、優しく丁寧に擦るようにしてください。

汚れがひどいからといって、毛先の硬いブラシなどで力任せに擦ったりすると、生地を傷めてしまう可能性があります。

カビを防ぐためとはいえ、洗ったときのダメージで劣化させてしまうようなことは、避けなければなりません。

乱暴に扱ったりせず、丁寧に擦って、なるべく傷つけないように汚れを落としていきましょう。

それなら、カビを防ぐだけでなく、しっかりと長持ちさせることもできます。

押し洗いをする

汚れを落としてバックパックのカビを防ぐなら、ここが最も大切な部分になります。

しっかりと予洗いをして、目立つ汚れを取り除くことができたら、浴槽や桶などにお湯をためて、その中で本格的に洗濯をしていきましょう。

このときのポイントは、水ではなく、お湯を使うことです。

ぬるま湯に浸すことで、汚れが少し浮いてくるので、普通に洗うよりもぐっと落としやすくなります。

水でもある程度はきれいになりますが、確実にカビを防ぎたいなら、ぜひお湯を使ってみてください。

優しく洗う

バックパックの汚れを落とすときは、優しく押し洗いするのが基本になります。

このときも、予洗いのときと同じく、乱暴に扱わないように注意してください。

あくまでも優しく、丁寧に洗うことが大切です。

お湯に中性洗剤を入れて、じっくり押し洗いをしていけば、大抵の汚れは落としきることができます。

また、全体をまんべんなく洗いたいときには、手ではなく足を使う方法もおすすめです。

手で押し洗いをする場合、全体を洗うのは少し難しくなってしまいますが、足で踏んで洗えば、バックパック全体をしっかりと押すことができます。

ただし、このときも、むやみに強く踏んだりしてはいけません。

優しく踏んで、カビだけでなく、バックパックの劣化も防ぐような洗い方をしていきましょう。

つけ置き

汚れが落ちにくいときは、しばらくお湯につけておく方法がおすすめです。

2時間くらいぬるま湯につけておけば、頑固な汚れも、かなり落ちやすくなります。

そのため、汚れがひどいバックパックを洗うときは、あらかじめ時間を確保して、つけ置きができるようにしておきましょう。

乾燥させる

バックパックのカビを防ぐためには、汚れをきれいに落とすだけではなく、乾燥も重要なポイントになります。

せっかくきれいに洗っても、乾燥が不十分なまま保管してしまうと、カビの繁殖を助けることになってしまいます。

カビは、多量の湿気があるところで活発に繁殖するため、湿ったままのバックパックは、最適な環境になってしまうのです。

それを防ぐためには、なるべく風通しのよい場所を選んで、しっかりと干すようにしましょう。

ただし、天日干しはNGです。

バックパックに直射日光を当て続けると、生地がダメージを受けてしまう恐れがあります。

乾燥させるときは、風通しのよい日陰を選んで、陰干しにするのがベストです。

背面の水切り

バックパックの背面は、水が多く染み込んでしまう部分になります。

そのため、陰干しにする前に、背面の水切りをしっかりと行うようにしましょう。

たっぷり水分を含んだままだと、うまく乾燥させることができず、カビが繁殖しやすい状態になってしまいます。

背面に染み込んだ水分は、手で押してしっかりと取り除き、少しでも早く乾くようにしておきましょう。

湿気の少ない場所で保管する

バックパックのカビを防いで長持ちさせるためには、保管方法に注意することも大切です。

湿気の多い密閉された場所に置いたりすると、乾燥させた意味がなくなってしまいます。

カビの発生を防ぐなら、必ず風通しのよい場所を選んでください。

それなら、湿気の蓄積を抑えることができるので、保管している間にカビが生えるようなことはありません。

また、直射日光が当てるのもNGなので、保管場所を選ぶときは、日が当たらないこともチェックしておくようにしましょう。

型崩れを防ぐ

バックパックを長持ちさせるためには、適当に置いてしまうのではなく、しっかり吊るしておくことをおすすめします。

吊るした状態で保管しておけば、型崩れを防ぐことができるのです。

カビが生えなくても、型崩れしたのでは、長く使い続けることができなくなってしまうので、注意して保管するようにしましょう。

まとめ

バックパックのカビを防ぐのであれば、ここで紹介したポイントを押さえて、しっかりと手入れをしていきましょう。

ただし、注意点は必ず守るようにしてください。

いくら手入れをしていても、力任せにゴシゴシと擦ったり、適当に乾かしたりすると、バックパックはどんどん劣化してしまいます。

カビを防いで長く使っていくいくためには、正しい方法で手入れをすることが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック