スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

ビジネスバッグ選びでNGなことはある?避けた方がよい4つの選び方

   

ビジネスバッグは、仕事のためには欠かせないアイテムであり、購入するときは、自分にとって最適な商品を見極めることが大切です。

「これでいいかな」といった適当な考えで選ぶと、あとから後悔することもあります。

そうならないためには、ビジネスバッグ選びでNGなことについて知っておくようにしましょう。

では、避けるべき4つのポイントを紹介していきます。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

使い方を考えていない

ビジネスバッグを選ぶときは、事前に考えておくべきことがあります。

それが、「ビジネスバッグをどう使うか」ということです。

使い方をしっかり考えておけば、どんなビジネスバッグを買えばよいのか、自然とわかってきます。

しかし、この点を軽視してしまい、ただ漠然と選んでしまった場合は、使いにくい商品を購入してしまう可能性があるのです。

例えば、外周りの仕事で、屋外に持っていくことが多い場合には、それに適した商品を選ばなければなりません。

持ち歩くのであれば、あまり重いと疲れてしまうので、できるだけ軽い商品にすべきです。

また、外で使うとなれば、雨の対策も必要になります。

突然の雨に濡れてしまうことも考えられるので、中身を守るためには、水に強い商品を選ぶのがベストです。

そうなると、水に弱くて重さのある本革のビジネスバッグは、外で使うには向かないことがわかります。

本革は雰囲気があるため、見た目だけで購入したくなることもありますが、使い方によっては避けるべき商品になるのです。

外で使うことが多いのであれば、軽くて撥水加工がしてある、ナイロンのビジネスバッグにしておきましょう。

使い方と商品の特徴が合っているか

ビジネスバッグを選ぶときのコツは、使い方と商品の特徴を照らし合わせて、本当に便利に使えるかどうか、じっくり考えることです。

外で使うのに重いものを選んだのでは、持ち運びに苦労することになりますが、室内に置いておくことが多いなら、重量を気にする必要はありません。

多少重くても、持ち運ぶことが少ないなら、それほど不便に感じることはないのです。

また、持ち運びが多い場合でも、そのときの移動手段が主に車なのであれば、少しくらい重い商品でも問題はありません。

あまり重いとさすがに不便ですが、車に乗せたまま運ぶなら、自分が疲れることはなくなります。

このように、じっくり突き詰めて考えていけば、優先すべき点と妥協してもよい点が、はっきりわかるようになるのです。

失敗を避けるためにも、特徴と使い方は必ず押さえておきましょう。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

容量を確認していない

ビジネスバッグを選ぶときに重要なのは、使い方だけではありません。

持ち運びのことなどをしっかり考えて、適切な商品を選んだつもりでも、実際に使ってみると不便に感じてしまい、がっかりすることもあるのです。

これは、容量を確認しなかったときに、よく起こる失敗です。

例えば、外で使うことを考慮して、軽くて水に強い商品を購入したとしても、容量が少なく、必要なものがすべて入らないようでは、快適に使うことができません。

ノートパソコンを入れて持ち歩きたかったのに、ギリギリで入らない商品だったりすると、思わず悪態をつきたくなるほど悔しいものです。

一方、主に室内で使う場合は、あまり荷物を詰め込まなくてもよいことが多いので、それほど容量がなくても問題はありません。

そのため、きちんと確認せずに大容量のものを買ったりすると、使いこなすことができず、もったいなく感じてしまうことがあります。

こうした失敗を防ぐためには、必ず容量を確認して、どれくらい入るのか知っておくようにしましょう。

ポケットの多さも重要

ビジネスバッグの容量をチェックするのであれば、ポケットの多さにも注目してください。

内側や外側にポケットがあるものは、単純に多く詰め込めるだけでなく、中身をきれいに整理しておくことができるのです。

これには、ポケットだけでなく、内部の仕切りも役立ちます。

そうした便利な機能を備えたビジネスバッグであれば、たくさんの荷物の中から、素早く目当てのものを見つけ出すことができるため、出すときに手間取ることがありません。

適当に放り込んでいると、バッグの中がゴチャゴチャした状態になってしまい、見つけるのに時間がかかったり、一度すべて出すことになったり、不便なことが多く出てきます。

そうしたトラブルを防ぐには、容量と一緒に、収納についてもきちんと確認しておきましょう。

服装に合わせていない

自分に合ったビジネスバッグを選ぶためには、使うときの服装を考えることも大切です。

服装を無視して購入した場合、使うことに抵抗を感じてしまい、せっかく買ったものを放置してしまったり、すぐに手放したりすることがあるので、この点を軽視してはいけません。

例えば、普段スーツで仕事をするのであれば、ビジネスバッグの色は、それに合わせた地味な色である必要があります。

理想的なのは、黒や紺などの落ち着いた色の商品です。

それなら、ビジネスバッグだけが浮いてしまうようなことはありません。

ところが、スーツで働くことを失念してしまい、自分のこだわりや趣味の方を優先して、奇抜な色を選んだりすると、それを持っているだけでイメージダウンになることがあります。

そんなことになっては、仕事に支障が出てくる可能性もあるので、色選びは慎重に行うようにしましょう。

また、一口にスーツといっても、暗い色だったり明るい色だったり、商品によって違いがあるので、自分が使っているものがどんな色か、改めて確認することも大切です。

明るい色のスーツであれば、ビジネスバッグの色も少し明るめにした方が、より違和感のない組み合わせになります。

ビジネスバッグのタイプにも注目

服装に合ったものを選ぶのであれば、色だけでなく、ビジネスバッグのタイプもしっかり検討すべきです。

例えば、ビジネスバッグの中には、リュックタイプの商品もありますが、この商品が最も合うのは、カジュアルな服装になります。

仕事によっては、スーツが必須でないこともあるので、その場合はリュックタイプがおすすめです。

スーツでリュックタイプを使うこともできますが、スーツであれば、スタンダードなブリーフケースなどの方が、よりマッチした印象になります。

このように、ビジネスバッグのタイプは、服装との相性にかなり影響してくるものです。

適当に選ばず、仕事の服装と合っているか、よく考えて決めてください。

自立しないものを選ぶ

ビジネスバッグを外で使うことが多い場合、自立しないものを選んでしまうと、いろいろと不便なことが出てきます。

外回りなどでは、一時的にビジネスバッグを手放し、下に置かなければならない場面もありますが、そんなときに倒れやすい商品を使っていると、あまり印象はよくありません。

ただ倒れるだけならまだしも、うっかり閉め忘れていたりすると、中身がこぼれてしまう可能性もあります。

そんな商品では、不用意に置くことができず、常に持っていなければなりません。

しかし、自立するビジネスバッグなら、下に置いてもまっすぐ立った状態になるため、名刺交換なども素早く行うことができます。

相手にもスマートな印象を与えることができるので、とても便利なのです。

室内でもおすすめ

ビジネスバッグを室内で使う場合も、すぐに倒れてしまうものでは、何かと邪魔になってしまいます。

倒れたビジネスバッグに足をとられ、よろめいた拍子に机の上のコーヒーをこぼし、大切な書類やパソコンを台無ししてしまうこともあります。

大袈裟なようですが、床の上に余計なものが転がっている状態だと、そうした事故が起きる可能性は高くなるのです。

その点、しっかり自立する商品なら、床に置いたところで何も困ることはありません。

スムーズに仕事をするためにも、ぜひ自立するビジネスバッグを使ってみましょう。

まとめ

ビジネスバッグは、基本的に便利なものであり、仕事に役立つアイテムです。

しかし、選び方が間違っていた場合は、あまり便利に使うことができず、むしろデメリットの方が目立ってしまうこともあります。

確実に役立つ商品を購入するためには、ここで紹介したNGなポイントを参考にして、慎重に選ぶようにしましょう。

避けるべき点をしっかり把握していれば、適切な商品を見つけることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ