スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

丈夫だからと甘えちゃダメ!ナイロンのビジネスバッグを使用する際の注意点とは?

   

[クリスチャンジョルジュ] CHRISTIAN GEORGE CHRISTIAN GEORGES2ルームナイロンビジネスバッグ(撥水) CG6008 BK (BLACK)

ナイロンのビジネスバッグは、少なくとも本革性のビジネスバッグに比べると丈夫なところがあるでしょう。

雨にぬれても大丈夫な事が多いですし、汚れにも強い傾向にあります。

しかしだからといって甘えているとすぐにダメになってしまうでしょう。

そこでここではナイロンのビジネスバッグを使用する際の注意点について紹介していきます。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

雨にはなるべく濡れないようにする

ナイロンのビジネスバッグは、確かに多少雨には強いです。

撥水加工がされていることが多いので、雨はきちんと弾いてくれるでしょう。

しかしだからと言って、雨の中でまったく雨を避けないでソレを使用していて、中身が絶対に濡れないかと言うと、そんなことはありません。

雨の中でソレを使用していると結果的に中身が濡れてしまう可能性も高くなります。

だから、出来れば雨の日にそれを使用する際には、なるべく雨には濡れないようにして使用していくのがおすすめです。

完璧な撥水なわけではないことが多い

ナイロンのビジネスバッグの撥水加工は、そこまで完璧ではないことが多いです。

それはそうでしょう。

確かに撥水加工はしているもののそもそもビジネスバッグを、雨ざらしで使用するとはだれも思いません。

だから、たとえば過酷な環境で使用する事が想定されているアウトドア系のアイテムの撥水加工と比べてしまうと、そのレベルは高くない事が多いのです。

そうして撥水レベルがいまいちなのであれば、やはり雨の中で堂々と使用するのは危険だと言えます。

濡れたら困るものも多いはず

ビジネスバッグの中には、濡れたら困るものも多いはずです。

たとえばパソコンなどが入っていることも多いでしょう。

パソコンは、だいたいの場合で水に弱いです。

ちょっと水に濡れたらそのせいで動かなくなるということも珍しいことではありません。

そもそもパソコンを持ちだしているという事は使用する予定があるわけですから、それが壊れてしまったらすごく困るはずです。

なので、濡れないようにして運ばないとなりません。

また、パソコンだけではなく、書類なども濡れたら困るはずです。

紙は濡れたら文字が読めなくなります。

また、くっついてしまい、破けてしまう事も出てくるでしょう。

そこに入っている書類には、そうなったら困るものも多いでしょう。

だから、濡れないように使用していかないとならないのです。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

保存方法に注意が必要

ナイロン素材のビジネスバッグを使用する際には、保存方法にも注意が必要だと言えます。

なんとなくビジネスバッグは、帰ってきたらそのあたりの置きっぱなしになっているという事も珍しいことではないでしょう。

でもそうして置きっぱなしにしているということは、しわが寄ってしまう可能性が高いという事です。

丁寧に置いていればしわも出来ないでしょうが、その辺りに置きっぱなしにしているような時点で、しわが出来ないように丁寧に置いているという事はまずないでしょう。

むしろしわがよりそうな状態でおいてあるはずです。

そんな状態で長く放置されていれば、しわが寄らないはずもありません。

だからそうならないように、出来れば帰宅したらきちんとハンガーなどにかけてビジネスバッグを保存するようにしていきましょう。

ナイロンはしわがよりやすい

特にナイロン素材のビジネスバッグはしわがよりやすいと言えます。

しわがよりやすいビジネスバッグをそんな風にしわがよりやすい状態で放置していたら、間違いなくシワシワになってしまいます。

それではビジネスシーンでは使えなくなってしまうでしょう。

しわがあると清潔感に欠けて見える

しわが出来ているビジネスバッグは、清潔感に欠けて見えるところがあります。

清潔感にかけて見えるというのは、やはりビジネスシーンではご法度です。

ビジネスシーンで最も大切なのは清潔感だと言っていいでしょう。

基本的には清潔感を感じる方は、それだけで印象がよく見えます。

そしてビジネスでは、そんな印象がすごく大切になります。

印象が悪いと、何を言っても良いことを言っているように聞こえませんが、印象が良いとそれだけ何を言っていても良いことを言っているように聞こえるくらいです。

そういうことがあるので、印象は良くしておくに越したことはありません。

印象を良くするためには清潔感は欠かせませんから、ビジネスシーンでは清潔感が大切だと言えるのです。

清潔感は、持ち物にもグッと左右されるものなので、やはり清潔感に欠けて見えるしわのよったビジネスバッグは使用できません。

だからナイロン素材のビジネスバッグは、ハンガーにかけて保存するべきなのです。

傷つけないように使用しないとならない

ナイロン素材のビジネスバッグは、汚れが目立ちやすいという弱点があります。

基本的に汚れが付きづらい素材ではあるのですが、いざ汚れがついてしまうと、それは汚れと言うか傷のように見えてしまうのです。

白っぽく傷のように見えてしまうと、それはどうしても目立つものです。

傷が出来ているように見えるビジネスバッグの印象はどうでしょうか?

それはやはり、清潔感に欠けるように見えてしまうでしょう。

それでは結果、そのビジネスバッグは使えなくなってしまいます。

そうなっては困りますから、ナイロン素材のビジネスバッグを使用する際には、なるべく傷つけないように使用しないとなりません。

身体の近くで持つようにする

では、どうすればなるべく傷つけないようにしてナイロン素材のビジネスバッグを使用する事が出来るでしょうか?

それはやはり、身体の近くから離さないようにするというのが一つのポイントになるでしょう。

身体から離せば離すほどに、何かにぶつかる可能性が高くなります。

近くでもっていれば、その分小回りも効きますし、障害物なども把握しやすいので、無駄に何かにぶつかるという事もないでしょう。

だから、傷つけないように使用できると言えるのです。

是非そうして注意して、なるべく傷つけないよう使用していってください。

カジュアルに見えないように注意

ナイロンのビジネスバッグは、少なくとも革のビジネスバッグに比べるとカジュアルな印象のあるビジネスバッグになります。

なので、それを使用する際には、少しでもカジュアルに見えないように気をつけていかないとなりません。

では、ナイロンのビジネスバッグでカジュアルに見せないようにするためには、どんなことに気をつければ良いでしょうか?

無地のものを選ぶ

それは、無地の物を選ぶことです。

ビジネスバッグは大体無地ですが、ナイロンのビジネスバッグの場合、生地にブランドロゴなどがはられていることが珍しくありません。

でもそれがあると一気にカジュアル度が増してしまいます。

やはりビジネスシーンでは、カジュアルに見えてしまうのは良くありませんから、少しでもそう見えないように、出来れば無地の物を選ぶようにしていきましょう。

無地であれば、その色柄のシック感によって、素材のカジュアル感をぐっとカバーしていくことが出来ますから。

まとめ

ナイロン素材のビジネスバッグを使用する際の注意点としては、以上の通りになります。

是非これらの事を参考にして、ナイロン素材のビジネスバッグを適切に使用していってください。

ナイロン素材のビジネスバッグの良さを活かすためにはこれらの注意点は守るべきですし、どうせならその良さを活かさないと勿体ないですから。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ