映画「君月」もう見た?私の感想会!

小説, 映画

この記事の内容

はじめに

「キミは月夜に光り輝く」という小説を知っていますか?

私も以前(これの一つ前に)記事にしたことがあります。(泣ける小説「君は月夜に光輝く」を紹介!ネタバレもあるよっ!

なんとその小説が映画(実写)化しました!!

おめでとう!素晴らしい

そして私は……見に行きました~!!(小説版を貸してくれた友人とともに)

見る前のCMを見ているときは正直微妙な感じがしていました。

卓也君(主人公)のほうは気怠い感というか全てに興味ない感があって良いと思ったのですが、まみず(ヒロイン)のほうが微妙でした。(永野 芽郁さんファンごめんなさい!)

小説を読んだ感じでは「美少女」の中でも清楚でおしとやかなイメージだったのですが映画では可愛い寄りな感じでした。(良い意味で微妙だったんだよ)

でも映画を見て「これもまたアリやな」って思いました。っていうかむしろ良い、みたいな?

まぁ私はいつも見る前に違和感あっても大体見た後はしっくりくるんだけどね…(じゃあ言うなとか言わないで!)


映画化しているので本1冊を1時間ちょいにまとめなければいけないのです。

それはつまり全ては入りきらない(どこかはカットされる)ということです。

それはしょうがないこと。だからどうカットしてどう話をつなげるかが重要になってくるわけです。

そこに焦点を当てて映画「君月」を評価(上からですみません!)すると……素晴らしい!!

本当に良く出来ているなぁと感じました。

確かに入れてほしかったけどカットされていた所もありましたが、話の流れが上手く出来ていて見やすかったです。

また小説のほうには無かった所もあり、監督のセンスを感じました。

その監督の名は月川翔。話題にもなった「キミスイ」こと「君の膵臓を食べたい」の監督さんです。

「君膵」と「君月」 何かの運命を感じますね。

そんな素晴らしい映画なのですが、少し残念な部分もありました。

それは、やはりカットされてしまった部分です。

ここからはネタバレもあるので注意!!


内容

例えば亀之助のことや卓也のクラスメイトで親友でもある香山のクズ野郎感です。

小説では香山は女たらしでクラスの担任の先生ともそういう関係になります。

さらに先生に別れ話をしたいが厄介なので卓也君に代わりに話させるのです。

これは明らかにクズだった(後に良い奴になって親友になる)のですが、映画では最初から良い奴でした。

もうちょっとはクズ野郎感を出しても良かったのではないでしょうか。

他にはまみずの「代わりにやってほしいこと」が少なかったことですが、これは時間の都合上しょうがないのかなと思います。

そして最後にまみずの死ぬ前の屋上でのシーンです。

まみずが死に近づくにつれて卓也君の心が壊れていってしまい死のうとするところが無かったです。

またその後にまみずの発光病の症状で発光するシーンがあるのですがそこの光り具合がイメージと違っていました。

私は真っ白ではなく少し青というか緑というか淡い感じのイメージがありました。

 

しかし映画ならではの良い部分もありました。

それはまみずが死んだ後の遺された手紙を読むシーンです。

まみずが「代わりにやってもらったこと」について話す所で前には卓也君1人で遊園地などに行っていたのですが「その話を聞いて私も一緒にいる気分だよ」と書いています。

それが映画では実際に2人で行っているような回想になっていて本当に自然にが出ました。(なんか語彙力が足りてない……伝われぇぇい!っていうか見てもらえば良いんだ!みんな見るんだZOY)


まとめ

小説でも後半がすごく良かったのですが、映画でもそれが現れていました。

たった数回しかも結構前に読んだだけの私がなぜここまで語れるかというとそれは本を貸してくれた友人のおかげです。

その友人は映画を見る前にしっかりと読んでいてもはや「君月」評論家と化していました。

しかしその友人曰く読み込みすぎているからこそ物足りなさを感じてしまったらしいです。

そのせいで次に来るはずの展開を待ってしまい泣くに泣けなかったそうです。

ちなみに私はめっちゃ泣いていました

友人に見られていないか不安で恥ずかしかった~~。

それで私(友人も)がまだ見ていない人には小説を読みすぎずに映画を見てほしいです。

そしてそのあとに小説を読み直して一人で泣いてほしいです。

これがおすすめの「キミは月夜に光り輝く」の楽しみ方です。

まだ小説も読んでない人は映画から、そして小説を読んでください。

ぜひ「キミは月夜に光り輝く」を見て読んでください!!


fin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説, 映画