スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

騒音対策どうする?キャリーバッグの騒音を抑える為の方法

      2017/03/24

【キャリーバッグ 機内持ち込み 軽量 2WAY】キャリーバック スーツケース 人気 (ブラック)

キャリーバッグは、すごく便利なものです。

でも、日常使いするには一つ気になる点があるという人も多いでしょう。

それが、騒音です。

騒音が気になると、やはり日常の中では使いづらいものです。

キャリーバッグの騒音を防ぐためには、どうしたらよいのでしょうか?

ここではそんな、キャリーバッグの騒音対策の方法を紹介します。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

タイヤをゴム製のものにする

キャリーバッグには、タイヤがプラスチック製の物とゴム製の物があります。

プラスチック製のものの方がやはり、キャリーバッグを移動させている際にごろごろと音がなってしまうものです。

プラスチックのものを、あまり舗装されていない道路の上で動かすところを想像してみて下さい。

すごく大きな音がなってしまうものです。

でも、ゴム製のタイヤであれば、それ自体が音をはっすることはないでしょう。

もちろん振動によってキャリーバッグからは音が出てしまいます。

だから、タイヤを変えたくらいでは全く音がでなくなるということはありません。

それでも間違いなくプラスチック性のタイヤを使用しているよりは、騒音は静かになることでしょう。

タイヤだけ交換してもらうこともできる

キャリーバッグは、意外と世の中にたくさん修理屋さんがあります。

そういうところに依頼すれば、意外と簡単にタイヤは交換してもらえるものです。

費用的にもそこまでかかるということはないでしょう。

もちろんタイヤを購入して自分で交換するというのもアリですが、上手くつけることができないと、結局それはそれで騒音がするようになってしまうでしょう。

せっかくお金を払ってゴム製のタイヤを購入したのに、それでもまだ騒音がしてしまうというのであれば、それはもはやタイヤを購入した意味がないといえます。

だから、そうならないように、最初からプロに相談してやってもらうのがベターだと言えます。

それならばまず間違いなくタイヤを交換することによって、損をするということはなくなるでしょう。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

なるべく綺麗な道を歩くようにする

キャリーバッグの騒音対策としては、なるべく綺麗な道を歩くようにするという事もあります。

キャリーバッグの騒音が気になって、周りに迷惑なのではないかと考えてしまう方は、そもそもそれが発生しないような道を歩けばよいのです。

それは確かにそうして道を変えることで遠回りになることもあるかもしれません。

でも、それで音が静かになることがあるのであれば、そうした方が穏やかな気持ちで移動することができるでしょう。

でこぼこの道だとどうしてもうるさくなる

でこぼこの道を進んでいると、どうしてもキャリーバッグの音はうるさくなってしまいます。

そして日本の道は、綺麗に見えても意外と舗装があまいところがあります。

だから、何も考えずに移動させているとそれだけでうるさくなってしまうのです。

でも、日本の道でもきれいなところはあります。

例えばあたしくできた道であれば、比較的に綺麗であることが多いです。

そういうところであれば、キャリーバッグを引っ張っても騒音はしないでしょう。

新しいところでなくとも、たとえば排水の近くの灰色のところなどは、すごく平らなので、常時ガラガラうるさいということはなくなるでしょう。

このように、上手く道をあるけばそれだけで騒音を防ぐことができることもあるのです。

もしタイヤを交換するお金がなかったり、それは勿体ないと思うのであれば、こうして少しでも音がしなさそうなところを歩くようにするのがおすすめです。

荷物をあまり詰めないようにする

キャリーバッグは、荷物をパンパンに詰めてしまうとすごくうるさくなってしまいます。

荷物をパンパンに詰めると、キャリーバッグの中は必然的にすごく重たくなります。

中身が重たくなると、当然ガラガラという音も大きくなりがちになります。

なので、キャリーバッグの中の荷物は、詰め過ぎないようにすることがおすすめです。

もちろんキャリーバッグなので、色々と中に物をつめたくなるのは当然ですし、ある程度であれば詰めるのはアリでしょう。

全然入れないでキャリーバッグを転がしていっても、今度は中で荷物が暴れてうるさくなるという可能性もあります。

だから、ある程度の荷物を入れるのは間違いではありません。

良くないのはあくまでも、たくさん荷物を入れ過ぎることです。

一番良くないのは少量の重たい荷物を入れること

でも、荷物をたくさん詰めるよりもさらに良くないことがあります。

それが、少量の重たい荷物を詰めるという事です。

少量の重たい荷物を詰めると、まず重たさはたくさんの荷物を詰めた時と同じくらいにすごく重たくなってしまいます。

だけど、荷物自体は少量なので、キャリーバッグの中にはしっかりとした空洞があることになります。

しっかりと音がなるのに、中には空洞がたくさんあるということは、うるさくでた音がその空洞でさらに大きくなって外に出るということになります。

ということは、間違いなくすごくうるさくなるでしょう。

だから、キャリーバッグの中に少量の重たい荷物を入れるのは騒音対策としては一番良くないと言えます。

逆に一番良いのは軽いもので埋めること

では逆に一番いいのは何でしょうか?

それは一番悪い事の逆をすればよいということになるでしょう。

つまり、軽いもので空洞をうめていくのです。

そうすると、中で荷物が暴れることもなければ、重たさで大きな音が出ることもない、さらには音が出ても中に空洞がないのでその音が大きくなることがないと、いいことづくめになるのです。

だから、騒音対策としてあえて余分なスペースにタオルなどを詰めてみるのもアリでしょう。

そもそも音の小さいキャリーバッグに換える

今やキャリーバッグの中にも、キャリーバッグの最大の弱点と言える、騒音対策に工夫を凝らしているキャリーバッグも登場しています。

特殊な設計により、ごろごろしてもあまり音が出ないようなキャリーバッグが、意外とたくさん出ているのです。

だから、どうしても騒音が気になり、いちいち手間をかけて騒音対策するのが面倒だというのであれば、そうしてみるのが良いでしょう。

価格帯的にもそこまでしない

騒音対策がしっかりしているキャリーバッグというと、なんとなくすごく効果なのではないかと感じてしまう人もいるでしょう。

でも、実はそんなことはありません。

安ければ10000円代からでも出ているのです。

もちろん高いものであれば50000円位するものもありますが、10000円代で買えるものもあります。

だから、騒音対策がしっかりしたキャリーバッグが欲しいけれどあまりお金がかけたくないという方にもすごくおすすめできるものになっています。

10000円代で買えるのであれば確かに、いちいち手間をかけるよりもコスパが良いと言えるでしょう。

いちいち手間をかけていたらその分の時間が増していきます。

その分の時間を短縮できるのだから、それには10000円くらいのお金は払う価値はあるでしょう。

時間短縮の為にタクシーやバスに乗るというのと、同じようなことだと言えますから。

まとめ

キャリーバッグの騒音が気になる方は、タイヤをゴム製にするか、あるいは綺麗ででこぼこしていない道を歩くか、荷物の詰め方に工夫をするか、最悪キャリーバッグ自体を、清静音がウリのモノにかえていくと良いでしょう。

これらのことにトライしてもでるような騒音は、現状では我慢するしかないと言えます。

でも、これらのことにトライすれば、気になるほどの騒音はなくなるのではないでしょうか?

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ