スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

隙間が空かないバックパックを選ぶには?失敗しないための4つの注意点

   

バックパックを購入するときは、隙間に注意することが大切です。

背中とバックパネルの間や、肩とショルダーハーネスの間に隙間ができるようなものは、選ぶべきではありません。

背負ったときに隙間ができてしまうようなら、体にうまくフィットしていないということです。

では、隙間が空くバックパックを避けるためのチェックポイントについて、詳しく説明していきましょう。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

フィッティングをする

隙間が空かないバックパックを選ぶのであれば、店頭でのフィッティングは必ず行うべきです。

背負ったときに隙間ができるかどうかを確かめるためには、やはり実際に背負ってみるのが一番確実な方法になります。

バックパック選びでは、デザインや値段に気を取られてしまうことも多いですが、隙間が空き、使うときに不便さを感じるようでは、無駄にストレスをため込むことになってしまいます。

そんなことになれば、旅行や登山などを存分に楽しむことができません。

快適に使えるバックパックを見極めるためには、しっかりフィッティングをして、隙間の有無を確かめるようにしましょう。

バックパネルがフィットするか

バックパックのフィッティングでチェックすべきポイントは、やはりバックパネルになります。

背中とバックパネルの間に隙間があると、バックバックがうまく安定しません。

そのため、後ろに傾いてしまうことも多く、荷物の重さで体が引っ張られ、疲れやすくなってしまうのです。

特に、大型のバックパックで、かなり重いものを背負わなければならない場合、そのようなバランスの悪いものはとても不便なので、しっかりチェックしてください。

自分でよくわからないないときは、一緒に来た友人や家族、店員に声をかけて、後ろを見てもらうようにしましょう。

重りを入れる

バックパックのフィッティングでは、そのときの重さにも注意してください。

空のままのバックパックを背負っても、よいフィッティングができない場合があります。

バックパックに何も入っていない状態だと、あまり重さがありません。

しかし、バックパックを実際に使うときは、さまざまな荷物を入れることになるため、ずっしりと重くなっているものです。

この違いが、判断を誤る原因になってしまいます。

例えば、空の状態でショルダーハーネスが浮き気味になったとしても、中身があるときに浮くとは限りません。

重くなったことで、ちょうどよいフィット感になることもあるのです。

また、空の状態で問題なかったとしても、中身があると肩に食い込みすぎて不便な場合もあります。

そのため、空のままのフィッティングで決めてしまうのは早計です。

店員に頼むと重りを入れてくれるので、なるべく中身がある状態で試してみるようにしましょう。

通気性にも注目

余計な隙間ができないバックパックは、背負ったときの安定性は高くなりますが、蒸れには注意しなければなりません。

背中の蒸れを軽減するためには、できるだけ通気性のよいものが最適なので、フィッティングのときに一緒に確かめておくようにしましょう。

隙間が少ないと、どうしても通気性の確保が難しくなってしまうので、適当に選んでしまうと、あとから困ることになってしまいます。

バックパックにメッシュ素材が使われているものは、とても通気性がよく、長く背負っていても不快になることはありません。

汗が少なくなれば、冬の体温の低下も抑えられるので、なるべく風通しのよいものを選んでおきましょう。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

チェストベルトをチェックする

隙間のないバックパックを選ぶなら、チェストベルトの有無をチェックすることも、忘れてはいけないポイントになります。

チェストベルトは、ショルダーハーネスをつなぐように締めるもので、荷重を分散して、しっかりとバックパックを支えるために役立つものです。

バックパックはたくさん荷物を入れることも多いので、肩のショルダーハーネスだけに重さが集中すると、痛くなってくる可能性があります。

しかし、チェストベルトや腰のウエストハーネスがあれば、3点で重さを支えることができるため、ショルダーハーネスが肩に食い込むようなことはありません。

そして、3点でバックパックを支えるということは、傾いたりせず、きちんと体に密着するということでもあり、隙間を防ぐためには欠かせない要素なのです。

したがって、体にフィットするバックパックを選ぶときは、チェストベルトがあるかどうか、よく見ておくようにしましょう。

ショルダーハーネス・チェストベルト・ウエストハーネスの3つで固定すれば、隙間を防ぎ、なおかつ楽に背負うことができるのです。

自分に合ったモデルを

バックパックに隙間をつくらないためには、自分の合うモデルを選ぶようにしましょう。

最近のバックパックは、女性用モデルがたくさん出ています。

女性用だと、背面長や横幅などが通常のバックパックとは違っており、よりフィットしやすいように設計されているのです。

そのため、女性がバックパックを選ぶときは、なるべく女性用モデルから選ぶようにしてください。

もし体にフィットしなければ、それだけ隙間ができる可能性も高くなるので、この点を軽視するのはよくありません。

通常のバックパックでフィットするなら問題はありませんが、どうしてもうまく合わず、隙間ができてしまうようなときは、ぜひ女性用のモデルを試してみてください。

女性用があるか確認を

女性がバックパックを選ぶときは、通常のモデルだけに注目せず、女性用モデルがあるかどうか、しっかり確認しておいてください。

初心者であまり詳しくない場合は、女性用モデルをチェックせず、通常モデルだけで決めてしまうことがあります。

その場合、少し合わないようなものでも、「これしかないなら仕方がない」と諦めてしまうのです。

しかし、妥協して隙間のあるものを選んでしまうと、あとから困ることになります。

そうならないためには、女性用があるかどうかきちんと確かめて、なるべくフィットしやすいものを選ぶようにしましょう。

現在は女性用モデルのラインナップもかなり増えているので、よく見て選べば失敗することはありません。

国内産の商品を選ぶ

隙間ができず、しっかり体にフィットするバックパックを選ぶなら、海外の商品には注意してください。

海外のバックパックにも優れた商品は多くありますが、基本的に欧米人に合わせた設計になっているため、日本人だとうまくフィットしないことも多いのです。

そのため、海外の商品だけに注目してしまうのは、あまりおすすめできません。

自分とは異なる体格の人に向けた商品なので、なかなかぴったりなものを見つけられない可能性があります。

よいものが見つかれば問題はありませんが、もし見つけられないようなら、なるべく国内産の方から探して見るようにしましょう。

国内産のバックパックなら、日本人の体格に合わせてあるので、自分に合うものを見つけやすくなります。

日本のメーカーだと、モンベルやマウンテンダックスが有名なので、ぜひチェックしてみてください。

また、海外の商品から探すとしても、グレゴリーやミレーといった有名なメーカーにすることをおすすめします。

安さだけを優先してマイナーなメーカーのものを選ぶと、隙間ができるようなハズレ商品を引き当ててしまうことが多いので、十分注意してください。

まとめ

隙間がなく、きちんと自分の体にフィットするものを見つけるためには、適当に選んだりしてはいけません。

よいバックパックを購入するなら、ここで紹介したポイントをしっかりチェックして、隙間ができないものを確実に見極めてください。

こまかいポイントを見落とさず、慎重に検討していけば、本当に使いやすいバックパックを購入することができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック