親子でお揃いのトレッキングシューズを履いて、山に出かけよう!

Screenshot_1

山好きのアウトドア派の親を持った子どもは、小さいうちから自然の中の遊びを楽しむ機会が多いことでしょう。

あるいは、子どもができたから山登りやハイキングを始めようという人もいるかもしれません。

親子で山歩きをするときは、子どもにもトレッキングシューズを用意してあげましょう。

そして、どうせなら、親子お揃いのトレッキングシューズで山歩きというのはいかがでしょう。

楽しさもぐんと増します!

親子でお揃いのトレッキングシューズを探してみよう

大人用のトレッキングシューズは、登山用品店やスポーツ用品店などでたくさん見ることができます。

けれども子ども用のトレッキングシューズとなると、その種類は限られてきます。

それでも、同じメーカーから大人用と子ども用の両方が出されていることもあるのです。

もし親子ともに、そのシューズが足に合えば、親子お揃いのトレッキングシューズも夢ではありません。

キャラバン、キーン、モンベルはいずれも信頼のおけるメーカーと言えるでしょう。

この3社の出す、親子お揃いが可能なトレッキングシューズについて、見てみましょう。

キャラバンの親子でお揃い!

大人にはC1_02S

キャラバンのC1̠02Sはキャラバンの登山靴の中でも、登山入門者にも使いやすいことを第一に作られた一足と言えるでしょう。

履き口には柔らかな生地のクッション材を使用し、アキレス腱部分は足首が動きやすいよう浅めにカットするなど、初めてトレッキングシューズを履く人にも、違和感なく履けるよう工夫がされています。

履き心地がよいだけではなく、登山中の足をしっかり守ってくれる設計にもなっています。

つま先部分にはTPU樹脂カップが使用されているため、指先がしっかり保護されます。

足場の悪いところでもグリップ力が発揮される、キャラバントレックソールが採用されています。

インソールクッションシステムがあることで、歩行中の疲労も軽減されます。

キャラバン・リペアールームでソールの張り替えも可能です。

C1_02Sの仕様

男女兼用で、色はグレー、レッド、ブラウン、ネイビーの4色あります。

サイズは22.5センチから29.0センチまでと30.0センチですが、グレーだけは、24.5センチからのサイズ展開になります。

26.0センチの場合で、片足重量は約590gとなっています。

幅はいずれも3Eです。

子どもにはC1̠jr

大人のC1̠02Sの子どもモデルがC1̠jrです。

子どもが歩きやすいように、全体がソフトに設計されています。

けれども、つま先やかかと部分には適度な剛性を持たせてあるため、起伏のある登山道でも子どもの足を守ってくれます。

靴紐の部分は、コードロックと面ファスナーテープで固定するようになっており、子どもでも扱いやすいでしょう。

コードロックは取り外しが可能で、必要なくなればシューレースを結ぶ仕様にもなります。

靴の素材には防水透湿素材が使われているので、ぬかるんだ場所や雨が降ってきた時でも安心です。

また、初めから二重底になっているのも大きな特徴と言えるでしょう。

着脱可能なフルインソールを抜き取ることで、足の成長に合わせたサイズの微調整ができ、一足のトレッキングシューズを長く履くことができます。

色はレッドとブルーの2色で、ともに1センチ刻みで19センチから24センチまであります。

19.0センチの場合で片足標準重量は300gとなっています。

靴幅は2Eです。

履き心地が柔らかで、かつサポート性もあり、長く履けるという点で、キャラバンはおすすめのトレッキングシューズでしょう。

キーンの親子でお揃い!

大人のKOⅤENMIDWP

KOⅤENMIDWPには、キーン社が独自に開発したKEEN.DRYという靴専用の防水透湿素材が使われています。

完全防水でありながら、高い透湿性を誇り、さらに耐久性にも優れているため、長く快適に歩くことが可能になっています。

足の自然な動きに対応できるよう、しなやかに設計されてもいます。

また、足裏の形に合わせて立体成型された取り外し可能なフットベッドがあることで、フィット感よく履き心地が快適です。

耐久性に優れたアウトソールで、岩場や険しい地形でもグリップ性が発揮され、安心して歩くことができます。

残念なことに、大人用のKOⅤENMIDWPはウィメンズタイプしかありません。

キーン社は男性用にも、同様の機能を備えたトレッキングシューズを揃えていますので、男性の方はそちらをご検討ください。

子どものKOⅤENMIDWP

大人用のモデルをベースに、子どものニーズに配慮したつくりになっています。

防水透湿材を使い、アッパーにウォータープルーフレザーとメッシュが使われているので、雨の日やぬかるんだ場所でも大丈夫です。

子どもにも扱いやすいレーシングシステムで、足にぴったりフィットさせられ、激しい動きをしても、靴が途中で脱げてしまうという心配も不要です。

足首にパッドがついており、履き心地にも配慮されています。

サイズは15センチから23.5センチまであります。

キーンのシューズはおしゃれな色合いが多いですので、コーディネートも楽しみたい人におすすめと言えるでしょう。

モンベルの親子でお揃い!

大人にはGORE-TEXマリサポトレイル

GORE-TEXマリサポトレイルは大人用のトレッキングシューズで、Men‘sとWomen’sがあります。

ハイキングや軽装備でのトレッキングに向いたミドルカットのトレッキングシューズです。

アッパー部分は、ゴアテックス®ファブリクスの透湿性を最大限に生かすポリエステルメッシュが使用されています。

ボトムには、ねじれを防ぐ樹脂製のシャンクプレートが2枚挿入されています。

これによって、ガレ場などの足元が悪い場所でも、足底が安定し、岩や石からの突き上げもやわらげられます。

足幅の広い人にもフィットするようなアッパーデザインが採用され、より多くの人が、窮屈感なく柔らかな履き心地を楽しめるようなつくりになっています。

靴紐は、丸いリール部分を回すことで、細くしなやかなワイヤーが締まったり緩んだりするリールアジャストシステムになっています。

このため、リール部分を回すだけで、靴をフィットさせることができ、脱ぐ時もらくに脱げます。

GORETEXマリサポトレイルの仕様

Men‘sは24.0センチから0.5センチ刻みで29.0センチまであります。

25.5センチの場合で片足530gの重量です。

色はオータムリーブスとグレーの2色展開です。

Women’sは22.0センチから0.5センチ刻みで25.5センチまであります。

23.5センチの場合で片足重量は490gです。

色はカーネーションとインディゴの2色です。

子どもにはマリサポトレイルKid‘s

マリサポトレイルKid‘sも、大人用のマリサポトレイルと同様、脱ぎ履きしやすいリールアジャストシステムが採用されています。

大人にとっても使いやすいありがたいシステムですが、子どもにとっても、自分で靴を足にフィットさせやすく、また、脱ぐ時も簡単にワイヤーをゆるめて脱げるので、うれしい機能といえます。

もちろん防水透湿性素材が使用されていますので、ぬかるんだ道や水たまりでも心配なく歩けます。

子ども専用の靴の木型を使用して作られています。

靴底も、グリップ力に優れた、泥はけのよいソールパターンが採用されています。

色はブルー、レッド、タンの3色展開となっています。

サイズは1センチ刻みで16センチから25センチまであります。

扱いやすさという点から、モンベルのマリサポトレイルはおすすめのトレッキングシューズと言えます。

まとめ

親子でお揃いのトレッキングシューズを履いて出かけられたら、初めての山登りやハイキングも、ドキドキワクワクが倍増です。

歩くのはしんどいからいやだなあ、なんてちょっぴり思っていた子どもも、お揃いのトレッキングシューズとなると、目をキラキラさせてくれるのではないでしょうか。

とはいえ、靴は足に合ってこそのものです。

大人も子どもも、試着して足に合っていることをよく確認してから購入してください。