登山を快適にするトレッキングシューズ8選! 山道に強い靴選びが理想とする登山の決め手に

2017年3月24日

[キャラバン] トレッキングシューズ C1_JR 0010109

登山愛好家の方は、長い山道でも十分に対応できるトレッキングシューズの選定に厳しいのではありませんか?

ここでは、おすすめのトレッキングシューズをお伝えすることを目的にしています。

自分に合ったトレッキングシューズが見つからない方は、この記事で得られる情報をご参考にしてください。

あなたの山登りを手助けする靴が見つかることを祈ります。

シリオ

SIRIO(シリオ) P.F.302

自分に適合したトレッキングシューズの基準はサイズだけではありません。

長さや足の形全体のフィット感も考慮する必要があって、それ抜きで理想的なトレッキングシューズに巡り会えないです。

快適な山登りをするためには、そのシューズの選び方にも気を配ることが登山者に求められています。

シリオのP.F.302というトレッキングシューズだと、ナイロンメッシュなので通気性が良いとのこと。

長時間山登りをしているうちに靴がムレてくるので、通気性が良い靴が登山向きなのが理解できますね。

足首の動きを快適にする設計となっており、違和感無い履き心地が登山者の心を掴んでいるかもしれません。

シリオのトレッキングシューズをもう一つお伝えします。

P.F.730という物でして、日本人の足形に合うように踵からアキレス腱に当たる箇所に3D状のパッドを配置させているとのこと。

踵が浮かないようにする最適フィットとなっていて、山登りにおいての不安要素を解消する嬉しい構造ですよね。

PF46

SIRIO(シリオ) P.F.46 46 【Mens】

トレッキングシューズの一つであるシリオのPF46は、角度を変えたブロックパターンで岩場や不整地でグリップ力を発揮します。

広いコンタクトエリアで歩いているときにぐらつかないようにしてくれるとのこと。

泥が落ち易いようにセルフクリーニング設計となっていて、愛用靴をクリーンな状態に保ちたい方におすすめです。

日帰り登山に履くのが最適であり、軽くて丈夫なのが特徴。

違和感無い履き心地となっていて、爪先と踵はラバープロテクトマッドガードで保護されています。

防水仕様及び透湿性に優れており、山登りしている最中に雨が降ってきても快適さが損なわれることはありません。

折角高いお金を出してトレッキングシューズを購入したのに、雨でビショビショになったら悲しいですよね。

その問題を見事に解決したのがPF46だと言えて、雨だろうが関係なく山登りしようじゃないか!

と登山愛好家を奮い立たせていくことでしょう。

Targhee II Mid

[キーン] KEEN トレッキングシューズ Targhee II Mid

KEENのトレッキングシューズにTarghee II Midという商品がありますので、その詳細について説明します。

長時間の歩行でも快適さを損なうことがない作りであり、あらゆる足にピッタリフィットするようにアッパーやソールが使われているようです。

ベーシックからビビットなど色んなカラーを取り揃えているので、福に合わせたコーディネートをするのも事欠きません。

Targhee II Midをお試しになった方は安定感が抜群とのことで、従来のトレッキングシューズとはまるっきり違うと言っても過言ではない位の履き心地を体感したのでしょう。

軽量であることもその靴を気に入った理由で、あたかも天使の羽を思わせるフィット感が得られたのだろうと推測できます。

こんな身軽なトレッキングシューズが本当にあったんだ!

と信じられない心境になっていたとしても不思議ではないでしょう。

登山で大きなウェイトを占めてそうな防水機能

Targhee II Midには防水機能もあるので、雨のせいで靴が台無しになってどんよりした気分になることはございません。

靴が濡れるのを気にして登山を諦めていた方は、そのトレッキングシューズが雨の日の登山でも問題無くしてくれる優れ物だと確信していたりして。

きっとその方はこう思っているでしょう。

これで俺を悩ます雨で登山を妨害されることがなくなるんだと。

それだけ、登山愛好家に先のような意識の変化を生じさせるかもしれない防水機能が備わっているからです。

長時間登山をしている程雨に出くわす可能性が高くなるため、Targhee II Midがあると大変心強いですよね。

登山で雨を恐れなくさせるトレッキングシューズとして名声を高めてそうであり、防水機能が備わった靴として口コミで広まっているかもしれません。

ただ水溜りに浸かると内部に水が染み込んでくるので過信は禁物です。

あくまで通常の使用をしている限り、靴の染み込みを防げることを意味しています。

台風に出くわした日も実用性が高くて、台風で靴下が濡れずに済んだと絶賛した方がおられた程。

Targhee II Midがあれば台風でも山登りができるわ!

とお客様を喜ばせてそうな気がします。

防水機能があるトレッキングシューズは、登山愛好家の間で噂になっていたりして。

快適な登山ライフを形にしてくれる靴だ!

と声を大にして言った方の胸の内が聞こえてきそうですね。

爪先が傷つくことを恐れている方にもおすすめできて

爪先が広めに作られているので、足の幅が広い方にも適しているトレッキングシューズのようです。

登山で爪先がやられた!

という方は、どんな靴が爪先を守ってくれるのか靴選びに苦慮していませんか?

でしたら、Targhee II Midで爪先の損傷リスクを抑えることをおすすめします。

折角登山を楽しんでいるのに、爪先が傷ついたら洒落にならないではありませんか。

だからこそ、Targhee II Midのようなトレッキングシューズで爪先を傷つけないようにするのが妥当な判断になると思うのです。

爪先の痛みを気にするばかりに、登山を満喫できなくなったら勿体ないですよね。

足の幅が広くて爪先が損傷しないか心配している方は、Targhee II Midをお履きになってはいかがですか?

予想以上の履き心地の良さに、今まで抱えていた不安が噓のように吹き飛ぶかもしれません。

キャラバントレッキングシューズ

[キャラバン] トレッキングシューズ C1-02S 0010106

登山専用の靴が他にもあって、キャラバントレッキングシューズと言います。

履き口付近に柔らかい生地やクッション材を用いていて、それらが足首を包み込んでいくとのこと。

足首に優しい構造がキャラバントレッキングシューズの特徴であり、長時間履いても苦にならない靴であることを象徴しているかのようです。

指先に当たる部分は遊びを持たせているので、指先に過度の負荷が掛かるのを防止します。

歩く度に足指が靴の爪先にぶつかって足指が痛くてたまらない方は、キャラバントレッキングシューズならばその問題を解消してくれるかもしれません。

アキレス腱部分には足首の動きが窮屈ならないように次ぎの細工が施されています。

その部分を浅めにカットしていて、足首への負担を軽減させることに配慮された靴なのがよく分かりますね。

登山初心者でも安心して履いていただくことが可能なので、登山未経験の方がトレッキングシューズ選びで困惑したらキャラバントレッキングシューズを選んでみてください。

子供用のキャラバントレッキングシューズ

[キャラバン] トレッキングシューズ C1_JR 0010109

キャラバントレッキングシューズには子供用の物もあり、子供が歩き易いように設計されています。

親子揃って登山をしたい方は、子供用のキャラバントレッキングシューズを購入してみませんか?

爪先や踵には剛性があるので、子供の足をしっかり保護します。

登山で子供と大切な思い出を作るきっかけとして、子供用のキャラバントレッキングシューズが大いに役立つかもしれません。

子供の情緒を育むための手段として登山をお選びになった方は、その靴を何としてでも入手するつもりでいたりして。

ともすれば、親子の絆を形作るための必須アイテムだと位置付けていてもオーバーではないでしょう。

登山に関心があるお子さんがいらっしゃるからこそ、子供用のキャラバントレッキングシューズが生み出されたわけです。

子供のニーズを汲み取る物とは、登山に特化したシューズにおいても言えることであります。

女性用のトレッキングシューズ

登山女子という言葉が誕生してからどの位月日が経過したでしょうか?

山登りに興味がある女性のための靴があれば、登山女子の急増につながって登山愛好家の輪が広がっていくことでしょう。

そのことに応えるかのようにして女性用のトレッキングシューズが販売されるようになりました。

女性特有の骨格形態のQアングルにより、歩いているときに足底に負荷が掛かるようです。

その歩き方が原因の歪みを軽減させるために、Qフォームテクノロジーが採用されています。

靴の捻れを防止すると共に、衝撃を吸収して安定した歩行になるようにするとのこと。

要は、長い時間歩き続けても自然な歩き方を可能にして、体への負担が少ないトレッキングシューズです。

グリップ力が強いので、山道で滑って痛い目に遭うことを未然に回避してくれます。

女性に有り難いトレッキングシューズであり、登山を志す女性の強い味方です。

エルカントのトレッキングシューズ

ELCANTO(エルカント)トレッキング シューズ 登山靴 メンズ elcanto-m

エルカントのトレッキングシューズは、運動性と軽快さに重きを置いたローカルモデルであり、整備された登山道を歩く場合にはローカットがおすすめのようです。

荒れた道や悪天候であれば、保湿力が高いミッドカットが適しているとのこと。

足底の厚さが4cmもあるので、防水機能は申し分無いです。

撥水加工が施されていて、表面で雨や水分を弾いてくれます。

防水機能との効果によって、水への影響を受けにくいトレッキングシューズだと言えるでしょう。

踵には、リフレクターと呼ばれる夜間で反射する素材が使われているようです。

山登りで予定の時刻まで着けずに夜間も山道を歩かなければいけないときに、リフレクターがあれば何かあったときに登山者の存在を知らせてくれるので助かりますね。

MOUNTEK

MOUNTEKのトレッキングシューズの底が防滑ソールとなっていて、濡れた路面などでも問題無く歩けるのが特徴です。

滑り易い靴だとどうしても思い切って歩けないので、山登りで頂上を目指すまで多大な時間を掛けてしまいがち。

その厄介な点を見事に払拭したMOUNTEKのトレッキングシューズは、登山をこよなく愛する方の間で持ちきりになっていたりして。

友人が山道で滑って思わぬ怪我をしないために、その靴を友人に勧める方が少なくないでしょう。

どんなに気を付けても履いている靴が悪いと滑ってしまうことがあるので、MOUNTEKのトレッキングシューズが重要視されているかもしれません。

安全な登山をするために、滑りにくいと評判のトレッキングシューズが選ばれている可能性が高いです。

足の疲労の蓄積を防いだり筋肉痛の予防として

山登りで足があまり疲れなかったとおっしゃる方は、MOUNTEKの愛用者です。

疲労が足に蓄積すると登山に支障を来すため、いかに足を疲れなくさせるかがポイント。

だからこそ、先の方のようにMOUNTEKでご満足するケースがあります。

筋肉痛防止にもなるので、長時間の山登りで筋肉痛になることを心配している方にもおすすめです。

筋肉痛になると痛みを気にするばかりに動きがぎこちなくなり、不便な思いを強いられてしまいます。

それ故に、MOUNTEKで筋肉痛を防ぐことも重要です。

足に馴染み易いだけでなくコスパに優れていて

足に馴染み易い素材が用いられていることもMOUNTEKの特色です。

本革が使用されているからであり、どなたでも短期間で理想的なマイシューズにしてくれそうな靴なのだろうと思います。

汚れに強いことも長所で、お気に入りのマイシューズが汚れてしまってすっかり購入した当初のイメージとはかけ離れてしまうことはありません。

楽天市場だと3,990円で購入できて送料無料です。

高いトレッキングシューズに手が出せない方は、MOUNTEKの物を購入することも視野に入れてみてはどうでしょうか?

ここまでお伝えしたメリットを鑑みれば、お値段以上の恩恵が得られるかもしれません。

言い換えればコスパに優れたトレッキングシューズであり、買って損はしない靴の一つとして登山をされる方におすすめできます。

まとめ

トレッキングシューズにも色んな種類があるので、自分の足にフィットして長く使える物を探すのは難しいと感じる方が数多いことでしょう。

しかし、今回ご紹介したトレッキングシューズをご覧になることで、幾らか参考にしていただけると有り難いです。

この靴ならばどんな山道でもスイスイ登れそう!

と感激する程のトレッキングシューズに巡り会えることを切に願います。