山でも日常でも活用できる初心者のトレッキングシューズ

2017年3月24日

[スポルディング] SPALDING OUTDOOR WALKING OIN 2600 OR (オレンジ/25.5)

近年の登山ブームに合わせて、登山やハイキングに使用されるグッヅが注目を浴びています。

しかし、登山やアウトドアに出かけない限りそれらのアウトドア専用グッズは中々活用するシーンに恵まれません。

そんな中でも、山登りにも使えて日常生活にも活用できるアイテムとしてトレッキングシューズは様々な利用方法があるのです。

トレッキングシューズとは

そもそもトレッキングシューズとは目的に合わせて履き替える登山靴とは違い、軽登山用の靴のことでマウンテンブーツほど本格的ではなく、ハイキングシューズほどフラットではない中間に属していて、ある程度であればどちらも対応が可能なほどクッション性が高く、固い作りをしていて防水加工が施されています。

山道や歩くには最適で、スニーカー風のものからブーツ風ものまでデザインは様々です。

登山靴のメーカーは多くは欧米のものですが、近年の日本の登山ブームに合わせて日本人の足に合ったものを開発する働きもあり、日本のメーカーもシェアを持つなど、増えている需要に合わせて様々な物が開発されています。

初心者のトレッキングシューズ

トレッキングシューズ初心者ならば、「キャラバン」や「グランドキング」など有名メーカーの物を選ぶことが無難ではありますが、トレッキングシューズは足に負担をかけないようにした作りになっているので、実際に試し履きをして自分の足に会う形の物を実際に試しながら購入することをおすすめします。

簡単に手に入るし安値で売っているので、通販やインターネットで購入をしてしまいがちですが、山を歩くためには自分にフィットしたトレッキングシューズを選ぶ必要があるのです。

さらに、トレッキングシューズの形には大きく分けて2種類あり、スニーカー型とブーツ型があります。

初心者でどちらの形にしようか迷ったのであれば、ブーツ型のトレッキングシューズをおすすめします。

山歩きに慣れていない初心者には、足首までホールドしてサポートしてくれるブーツ型の方が疲れにくく、露出が減るので足元のケガの心配も軽減できるのです。

日常生活のトレッキングシューズ

トレッキングシューズといえばカラフルで、靴の一部に蛍光色が使われているような奇抜なデザインの物、もしくは黒や茶色一色だけのゴツくて地味なものを想像しがちですが、最近では配色にもこだわったものが多くあります。

履き心地だけではなくデザイン性にも富んでいるので、日常生活の中でも使用できるほどで、山歩き用ではなくファッションとして買う若者も増えてきています。

トレッキングシューズなので固めでボリュームのある靴なので、ゆったりとしたシルエットの服に合い、逆に体にフィットする服の場合は足首を出すことで体の細さを強調できるので、ナチュラル志向の女性には高く歩きにくいヒールの靴よりも、歩きやすくデザインも豊富なトレッキングシューズの方が人気があります。

男性もブーツの代わりとしてブーツ風のトレッキングシューズを履く人もいます。

最近では山ガールなどの若い女性の登山者が増えたことによって、トレッキングシューズの多様性が広がり、靴も日常でも履いて違和感のないトレッキングスニーカーなどが販売されています。

使用感などは変わらずに、よりオシャレな日常にも取り入れやすいようなデザインの物が多くなっています。

まとめ

今までは、トレッキングシューズは登山やハイキングにしか使用されず、専用の靴として使用頻度は少ないものでしたが、今では日常のファッションの一部として活用できるほどデザイン性も豊かでオシャレな物が多くあります。

初めてトレッキングシューズを買うのであれば、山用を意識するだけでなく、日常生活の一部として活用できるものを選んで、日常でトレッキングシューズを履きながら、靴をならしてさらにオシャレとして楽しむという活用方法もあるのです。