私の面白いと感じたアニメを一挙に教えます!!

アニメ ラノベ


ノーゲームノーライフ

アニメ好きには超有名ですね。

そして何より私がアニメにハマった原因でもあります。

絵が綺麗だし音楽も良い。最初にオープニングを聞いた時は鳥肌が余裕で立ちました。

キャラクターも個性に溢れていて見ていて飽きるはずがありません。


引きこもりニートな兄妹【空】と【白】はゲームなら二人で【空白】無敗の記録を誇る超ゲーム廃人 。そんな二人にある日一通のメールが そして開くとチェスゲームが出て勝負する事に しかしこの二人が全力で戦うも苦戦し、かろうじて勝った頃には6時間が経過していた。さらにもう一通メールが来てなんと異世界へと連れて行かれる。その世界はゲームで全てが決まる世界(ディスボード)。兄妹にはぴったりのこの世界には兄妹と同じ人類種(イマニティ)の他に知性を持つ種族が15種いてそれらを含めた16種族の事をイクシードと呼ぶ。その中には獣人種(ワービースト)や森精種(エルフ)といった超能力や魔法を使える種族ばかり。しかしただ一種だけそれらを使えない種族がいる。それが兄妹と同じ人類種。魔法なんていう公式チート使い放題の敵に対し魔法を使えない最弱の種族の兄妹は弱者なりの戦い方を見いだし勝負に挑む。


とまああらすじはこんな感じですかな。

「最弱だからこそ最強に勝てる。」やっぱりこういうのは憧れますね。

私には到底成し得ない芸当ですがね。

それに全てがゲームで決まるので頭脳戦が白熱します。

ストーリーやゲームでの作戦、裏の読み合い、謀略戦も面白いですが声優陣も豪華で素晴らしいです。

《主人公》

【空】 松岡禎丞様            【白】 茅野愛衣様

《キャラクター》

【ステフ】 日笠陽子様        【ジブリール】 田村ゆかり様          【クラミー】 井口裕香様

【フィール】 能登麻美子様         【初瀬いづな】 沢城みゆき様         【テト】 釘宮理恵様

不肖わたくしめは松岡様、茅野様、沢城様の大大大ファンでございます~。(ジブリール風)

私は特に空白のセリフ「さあ、ゲームを始めよう」が大好きで聞くたびに身ぶるいしてしまいます。

でもやっぱり「あまり人類を舐めてんじゃねえ」も良いなぁ。

ロクでなし魔術講師と禁忌経典(アカシックレコード)

これは私が初めてライトノベルで読んだものです。

私は非常に好きなんですが、アニメのレビューなんかを見るとあまり人気がないようにおもいます。

声優とキャラがあっていないやら後半が面白くないやら原作の方が良かったやら言われています。

私はアニメから入っているのでそういうのは全くなかったんですよ。

ラノベで読んでる時は声優の声をイメージしているし、ずっと面白かったし、最高アニメです。

でも後半が面白くないという意見もわからなくはないです。

たぶんおそらくきっと、展開が早すぎたんだろうと思います。

ラノベにある設定もいくつか無くなっていました。

でもストーリーがすごく私の好みでした。


仕事をやめニートになり一年。居候として家主の【セリカ】のスネをかじり続けた【グレン】 しかしついに強制的に魔術学院の非常勤講師として働かされることに。初めはやる気がない授業で評判は最悪だったが、生徒の【システィーナ】や【ルミア】と関わり真面目に授業をするようになる。途中ふざけたりはするが授業の内容が常識を覆すような事ばかりで評判が急上昇。そんな中政府と敵対する魔術結社が学院を襲い非常勤講師は戦いに巻き込まれる。だがこの講師、実は元宮廷魔導師団で魔導師殺しと呼ばれるほどの者で…


とここまで聞くと最強の男が敵を倒していくように思いますがそうではありません。

【グレン】には実は魔導師として致命的な欠点があり、幼少期は魔導師にはなれないとまで言われていました。

でもその欠点を補い逆に自分の強みに変え戦います。

私は主人公がニートで弱さを強さに変える系のアニメが好きなようですなぁ。

私がこのアニメで好きなところは【グレン】が『ろくでなし』だというところです。

でもグレンはただの『ろくでなし』ではありません。

責任感が強くみんなを守るために命を懸けて戦ったりします。

でもどこか抜けていることがありそこがまた憎むに憎めなかったりします。

やっぱりいいキャラだなぁ。

この素晴らしい世界に祝福を

こちらのアニメも主人公はニートです。

なぜだろうやっぱり私はニート主人公のアニメにハマりがちな気がします。

このアニメは超有名。

ラノベのほうもたくさん出ていてスピンオフも多いです。

こちらのアニメもやはりキャラが良く面白いコメディです。

このアニメの声優さんは豪華で面白い人たちです。

このすばラジオというのがありまして、平凡な冒険者カズマ役の福島潤さんと天才魔法使いめぐみん役の高橋 李依さんの二人でやってたんですが面白すぎて作業用BGMになんてなり得ません。

たまにゲストも来てさらに面白さが増します。

わたしは「荒くれものだが実は機織り職役」の稲田徹さんが来た回が好きです。

アニメのほうもとても面白くて、笑いを我慢することはできないです。

コメディ要素がたっぷり詰まっていて、少なくとも1分に1回は笑います。

登場する人物全てが問題だらけで普通の人など一人もいません。

こういった異世界系のものは主人公は真面目なのが多いのですがカズマさんはとても人間味があります。

欲望があるのに、いざ手に入りそうになるとビビってしまう そんな人間らしいキャラクターです。

他のキャラクターもとても面白いです。

また、「このすば」は声優さんのセンスが輝いているアニメで、至る所にアドリブが入っています。

小声でボソッと面白いことを言っていて二回見ることで新たに気づくこともしばしばです。

何度見返してもずっと面白い最高の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメ ラノベ