スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

ビジネスバッグによる身体のトラブルやその対処方法は?

   

高級 本革 ビジネスバッグ 2色 ブリーフケース バッグ バック メンズ レディース レザー 皮 通勤 通学 軽量 丈夫 ブラック

仕事をしていると、ビジネスバッグを持つ機会は多くなります。

でもビジネスバッグによる身体のトラブルは、意外と起こりやすいです。

そのためトラブルを引き起こさないよう、普段から意識して持つことが大切です。

また起こってしまった場合、注意するべきこともあります。

そこでビジネスバッグによる身体のトラブルや、その対処方法について説明します。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ビジネスバッグによる肩の痛み

ビジネスバッグによる身体に起こるトラブルの一つに、肩の痛みがあります。

ビジネスバッグと肩の痛みについて説明します。

トートバッグや2wayタイプのバッグは肩に掛けられる

バッグによる肩の痛みは、ビジネスの場面でよく起こります。

肩に掛けられるビジネスバッグはトートバッグや、手提げとショルダーバッグとして使える2wayタイプの物などがあります。

ビジネスバッグは書類を入れたり、パソコンなどを入れることも多いので、重くなりやすいです。

荷物が入ったビジネスバッグを肩に掛けることで、痛みが起こることがあるので、注意が必要です。

左右交互で掛けたり時々手提げにして使う

出張や営業、通勤など、ビジネスバッグを長時間持たなければならない時もあります。

ビジネスバッグに限らず、肩に掛けると楽ですが、できるだけ控えるようにしましょう。

特に同じ部位にずっと掛けていると、負担がかかります。

ずっと肩に掛ける場合でも、左右交互に掛けるようにするなど、工夫をしましょう。

また時々手提げにして使う方法もあります。

肩によく掛ける側に起こりやすいので注意が必要

ビジネスバッグによる肩の痛みは、肩によく掛ける側に起こりやすいです。

肩の痛みがあるのに、無理にバッグを掛けていると、悪化することもあるので十分注意しましょう。

肩の痛みが起こったら、その肩をできるだけ休ませることが大切です。

前述したとおり、別の肩に掛けたり、手提げとして持つようにしましょう。

また肩の痛みは慢性化してしまうことがあります。

症状が酷いようなら、病院に受診するようにしましょう。

リュックをおろして休ませることも大切

ビジネスバッグの中には、リュックとして使える物もあります。

でもリュックはカジュアルな印象があるので、ビジネスバッグは3wayタイプの物が多いです。

いろいろなタイプで持てる、ビジネスバッグが欲しいような人におすすめします。

リュックは背負うタイプなので、肩を痛めにくい、と思いがちです。

でもリュックを背負っている場合でも、肩に痛みが起こることもあります。

そのためできるだけリュックをおろして、休ませることも大切です。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ビジネスバッグによる手首や指の痛み

ビジネスバッグを持っていると、手首の傷みが起こることがあります。

ビジネスバッグと手首の痛みについて説明します。

手提げタイプのビジネスバッグで起こりやすい

ビジネスバッグによる手首の傷みは、手提げタイプで起こりやすいです。

前述したとおり、ビジネスバッグの中には重さのある物を入れることが多いです。

手提げタイプのビジネスバッグはいろいろな種類がありますが、特にアタッシュケースは重さのある物を運ぶことが多いので、手首に負担がかかりやすくなります。

また肩の痛みを一緒に引き起こしたり、手の指が痛くなる人もいるので注意が必要です。

手首を休ませる機会を作ることも大切

もともと腱鞘炎を引き起こしやすい人は、特に注意が必要です。

手首の腱鞘炎も酷くなると、治るまで時間がかかることがあります。

痛みが強かったり、長引く時は病院に受診しましょう。

また手提げにして持つ時も、長時間同じ側で持たないようにしましょう。

できるだけ手首を休ませる機会を作ることも大切です。

外出中はバッグを置いたり、駅の椅子に座って休むのも良いでしょう。

でもこの時はバッグの盗難には注意して下さい。

セキュリティを強化できるビジネスバッグもあるので、検討してみると良いでしょう。

ビジネスバッグによる腕や肘の痛み

ビジネスバッグを腕に掛けて持つ人は、腕の痛みに気をつけなければなりません。

ビジネスバッグと腕の痛みについて説明します。

同じ側で持っていると痛みが起こることもある

ビジネスバッグをよく腕に掛けて持つ人がいます。

特に女性が手提げバッグやトートバッグを、手に掛けて持っている人を見かけます。

でもずっと同じ側で持っていると、腕に痛みが起こることがあるので注意しましょう。

長時間腕や肘にかけないようにする

ビジネスバッグを腕に掛けると、移動する時など便利です。

でも気づいたら腕の皮膚に持ち手がくっきり残っていたり、しばらく痛くて持てない、というケースもあります。

荷物が重い時は、腕に負担がかかりやすいです。

これが慢性化することもあるので、気をつけましょう。

またバッグは無意識に同じ側で持ったり、掛けてしまいがちです。

特に肘は関節なので、痛めると治りにくい面もあります。

肘のあたりによくバッグを掛ける人は、十分注意が必要です。

長時間腕や肘に掛けないようにしましょう。

ビジネスバッグによる皮膚のかぶれ

ビジネスバッグは身体の痛みだけでなく、皮膚疾患を引き起こすことがあります。

中でも「かぶれ」はよく起こる皮膚疾患です。

かぶれの原因や対処方法を説明します。

かぶれの原因になるため長時間同じ側で使用しない

ビジネスバッグを持っていると、かぶれを引き起こすことがあります。

かぶれは接触性皮膚炎と言い、皮膚が接触することで起こります。

ビジネスバッグの場合、長時間同じ部位で持つことで起こりやすいです。

長時間同じ側で手に持ったり、掛けたりしないようにして、防ぐことが大切です。

かぶれているのに無理に持ち続けると治りにくい

皮膚がかぶれると赤くなったり、かゆくなります。

湿疹などができることもあります。

かぶれの症状があるのに、無理に同じ部位で持っていると、なかなか治らないので気をつけましょう。

なかなか治らない時は、病院に受診することも大切です。

ビジネスバッグを持つことによるあせものトラブル

ビジネスバッグによる皮膚疾患では、「あせも」もよく起こります。

あせもの原因や対処方法を説明します。

夏場に汗をかくことで皮膚のトラブルが起こる

ビジネスバッグを持っている時は、あせもができることがあります。

あせもは夏場に汗をかくことで、皮膚のトラブルが起こります。

あせもというと、子供に起こりやすいイメージはありますが、大人にも起こります。

特にもともと汗をかきやすい人は、注意が必要です。

通気性を常に保つようにして予防したり悪化を防ぐ

ビジネスバッグをリュックとして長時間持っていると、背中にあせもができることがあります。

リュックが背中にずっと接触している状態になるからです。

あせもができるとかゆみが強くなりますが、特に背中にできると辛いです。

また手足のように、すぐ気づく部位ではありません。

何となくかゆみがある、と気づいたら、まずは鏡を使ったり、家族に状態をみてもらいましょう。

かゆみとともに、赤いブツブツができている場合は、あせもの可能性もあります。

できるだけリュックをおろす機会を作って、通気性を保つようにしましょう。

まとめ

ビジネスバッグを持っていると、肩の痛みが起こることがあります。

その他手首や指、腕や肘などにも、痛みが起こりやすいので注意しましょう。

またかぶれやあせもなどの、皮膚疾患を引き起こすこともあります。

バッグを長時間同じ側で手に持ったり、掛けたりするのは控えましょう。

身体のトラブルに注意をしながら、上手に使っていくようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ