スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

パソコンが入るビジネスバッグを選ぶコツは?チェックすべき6つのポイント

   

Amazonベーシック ビジネスバッグ ノートパソコン&タブレット ケース 15.6インチ

ビジネスバッグは、仕事で重宝される便利なアイテムであり、ノートパソコンを入れて持ち運ぶことも多くなります。

そのような使い方をするなら、あまり適当に選んではいけません。

よく見ずに値段だけで決めたりすると、肝心のパソコンがうまく入らず、困ってしまうこともあります。

他にもいろいろとデメリットが出てくる可能性もあるので、選ぶときは、きちんとポイントをチェックしておきましょう。

私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

どんな使い方をするのか

ビジネスバッグを選ぶときは、まずタイプを決めることをおすすめします。

ひとくちにビジネスバッグといっても、製品によっていろいろな特徴があるので、何も決めずに選ぼうとしても、かなり迷ってしまうものです。

どんなタイプが必要なのかはっきりさせておけば、大まかに絞り込むことができます。

そこでおすすめなのが、用途を考えることです。

仕事といっても、毎日の通勤で使う場合もあれば、出張に持って行く場合もあるので、それぞれの用途に合った適切なものを選ばなければなりません。

出張であれば、パソコン以外にも必要なものがたくさん出てくることになるため、大きめのサイズが適しています。

通勤で自転車や電車を使うなら、2WAYや3WAYのものが便利です。

また、車で通勤する場合は、持ち歩く時間が少なくなるため、多少大きいものや重いものであっても、問題なく使うことができます。

パソコンを入れるためのバッグを選ぶなら、こうした用途との相性をしっかり考慮しておきましょう。

私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

サイズはどれくらいか

選ぶべきバッグのタイプがわかったら、次はサイズについて確認してください。

パソコンを入れて使うなら、サイズの確認は必ず行うべきです。

適当に選んだりすると、パソコンが入らないものを引き当ててしまう可能性もあるので、確認を怠ってはいけません。

目的のものを入れることができないようでは、どんなに便利なアイテムでも、使わなくなってしまいます。

お金を無駄にしないためにも、パソコンが確実に入るサイズを見極めるようにしましょう。

大きめにする

サイズを確認しながら選ぶときは、単純にぴったりなものにすると、失敗してしまうことがあります。

パソコンは、書類などのように柔らかいものではないため、形が変化することはありません。

そのため、ちょうどよいサイズを選んだつもりでも、間口にうまく合わず、きちんと入らないことがあります。

例えば、「A4収納可能」という製品を選んでも、いざ入れようとすると、ギリギリのところで引っかかってしまい、結局使えなかったりするのです。

変形しやすい紙などの収納だけを想定した製品は、そうしたデメリットが発生しやすくなります。

失敗を防ぐためには、なるべく余裕をもたせておくようにしましょう。

少し大きめのものに注目して選べば、「あと少しで入りそうだったのに」とがっかりするようなことは起こりません。

すんなり入るものは、取り出しもスムーズにできるので、選ぶときは忘れずにチェックしておいてください。

耐久性があるか

パソコンを入れることが多いのであれば、耐久性も見逃せないポイントのひとつです。

耐久性が低いものを選ぶと、何か衝撃を受けるような事態が起こったとき、中の荷物にも大きなダメージが加わることになります。

そうなれば、パソコンが壊れることもあるので、耐久性のチェックはとても重要です。

いつも丁寧に扱うことを心がけていたとしても、うっかり落としてしまう可能性は、決してゼロではありません。

思わぬ事故が起こったときのことを考えて、なるべく耐久性の高い製品を選んでおくようにしましょう。

とはいえ、金属製のアタッシュケースタイプを選んだりすると、重くて持ち運びに苦労することもあります。

軽さもある程度優先したいときは、弾力性の高いケースに収納した状態で入れるなど、ダメージを少しでも減らす工夫をしておきましょう。

パッドがあると安心

耐久性が高い製品を選ぶときは、パッドがついていることも確認してください。

パソコンを入れるポケットにパッドが入ったものであれば、外からの衝撃を軽減してくれます。

それなら、想定外の事態が起こったときでも、しっかりと中のパソコンを守ってくれるのです。

衝撃吸収機能がないものだと、何かにぶつかったときのダメージがもろに通ってしまうため、パソコンを入れて持ち運ぶには向いていません。

繊細な電子機器を扱うのであれば、対策はきんと考えておきましょう。

ファスナーの位置はどこか

ファスナーの位置は、パソコンを守るための重要なポイントになります。

頑丈な素材を使ったものやパッドが入ったものを使っていても、ファスナーの位置が悪いと、傷がつきやすくなってしまいます。

これは、ファスナーの金具にパソコンが当たってしまうためです。

ガリガリと擦れることが多い位置では、使っているうちに、どうしても傷が多くなってしまいます。

それを防ぐためには、ファスナーがどこについているか、よく確かめてから購入するようにしましょう。

パソコンに負担をかけない設計になっていれば、安心して使うことができます。

自立するか

パソコンを入れておくビジネスバッグであれば、倒れやすいものを選ぶべきではありません。

下に置いたとき、勢いよく倒れるようなことがあれば、中のパソコンに余計なダメージを与えることになってしまいます。

いくら耐久性やクッション性などをチェックしていても、衝撃を加えるような事態は極力避けたいものです。

そのためには、バッグのマチを確認しておきましょう。

バッグの底にマチがついたものであれば、普通に置くだけできちんと自立してくれるので、パソコンを入れていても心配することはありません。

倒れたものを運悪く誰かが踏んだりすると、パソコンが壊れる可能性は高くなるので、確実に立つものを選んでおきましょう。

型崩れを防ぐ

底にマチがあるバッグには、自立するだけでなく、型崩れしにくいというメリットもあります。

長く使っていると、だんだんヨレヨレになってくる製品もありますが、マチがあるものはそう簡単に劣化しません。

できるだけ長持ちするものが欲しいときも、マチをしっかりチェックしておきましょう。

パソコン以外のものを収納できるか

パソコンを入れるバッグを選ぶときは、パソコン本体の収納ばかり考えてしまうことも多いですが、それ以外のアイテムも忘れてはいけません。

マウスや充電器なども一緒に入れておくなら、そのためのスペースも確保しておかないと、あとで困ることになってしまいます。

そのため、小物を入れるポケットなども忘れずに確認しておきましょう。

ポケットや仕切りがたくさんある製品なら、「入れるところがない」と悩むようなことはなくなります。

必要なものをすべて入れる

仕事で使うビジネスバッグであれば、パソコンとその周辺機器だけでなく、手帳やペンケースなど、他にもさまざまなアイテムを入れることになります。

それらのスペースもしっかり考慮して、必要なものをすべてを収納できるものを選ぶようにしましょう。

パソコンだけはすんなり入っても、他のアイテムが出し入れしにくいようなものでは、便利に使うことはできません。

必要なものと、それを入れるポケットや仕切りの数をよく考え、本当に使いやすいビジネスバッグを購入してください。

まとめ

ビジネスバッグにはいろいろな種類があるので、漠然と選んでいると迷ってしまうものです。

パソコンが入る製品を購入したいときは、ここで紹介したポイントをしっかり押さえておきましょう。

サイズや耐久性など、重要なポイントを外さないように選べば、失敗を防ぐことができます。

仕事をスムーズに進めるためにも、自分に合った便利なものを見つけてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ