高圧洗浄機でらくらくきれい!

このサイトは高圧洗浄機、高圧スチームを中心とした情報提供を行っています。

*

業務用のスチーム洗浄機を4機種まで徹底比較!その違いとは?

   

スチーム洗浄機は、高温のスチームを噴射できる事から、汚れを浮かす事ができます。

そのため、しつこい汚れでも落ちやすくなっていますが、業務用のスチーム洗浄機は様々な機種が販売されているので、どの機種を購入したら良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。

そこで、数多くあるスチーム洗浄機の中から厳選して、おすすめの4機種を徹底比較しながら紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ケルヒャー SG4/4

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SG4/4

高圧洗浄機でも多くの機種を販売しているケルヒャーは、スチーム洗浄機も販売していて、その一つが『ケルヒャー SG4/4』です。

このスチーム洗浄機は、業務用ですが低価格な機種になっているので、詳しく紹介しましょう。

本製品の特徴

本製品は、除菌する事が可能になっていて、ダニ対策を講じる事ができます。

実は、ダニが繁殖しすぎたら『ダニアレルギー』を発症する場合があって、咳(せき)や鼻水などに悩まされてしまうので、ダニ対策を講じる事ができるのは本製品の大きな魅力です。

さらに本製品は、耐久性が優れているスチーム洗浄機なので、少し接触したとしても壊れづらくなっています。

ただし、あまりにも強い衝撃を与えてしまえば、故障する可能性もあるので、注意して下さい。

本製品の基本情報

本製品は、手動タイプの掃除機のような形をしているので、スチーム洗浄機を利用した事がない方でも、短期間で慣れるようになっています。

デザインは『イエロー』と『グレー』のツートンカラーになっているので、少しオシャレな機種になっているのです。

電源コードの長さは3mになっているので、ある程度の範囲まで移動させる事ができるので、コンセントが少し離れている所でも掃除できるようになっているのです。

ボイラータンク加熱温度は、145度になっているので、汚れを落としやすくなっています。

このように性能の優れているスチーム洗浄機でも、高圧洗浄機専門店ヒダカショップのサイトでは、税込価格113,400円で購入できます。

そのため、リーズナブルな価格で販売されているスチーム洗浄機を探している方には、本製品はおすすめです。

スポンサーリンク

クランツレ juniorstar-200

ケルヒャー SG4/4より値段は高くなってしまいますが、汚れを強力に落とせるのが『クランツレ juniorstar-200』になります。

このスチーム洗浄機は高性能になっているので、値段に見合うほどの価値があるので、解説しましょう。

本製品の特徴

本製品は、ピンポイントで油を落とす事ができるので、お店を経営している場合には、このスチーム洗浄機を利用すれば短時間で掃除を終わらせる事ができます。

高圧洗浄機の中には、ピンポイントで掃除をする事ができない機種もあるので、本製品のようにピンポイントで掃除できるのは注目すべきポイントです。

さらに、本製品は水の使用量が少なくなっているので、掃除をした後の処理が簡単になっています。

そしてバキューム機能も搭載しているので、利便性が優れている事から、多くの方たちが満足しやすい機種になっているのです。

本製品の基本情報

本製品は、高機能なスチーム洗浄機になっている事もあって、コストをかけた機種なので、ヒダカショップのサイトでは、税込価格444,960円にもなるのです。

このように値段が高くなっているスチーム洗浄機ですが、本製品の最高吐出温度は165度にもなります。

そのため、温度が低くなっているスチーム洗浄機では落とせなかった汚れでも、本製品であれば落とせる可能性が高いです。

デザインのほうは『ブルー』と『ブラック』のツートンカラーになっているので、可愛らしいデザインというよりは、落ち着いたデザインになっています。

そのため、シックで落ち着いたデザインが好きな方には、本製品はおすすめのスチーム洗浄機です。

蔵王産業 steamboxmini

クランツレ juniorstar-200でも値段が高いほうですが、それよりも値段が高くなっているのが『蔵王産業 steamboxmini』になります。

値段が安くなっているスチーム洗浄機を探している方には合わない機種ですが、機能を重視している方であれば、満足できる所もあるので、詳しく紹介しましょう。

本製品の特徴

本製品は『ステンレスボディ』になっているので、軽量タイプになっている事から、男性だけではなく女性でも運びやすいスチーム洗浄機です。

さらに高い洗浄力を誇っている上に、除菌をする事もできるので、汚れを落とすだけではなくダニ対策も講じる事ができます。

本製品は、高温スチームを低圧噴射する事が可能になっているので、あまり広範囲に飛び散らないようになっているのです。

そのため、本製品を利用すれば服が汚れづらくなっているので、気軽に掃除する事ができます。

本製品は、手元にあるスイッチで『スチーム量』をコントロールできるようになっているので、汚れに応じた掃除が可能です。

そのため、汚れの程度が均一ではない場合でも、本製品であれば効率よく掃除する事ができます。

本製品の基本情報

本製品は、多機能なスチーム洗浄機になっている上に操作性も優れているので、ヒダカショップのサイトでは税込価格589,680円にもなります。

そのような高額な機種ですが、最高吐出温度は140度になっていて、それほど高いほうではありません。

しかし、本製品はスチームと洗剤を同時に噴射できるようになっているので、スチームだけでは落とせなかった汚れでも、掃除しやすくなっているのです。

デザインのほうは、全体的にシルバーカラーになっているので、統一されたデザインが好きな方であれば、満足しやすくなっています。

クランツレ steammini

スチーム洗浄機は、女性よりも男性が好みそうなデザインが多くなっていますが『クランツレ steammini』は可愛らしいデザインになっているのです。

さらに、女性でも利用しやすい使用感になっているので、詳しく紹介しましょう。

本製品の特徴

本製品は、強力な洗浄力になっていて、油を落としやすくなっています。

さらに、本製品はコンパクトなサイズになっているので、狭い範囲を集中的に掃除する事が可能になっています。

実際に、本製品のサイズは390×240×290mmしかありません。

それに引き換え、クランツレ juniorstar-200は700×530×750mmもあるのです。

それを考えたら、本製品がいかにコンパクトなサイズになっているのか分かるでしょう。

本製品は操作法も簡単になっているので、今までスチーム洗浄機を利用した事がない方でも、短期間で操作を覚える事も可能です。

本製品の基本情報

本製品は、スチーム洗浄機ですが、少し丸みのある形状をしていて、少し炊飯器のような形状になっています。

さらに、清潔感のある『ホワイト』と、シックな『ブラック』のツートンカラーになっているので、少し可愛らしいデザインになっています。

そのため、角ばっている形状やトーンの暗いデザインが苦手な場合には、本製品はおすすめのスチーム洗浄機です。

ただし、最高吐出温度は130度しかないので、機能よりも可愛らしいデザインを重視している方に合う機種です。

まとめ

業務用のスチーム洗浄機は値段が高くなっていますが、性能が優れているので、購入した後は、その性能に満足できる可能性は高いです。

ただし、機種によって性能やデザインなどに大きな違いがあるので、どの機種が自分の好みに合うのか把握する事が重要になります。

スチーム洗浄機を利用したら、掃除をする時間を短縮する事ができるので、広範囲で掃除をするのが面倒な場合には、業務用のスチーム洗浄機を検討してみる価値があります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スチーム洗浄機