スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

新人さんのビジネスバッグ選び、実は2種類欲しいところだけど

   

GLEVIO(グレヴィオ) 一流のカバン職人が作る ダレスバッグ ビジネスバッグ メンズ A4 ブラック

昔はよく、学生カバンを抱えて出勤する男性を多く見たものです。

あの当時は勿論、パソコンなどは夢のまた夢の時代でしたから、入っていたのはその日に必要な書類等だったでしょうね。

加えて筆記用具とか、タバコも入っていたでしょう。

しかし今の世の中、さすがに学生カバンを仕事で使っている人もいなくなりました。

多くのビジネスバッグが、仕事のパートナーとして活躍してくれるようになったのです。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ビジネスバッグは何より必需品

昔もそうでしたが、会社に置きっぱなしにしておけるものというのも勿論あります。

しかし、持ち帰って仕事したいもの、安全のために身に着けておきたいものなど、常に持ち運びの必要なものも結構多くあるのです。

加えて今の時代、マイパソコンも必需品です。

会社のパソコンだけでは処理できないものや、家への持ち帰り仕事のために必要なデータを処理するためにも、パソコンの1台は荷物に入ることになります。

となると勿論、ある程度のサイズも荷物が必要になりますね。

あまり荷物というものを持たなかったビジネスマンですが、何時の間にか結構大きなバッグを持って移動する姿が、日常になりました。

その荷物を入れるのが、ビジネスバッグというわけです。

それで言ったら昔のあの学生カバンも、ビジネスバッグの一種であったわけですね。



私が絶対おすすめするビジネスバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

バックパックからキャリースタイルまで

さてこのビジネスバッグ、今ではありとあらゆるスタイルのものが販売されています。

背負っていけるバックパックタイプのものや、スタンダードな手持ちのもの、ショルダータイプのものまでとりどりです。

1泊用のキャリーバッグも、ビジネス用のものが出ています。

実際このタイプ、資料の多く必要な営業マンにはかなりお役立ちで便利なビジネスバッグです。

ビジネスウーマンの場合、トートバッグ形式のものを持ち歩いている人が多いですね。

トートスタイルなら、仕事以外でのお供にも違和感がありませんし、荷物がよく入るので非常に便利です。

これもまた、今の世相を反映していると言っていいでしょう。

どんなビジネスバッグを用意したら

ベテランのビジネスマンやウーマンの場合、新しいビジネスバッグを購入となっても、まあそれほど問題なく次の一品を選ぶことが出来ます。

しかし新人さんの場合、ちょっと悩んでしまうのは仕方のないことです。

使い勝手をまず優先的に

もともとビジネスバッグというのは、実用品の最たるものです。

何がどこに入っているか、直ぐに取り出せるかが肝になります。

外観や色、素材なども大事ですが、まず一番に考えなくてはいけないのが、使い勝手です。

よく小物を行方不明にしてしまう人の場合、ペン入れなどの機能が付いているものを選べば、小物がどこにあるのかすぐに分かるし入れることが出来ます。

パソコンは必須という人には、パソコン収納部分が付いているものが最適です。

自分にとっての使い勝手をまず、優先して考えましょう。

用途を考えてみよう

用途と言っても、要は仕事用だしと思うかもしれません。

しかしこれが大事なことです。

会社に行ってする仕事のために持ち歩くのか、得意先に行くために持っていくのか、これだけでもビジネスバッグのタイプを考えなくてはいけません。

営業などで取引先に行く場合、やはり相手に、こういうビジネスバッグを使っているのだから、この人は出来る人だと思わせたいですね。

持ち物着るもの、仕事で相対する人は結構相手を観察しています。

仕事用のあれこれの入ったビジネスバッグは特に、仕事で使用している大事なものということで、持ち主の評価に繋がります。

できるだけきちんとした、奇をてらわないものを使用したいですね。

しかしこれが、会社に行く時に必要なものを持っていく、と言う用途になるとまた違ってきます。

この場合、自分にとっての使い勝手が良ければ、それが何よりなのです。

用途を考えての購入が、やはりおすすめですね。

基本的にあって欲しいビジネスバッグの機能

用途などで素材や形の違いはありますが、まずはビジネスバッグに最低あって欲しい機能をご紹介します。

床置きした時に自立するもの

当たり前のように見えますが、これは大事なことです。

しっかりと自立するビジネスバッグは、ビジネスバッグとしての最低条件です。

取引先に持っていった場合など、足元において中の荷物を取り出す時に、バッグが倒れていたりしたらそれだけで信用を失ってしまいます、大事な書類の入ったバッグ、しっかりと自立して中身を守っていることをアピールしたいものですね。

移動の邪魔にならない

ある程度の大きさのあるのがビジネスバッグです。

結構中身が多くなりますので、自然サイズもそれなりのものになってしまいます。

特に必需品であるパソコンが、普通のノートパソコンであった場合など結構大きく重くなってしまいます。

となった場合、移動の時のじゃまにならないものであるかどうか、これも大事なポイントです。

車での移動が多い場合は、あまり問題がありません。

しかし電車での移動や徒歩での移動が多い場合、できるだけ持ち運びやすいものを利用したいですね。

キャリータイプだと満員電車では迷惑になりますが、やはり重い荷物は運びやすいものです。

サンプルなど多い場合、役に立ちます。

そこまで行かなくても、ショルダータイプやバックパックでも使えるものは、大変に便利です。

特に2ウエイや3ウエイで使用ができると、通勤時にも営業時にも使用ができるので、おすすめしたいところです。

通勤用ビジネスバッグと営業用など仕事用バッグ

一言でビジネスバッグと言っても、タイプが本当に多くなりました。

通勤用のカジュアルなものをそのまま、営業などの仕事用にするのは可能でしょうか。

できれば分けておきたい仕事用と通勤用

通勤は、車で通勤以外の場合、やはり荷物は邪魔にならず運びやすいものにしたいですね。

自転車やバイクでの通勤なら、バックパックタイプが最もおすすめです。

満員電車での通勤なら、ショルダータイプが片手が空くので便利に使えます。

しかしどうしても、これらの形のバッグの場合カジュアルに見えてしまいますね。

仕事によっては問題ないかもしれませんが、特にお硬い仕事で取引先にも気を使う必要がある場合は、これらは避けたほうが賢明です。

ごく普通の手持ちスタイルのもので、素材も場合によってはレザーなどがおすすめです。

色もソリッドカラー、黒や紺にしておけば間違いがありません。

仕事用、すなわちフォーマルと考えておくのがベストです。

2種類用意するのは無理なら

とは言っても特に新人さんの場合、経済的にも2種類のビジネスバッグというのは、いささか辛いところですね。

なので通勤用と兼用で使用していきましょう。

ここでおすすめできるのは、取り外しのできるストラップのついた、2ウエイショルダーです。

通勤の時には肩にかけておけますし、また取引先に行く途中も移動時には肩にかけておけます。

相手の会社に入る前にストラップを外して、手持ちスタイルにしておきましょう。

このタイプのビジネスバッグは、ナイロン製の機能性の高いバッグが主流です。

できるだけ良い素材のものを選んでおけば長く使えますし、よほどのことがない限り仕事上の問題も起きません。

とは言え最終的には、ベテランさんの指示を仰ぐことをおすすめしたいです。

まとめ

新人さんたちのビジネスバッグ選びというのは、あまりに種類が多くなったことで難易度が増してしまいました。

なのでひとつずつ、必要不可欠な条件を数え上げて、できるだけそれらを満たしてくれるようなものを選んでいきましょう。

用途、入れるもの、移動手段など、全てを満たすのは不可能かもしれません。

しかしできるだけ多くの条件をクリアできるものを、選んでいってくださいね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ビジネスバッグ