スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

バックパックのフィッティングが必要な理由は?注目したい5つのメリット

   

バックパックは、登山や旅行、キャンプなどで活躍する便利なアイテムですが、購入するときには注意点があります。

それが、「きちんとフィッティングをして選ぶ」ということです。

現在は、インターネット通販で何でも購入できるので、見た目や値段だけで即決してしまうことも多いですが、フィッティングには多くのメリットがあるので、必ず行うようにしましょう。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

隙間の有無を確かめられる

バックパックのときの快適さは、背負ったときの隙間の有無で大きく左右されます。

ショルダーハーネスが浮き上がっていたり、背中とバックパネルの間が離れていたりすると、きちんと背負うことができません。

肩とショルダーハーネスの間に隙間ができるようだと、歩いているうちにずれてしまい、何度も背負い直さなければならないことがあります。

また、背中とバックパネルの間に隙間があると、バックパックが後ろに傾く可能性もあるのです。

したがって、快適に使えるものを購入するなら、きちんとフィッティングを行い、余計な隙間ができないことを確認しておく必要があります。

肩や背中にぴったりとフィットし、体から浮いたり離れたりしないバックパックなら、背負っていても特にデメリットは発生しません。

自分の体に合っているということなので、常に快適に使うことができるのです。

通販だと、実際に背負ったときの隙間はわかりませんが、店頭でのフィッティングなら確実にわかるので、ぜひチェックしておいてください。

重りを入れて確認する

バックパックのフィッティングで隙間の確認をするなら、空のまま行うのは、あまりおすすめできません。

なぜなら、空の軽いバックパックでは、実際に使うときのような重さがないため、正確な判断ができない可能性があるからです。

バックパックを使うときは、荷物をたくさん詰め込むことになるので、何も入れない状態と比べて、かなり重量が増えることになります。

体にずっしりと重さが乗った場合、空の状態では隙間ができていても、うまい具合に埋まってくれることもあるのです。

また、空のままでちょうどいフィット感だった場合は、荷物を入れて重くなったことで、ショルダーハーネスが必要以上に食い込んだりすることもあります。

このように、荷物の重さを考慮するなら、空のままでフィッティングしてしまうのはよくありません。

店員に声をかければ重りを入れてくれるので、なるべく何か入った状態で試すようにしてください。

実際に使うときと同じ重さにはならないとしても、近くなることで、より正確な判断ができるようになります。

通気性も忘れずに

バックパックの隙間の有無を確かめるときは、背面の通気性もしっかりチェックすることをおすすめします。

体にぴったりフィットして隙間ができないということは、背中が蒸れる可能性も高くなるということです。

夏の登山や旅行などでは、あまり背中が蒸れていると、とても不快になってしまうので、この点は忘れずに確認しておくようにしましょう。

そこで注目したいのが、背面のバックパネルに使われている素材です。

バックパネルがメッシュ素材になったものは、ぴったりフィットしていても蒸れにくいので、暑い中で長く背負うときのストレスを軽減してくれます。

フィット感だけでなく、通気性もしっかり確保したいなら、ぜひメッシュのものを探してみてください。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

背面長が合っているかわかる

バックパックのフィッティングをしっかり行うようにすると、背面長が自分の体に合っているか、確実に確かめることができます。

背面長は、バックパックを背負ったときの安定感に影響してくるポイントなので、使いやすいものを選ぶときは、よく見ておくようにしましょう。

もし背面長が長すぎる場合は、ウエストハーネスの位置がかなり下になってしまうため、変な位置で締めることになります。

ウエストハーネスは、腰で重さを支えるための重要な部分ですが、あまり下の位置で締めたりすると、その効果を正しく発揮することができません。

これは、締める位置が高すぎた場合でも同じことです。

背面長が短すぎて、腰ではなく胸寄りの位置になってしまうと、うまくフィットするような締め方にならない可能性があります。

そうしたトラブルを回避するためには、フィッティングをして、ちょうどよい背面長になっているか確かめるようにしましょう。

自分に合った背面長なら、ウエストハーネスを正しく締めて、背負ったときの安定感を得ることができます。

ウエストハーネスのフィット感がわかる

バックパックのフィッティングを行うと、ウエストハーネスを締める位置だけでなく、「きちんと締まるか」ということもはっきりわかります。

商品によっては、ウエストハーネスが短くてうまく締められなかったり、きつすぎたりするものがあります。

また、ベルトが長すぎるために、しっかり締めたつもりでも、ゆるくなってしまうことがあるのです。

そうなると、背面長が合うバックパックでも、思うように安定させることはできません。

ウエストハーネスがうまく機能しなければ、肩のショルダーハーネスにかかる負担が大きくなり、肩の痛みを感じることもあります。

そのようなデメリットを防ぐためにも、フィッティングを行い、きっちり締まることを確かめてから購入するようにしましょう。

薄すぎるものもNG

ウエストハーネスをチェックするときは、ある程度の厚さがあることも確かめておいてください。

あまり薄いウエストハーネスでは、正しい位置できちんと締めていても、荷物の重さを支え切れない可能性があります。

ウエストハーネスは、腰で重さを支えて、肩に負荷が集中することを回避する役割がありますが、薄すぎて重さに耐えられないようでは、あまり役に立ちません。

極端に薄いものは避けて、重さに耐えられるしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

バランスの確認ができる

バックパックを背負ったときは、バランスがとれていることも重要なポイントになります。

後ろに傾いてしまうようなものだと、重い荷物に体が引っ張られるため、無駄に疲れることになってしまうのです。

そのようなバックパックを避けるためには、やはりフィッティングが大切です。

実際に背負ってみて、ショルダーハーネスをゆるめるようにすると、バランスのよさを確認することができます。

本当にバランスのよいバックパックは、ショルダーハーネスが少しゆるくなっても、ウエストハーネスだけでしっかり自立するものです。

ウエストハーネスだけで支えることができず、後ろに傾いてしまうようなら、それはバランスの悪いバックパックになります。

使うときの疲労を大きくしないためにも、この点は忘れずにチェックしておきましょう。

海外の商品から合うものを見つけられる

海外製のバックパックは、基本的に欧米人の体格に合わせているため、日本人が使おうとすると、いまいちフィットしないことも多くなります。

とはいえ、海外製のバックパックにも優れた商品が多くあるので、完全に選択肢から除外してしまうのは、もったいない選び方です。

そこで役立つのが、フィッティングになります。

きちんとフィッティングして、隙間の有無や背面長などをこまかくチェックすれば、たとえ欧米人向けであっても、自分にぴったりな商品を見つけ出すことができるのです。

海外製のものを通販でなんとなく購入したりすると、合わなくてがっかりすることも多いですが、フィッティングを行っていれば、失敗することはありません。

まとめ

バックパックを購入するときは、通販を使うと便利ですが、なるべく失敗しないためには、やはり店舗での購入をおすすめします。

実際に背負ってフィッティングをすれば、隙間や背面長、ウエストハーネスの締まり具合などがしっかり確認できるので、買ったあとで後悔することが少なくなるのです。

じっくりと確かめて、自分にぴったりなものを見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック