一家に一足トレッキングシューズ、災害用にも適しています

2017年3月24日

トレッキングシューズ

トレッキングシューズと言うと、山に登る時の靴とかハイキング用の靴、そう思われる方が殆どですし勿論間違ってはいません。

山登りに適した、特化した靴をトレッキングシューズと呼ぶのです。

がしかしこのトレッキングシューズ、実は災害の時などに大変に役立つ靴だということも、事実なのです。

災害は起きて欲しくないものですが、いざという時のためにも1足用意してみませんか。

靴底が厚い

舗装された街中を歩くのと違って、登山は未舗装の道を歩く登ることになります。

一応踏み固めてはありますが、小石などはごろごろしている道です。

そういった障害物から足裏を守るためにも、トレッキングシューズの靴裏は、普通のスニーカーに比べて厚く作ってあるのです。

つまり災害時のがれきの上など歩く時にも、飛び出た釘などから足を守ってくれることになります。

勿論完全に、と言うわけではありませんが危険性は、普通のスニーカー着用時よりぐっと落ちることになります。

足にフィットしている

トレッキングシューズの購入時に必ず、特に専門店のスタッフなら、足形に合わせた靴をすすめてくれるはずです。

登山の場合、ひたすら歩くわけですのでこの、足の形にフィットしているかいないかは、大きな問題になってきます。

足形に合っていないと、途中で靴擦れを起こしたり怪我の元になるからです。

そしてまた災害時、この足にフィットした靴と言うのは、救助を求めに行ったり避難所までたどり着くのに長い距離を歩くのに、必須の条件でもあります。

少しでも安全に目的地にたどり着くためにも、足にフィットした靴であると言うことは外せない条件ですね。

フィットしている、つまりは足への負担を激減させるということです。疲労でもう一歩も歩けないという状況を減らすためにも、このフィットしているという点は外せない条件でもあります。

靴紐で多少の調整は出来ますが、出来るだけご自分の足形に合ったシューズを選びましょう。

足首から足全体をカバーしている

登山と言うのは足首にも大きな負担がかかります。どんなベテランでも足首の負担を減らすのは大変に重要な課題となります。

トレッキングシューズの場合、しっかりと足首の上まで紐で固定しますので、足首に対する負担が減るわけです。

そしてこの、足首まで保護している形と言うのは、靴の中に異物が入るのも防いでくれるのです。小石とか砂利とかが入っては怪我の元にもなります。

災害時も同じことです。がれきの上を歩いたりするのですから普段とは大違いの、あらゆる異物が地面の上にあるわけです。

特にコンクリートの欠片や釘、散乱した材木の砕けた破片、これらが靴の中に入ったら怪我だけでは済まないでしょう。最悪感染症の危険まで出てきます。

トレッキングシューズのしっかりとした足首までのカバーは、そういった二次災害とも言えるトラブルも防いでくれるのです。

必ずソックスを履いたサイズで

このように、災害時にも大きく役立ってくれるのでおすすめのトレッキングシューズですが、購入する時フィッティングの時は必ず、厚手のソックスを履いた状態で行うようにしておきます。

登山にしろ災害の時にしろ、この厚手の出来ればトレッキング用のソックスは、靴に加えて二重に足を保護してくれることになるからです。

厚手のソックス着用だと、普通のソックスの時とは足のサイズが完全に異なりますので、シューズ購入時は忘れないようにご持参ください。

まとめ

山歩き用のシューズと認識されているトレッキングシューズですが、こんな風に災害時の靴としても大変に有効な条件を満たしているのです。

登山などしないから必要ない、と言う方もこの点を考慮して1足はトレッキングシューズを用意しておいては如何でしょう。

機能優先に見えるトレッキングシューズですが、最近はファッション性も向上してきています。長時間の街歩きにも利用出来ますので靴入れの肥やしになることも無いでしょう。

一家に一足のご用意、おすすめしたいところです。